異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

撮影会後、田子坊、ストロボスタンドを探しに上海撮影城へ。。。

2017-04-07
桂林公園での撮影会が終了して、撮影仲間と食事に行く事にしました。
仲間の次の目的地が鲁班路だったのでそのの間で探そうという事になります。

昼間という事で食べたいものは日式ラーメン。。。
これが中々見つかりません。味千は日式じゃないよね。。。

という事で、結局田子坊まで行く事にします。地下鉄9号線の打浦桥まで行く事にします。田子坊まで行くとやはり凄い人だかりです。
目的のラーメン屋は「アオリの神隠しラーメン」という店です。

田子坊の2号口から真っすぐ行って左に一回曲がると店がありました。店の前には着物を着たお姉ちゃんが立っていました。
そのお姉ちゃんに店の確認をしたらここだという事で入ります。
このお店、先にカウンターで注文、支払い後、席に案内されます。少し変わったシステムですね。
麺の固さとかスープの濃さ、辛さとか、ネギの量とか、いちいち全部指定できます。
ラーメンはとんこつ系のラーメンですが、結構美味しかったです。


ここでカメラの話をします。実は彼はα7MⅢを衝動買いしたのですが、レンズを持ってないそうで、APS-Cのレンズを使っているようです。
APS-Cのカメラにフルサイズレンズは良く聞きますが、逆はあまり聞かなかったのでどうなんでしょうと聞かれます。
APSCモードで使わないとケラレてしまいそうですが、α7MⅢのメニューは私の持っているα7SⅡのメニューと少し違ってAPS-C/Super35mmモードに切りが無いようです。
なので勝手にレンズを認識してくれるようですね。
そのレンズを私のカメラにつけるとEVFや背面ディスプレイがケラレて出てきます。

APS-C/Super35mmモードにするとクロップされます。
気にしていることはこれで画質がどう変わるかということなんですが、画素数は減ってしまうと思いますが、画質に関してはそんなに変わらないのではないかと。。。
そこでは結論が出ず、ラーメンを食べて外に出ることにします。
結局上海撮影城までついていくことにします。

上海撮影城(上海星光摄影城)に関してはこちらの記事を参照ください。
www.sonnagaya.com


私はカメラを再び撮り出しました。店の前に居たお姉ちゃんの写真を撮らせてもらおうと思ったからです。
しか~し。。。もういませんでした。。

仕方ないのであきらめて、歩いて上海撮影城まで向かう事にします。
私はストロボスタンド。。100元以内の者を探します。店をいくつか回って80元のスタンドを見つけました。とりあえずキープです。

その後、彼は前回買いそびれたYONGNUO(永诺)のストロボ(YONGNUO YN560)を購入されていました。YONGNUOのストロボと発信機ですが、安いですね。

ストロボと発信機で580元とか。。
日本円だと約1万円ってことですね。
ちなみにYONGNUO(永诺)にはソニー用が無いので全てマニュアル調整になります。シンクロ撮影は出来るようです。


私はいろいろ見て回って、私は結局80元のスタンドを購入しました。
そして昼食時に話していた事を試しに行きます。
ソニーのお店で、レンズをいくつか見せてもらい、付け比べていきますが、これ、背面ディスプレイで見る限り、画角が違うぐらいしかわかりませんね。。。
中国人の叔父さんや、定員さんが、奇妙なことをしているなと。。。結構注目を集めました。
店員さんはカメラがフルサイズだからその組み合わせは良くないとか。。。でもどう良くないのかは知らないようです。


結局わからず、最後はオリンパスのお店によってお茶をもらって、この日は45mmF1.8と、75mmF1.8を試してきました。
35mm換算だと90mmと150mmという事になります。

45mmF1.875mmF1.8
オリンパス45mmF1.8と75mmF1.8
75mmF1.8のレンズはめちゃめちゃ解像すると感じました。

実は40-150F2.8が映りは好きなのですが、重すぎるので何とかならないかと思っているのですが。。。
先立つものがないので。。。



という事で、この日は午前中の撮影会から夕方5時ぐらいまで。。。歩きっぱなしでした。。
帰ってきて早速組み立てです。

これでバッチリです。