異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

琅琊榜之风起长林(Nirvana in Fire Ⅱ)-44話

「琅琊榜之风起长林」は前作「琅琊榜」の次の世代のドラマです。

爱奇艺でも見ることができます。
http://www.iqiyi.com/a_19rrh9z6o5.html?vfm=2008_aldbd

本格的に佳境に入ってきました。萧元启がとうとう行動します。

44話

疑いを持った荀白水は挨拶という名目で、荀安如と萧元启を自宅に呼びます。
母が、荀安如に何かあったのかを問いかけますが、荀安如は何かに脅えて話すことが出来ません。
別部屋で萧元启は荀白水と話をしていました。荀白水はそれとなく探りを入れますが、萧元启は全くほころびを見せません。
萧元启は萧平旌が荀白水にあてた手紙の存在を知ります。荀白水はただのあいさつだと言いますが。。。。
結局何も見つけ出すことができませんでしたが、荀白水はますます疑う事になります。
そして荀白水は岳银川と三月一日に一緒に宮廷に入り皇帝にあいさつに行くと約束します。
さらに荀白水はこれまで自分がやってきたことは本当に正しかったのか??と考えます。

同時に萧元启は戚夫人に取引を持ちかけていました。どうやら荀白水をやる算段のようです。
戚夫人は精鋭を連れているので問題ないと言いますが、計算できないのは琅琊ランキングに載った荀飞盏だけだと言います。


そして初三当日、荀白水は荀飞盏と話をします。荀飞盏は萧平章を見に行くと言いますが荀白水が宮廷に行くなら送りましょうと話しますが、
荀白水は護衛もいるし大丈夫だと話します。荀飞盏は一人場外に馬を走らせます。

そして荀白水が乗る馬車を戚夫人の手の者たちが襲います。荀白水は戚夫人によって致命傷を受けてしまいます。

岳银川は荀白水画なかなか来ないことを心配します。何かあったのではと。。。一方、荀飞盏も何か悪い予感がしたのか引き返します。
岳银川が駆けつけた時には既に遅く、荀白水は岳银川の手をつかみ、やっとの思いでこう話します。

「陛下、长林」

と。。。岳银川はこれを聞いても意味が分かりませんでした。
この知らせを聞いた荀安如は流産してしまいます。

皇帝は城内全体を捜索し、女刺客を見つけ出すように命令しますが、全く痕跡は見つかりません。
岳银川は刺客は必ず莱阳王府に居ると考えます。

萧元启は狄明の手紙を受け取り喜びます。东湖の7万の兵が味方になりました。。。

感想

まあそういう役だから仕方ないのですが、荀安如を見ていていらいらしました。早く言えよって感じです。。。
敵は荀白水が縁組して、親族になった莱阳王。。。
そしてあれだけ遠ざけた「长林」ですが、その決断が正しかったかどうか自分でもわからなくなったようです。
そして亡くなる間際、岳银川に託した言葉が、「长林」。。。荀白水も結局长林王を頼るしかなくなったようです。
これはなるべくしてなったというか、都合のよい話ですねww
岳银川は果たしてこのキーワードの意味に気づくでしょうか。。。