異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

夜景撮影-Laowa 15mm f/2 FE Zero-DとSEL55F18Zを持って黄浦江へ

上海は結構温かくなってきました。先日Laowa 15mm f/2 FE Zero-Dのレンズでお撮影した写真ですが、
個人的にちょっと満足行かないものがあって、温かくなったこともあり、もう一度リベンジというかもう一度行ってきました。
光がボヤーっと成りすぎるんですよね。結構絞っているんですが、これは気候的なものなんでしょうかね????
この日は三日月が良い感じで出ていました。最初は55mmを付けています。

55mmのレンズは300gぐらい、このLAOWAレンズは500gぐらいなんですが、200gぐらいしか違わないはずなんですが、着け変えると結構重く感じてしまいますね。なんででしょう?重心がレンズの前玉に行くから?それでもフルサイズ15mmの画角のレンズとしては軽い方だと思います。
前玉も出っ張ってませんし。


そしてようやく先っぽに到着です。
この時期だから?この日が特別?黄浦江の水はとても少ないです。梅雨前だからでしょうか?場所によっては端っこは水のない場所も出てきていますね。
この状況水面に反射させるという意味ではあまり良くない環境です。

そしてついにLAOWA15mmの写真です。


15mmだと、建物がものすごく小さいです。これを形を残したままくっきり表現させたかったという事です。窓一つ一つの反射を確認します。
窓がボワーットならないよう、拡大してピントを合せました。
今回は水が少なくて反射がいまいちで、ちょっと暗いかな?写真自体は微妙なのかもしれません。。。。。
テレビ塔の左の建物の頭の丸い部分がそれでもちょっとボワッーって感じになっていますが、個人的にはまあ何とか良い感じになったかと思います。

ちなみにカメラはソニーのα7S2何ですが、RAW+JPGEにするとJPEG側でX.FINEが選べないんですよね。。。
今回はRAWを使わず、JPEGの画像から加工しています。これはカメラの液晶を見ていてもわかったのですが、トーンジャンプが出ているように感じました。


最後に陸家嘴のぐるぐる高架橋からグルグル写真を撮ってみます。意外に明るくてSSが稼げません。この辺はF11~F16でも2秒とか3秒とかです。
αについているアプリ、ライトトレイルはなぜか7SⅡには無く、7Sしか対応していないんですよね。。。
NDフィルタ持ってくればよかったです。。。。


ソニーのアプリは分かりにくい。。。オリンパスみたいにコンポジット撮影(比較合成)を搭載してほしいですね。