異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

林と水、菜の花畑と水そして古鎮が一気に見られるツアーまとめ(6)。

最後に旅行まとめを書きます。

今回の旅行で行った場所江蘇省泰州市兴化(興化)ですが、ここは湿地帯なのでしょうかね。
水が多い場所なんじゃないかと思います。水に囲まれた畑、水の中にある林など、普通では見られない景色なのではないかと思います。
畑は菜の花の季節が終わってしまうと終了っぽい?感じですが、林は夏に行ってもよいのではないかと思います。
上海からだと車(バス)で4時間ぐらいかかるのでそれほど近いというわけではありませんが、まあ行ってみてもよい場所なのかな?と思いました。
今回は時間的に結構余裕があったように思えます。この辺は撮影旅行の良い所ではないかと感じました。
旅行のルートを考える人もちゃんと考えていますね。
それではまとめです。

林と水(李中水上森林公園)

林の下が水辺になっています。ここは鳥を撮影したい人にはうってつけの場所かもしれません。
夏に行くとよいかもしれませんね。

www.sonnagaya.com

花畑と水(千鳥菜花地区)

菜の花畑の周りが水辺になってます。菜の花があれば良い所ですね。
ずっとやってみたいと思っていた花の中でのポートレートついに実現しました。

www.sonnagaya.com

古鎮(溱潼镇)

ここの古鎮はごちゃごちゃしていてどうなっているのかよくわかりません。。果たして今回自分が一通り見て回れたのかも微妙ですが。。。。
それなりに人がたくさんいて、実際に住んでいる人もいるようですが、道が狭すぎで、迷路のようです。個人的にはもっと開けたところならよかったです。



最後に所感など

中国華東地方の菜の花は一般的に3月下旬で終了という事のようです。同僚はもう菜の花ないはずだと言ってましたが、今回はまだありました。
桜と同じで、毎年の状況によって時期が半月ぐらいずれるようですね。
ちなみにツアーの中の人が、江西、婺源の状況を聞いたようですが、婺源の菜の花はもうなかったようです。
こういう旅行は日本の人があまり行かない旅行というか季節限定なので、行く機会は少ないかもしれませんね。
こういう時は、中国の団体ツアーがタイムリーでやっていて良いと思います。
ちなみに中国は広いので西北の青海省に行けば夏(7月ぐらい)に菜の花が見られます。逃した方は是非そっちにww


1泊2日の旅行にもかかわらず6回も使ってしまいました。それだけ書くことがあったということなんでしょうけど。
私は大体1記事1000文字をベースに書いてますが、6回の内何回かは2000文字を超えてしまったかと思います。
私自身そうなんですが、長すぎると見る方もだれてしまいますからね。。後、写真をだらだらと載せないようにも心がけたつもりです。


それでは