異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海でストリート写真というものを撮ってきました。

かっこよくストリート写真と行ってみましたが、まあただの上海の街角スナップです。
今回は久しぶりにEOSM3を持ち出しています。レンズは55mm-200(35mm換算88-320mm)という中望遠のEF-Mマウントの少し暗いレンズ(F4.5-6.3)です。その割に、個人的な思い出は、映りはそれほど悪くないと思います。

なんで今さらEOSM3かというと、持っている望遠レンズの中で一番軽くて小さいからです。このレンズこの望遠で260gしかないんですよね。
オリンパスのEM1Mark2で軽い望遠レンズ持っていればよかったのですが、中望遠の40-150F2.8は700g以上あるので。。。。。

EF-Mマウントのシステムはとにかく軽い。シャッターが遅いとかは、スナップなのであまり要りません。
ぼかそうと思うとレンズの明るさが足りない?そういう事があるかもしれませんが、ボケ易い望遠レンズなのでそういう事もあまり気になりません。そしてバックにちょっと入れておくのには良いと思います。

始まりは上海の人民広場の来福士から、大世界に向けて西藏中(南)路を歩いていきます。写真は延安路の陸橋の上からです。


この辺は老上海っぽい建物が多いのかと思いましたが、それほどでもないですね。淮海中路まで行って引き返してきました。

しばらくコーヒーショップで暇をつぶし、帰り道です。

途中の裏通り(云南南路)に入ったところ、飲食店街です。

日が暮れてきて、ライトアップされてきました。

適当な店で軽く食事をしますが。。。。味はいまいち。。。。。


再び人民広場まで戻ってきます。最後は人民広場から南京東路まで歩いて戻りました。

さすがに外灘まで行く気力は無かったですね。
歩いた場所の地図はこんな感じです