異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

奥歯は思った以上に深刻な状態だったようです。

2018-05-06

この日の上海は太陽は出ていないのですが、これでも晴れ?なのかものすごく蒸し暑い日でした。。。
汗がだらだら出てきます。これ夏じゃないの。。。。

前回歯科医に行って、結果に納得がいってなかったので、セカンドオピニオン的に上海の別の個人歯科医院に行ってきました。
ここの院長さんは中国人ですが、日本語が話せると言う事で行きました。
事前に予約をしていきました。日曜という事で仕事に支障が出ず、良かったです。

恒佳齿科、浦東クリニックで場所は、浦東新区芳甸路联洋広場B区404室という事ですが、この場所地下鉄9号線の芳甸路から歩いてすぐですが、建物の入り口が中々わかりませんでした。
何とかたどり着きます。そして状況を話します。
時間になり直ぐに見てもらえます。やはり予約制は良いですね。

やはり、歯茎の骨は溶けてなくなっていると言う事ですが、それからの話が、九院とは違いました。
治療方法だけを話す前の病院とは違って、原因を推測してくれました。
おそらく歯の根元までむき出しになっているので、しみるのと、そこから中にばい菌が入ったのだろうと言う事です。
そして歯茎がここまで解けるとちょっとヤバいとのこと。。。
歯磨きは相当しているので、虫歯にならない自信はあったのですが。。。。
歯自体は虫歯にはなってませんが、根元からやられてると言う事ですね。。。これって虫歯より怖いですね。。

今回の写真を見て少し愕然としました。。。。もう駄目なんじゃ??と。。。奥歯だからまだ目立たないのですが。。。。
一通りやり方を説明してくれました。歯に穴をあけてわかれている根元から薬を入れて、掃除をして薬を入れると。。。
根管治療というらしいですが、こういう治療は初めてです。
ちょっと大がかりな感じですね。。でもこれって神経を抜くってことなんだなと。。。
その後、状況、経過を見て歯茎の治療をする必要があると言われます。最後に被せ物をするとのことですが、これの料金は知っての通りピンキリだと。。。
やはり歯科と牙龈科が一緒になっているのは良いですね。というか、あの病院。。。分かれているのがおかしいw


虫歯じゃない歯に穴をあけるのは南下もったいないのですが、とりあえずもう物食べるのもきつい状態なので、やってもらう事にしちゃいます。
治療しながら神経を見たお医者さん。。。何と。。。


神経がもう液体化しているそうです。。。


守ろうとしていた神経がもう駄目だとは。。。。。
液体化がよくわかりませんが。。。。神経も溶けちゃっているってことですか。。。それは痛いはずですね。。
結局神経は抜いちゃったようです???。まあ仕方ないですかね。。。
薬を入れ替えるので次水曜日に来てくださいとのこと。。。。結局こうなるのか。。

そして料金の方も。。。。結構なお値段です。高いな~。。。レンズ買えちゃうんじゃないかと思うほどですが。。。
最初はあまりにもお金がかかるなら、一本捨てようかと思ってましたが、やはり歯は大事だと思い、治す道に進む事にします。


めんどくさくても日ごろから歯間ブラシなどで細かくケアしておいた方がよさそうですね。
こういう時はいつも思うのですが、いざこれが続いていくとなると。。。。