異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

琅琊榜之风起长林(Nirvana in Fire Ⅱ)-27話


「琅琊榜之风起长林」は前作「琅琊榜」の次の世代のドラマです。 爱奇艺でも見ることができます。
http://www.iqiyi.com/a_19rrh9z6o5.html?vfm=2008_aldbd

このドラマでは前作のシーンが何回か使われています。
今回も言候が和解に行くシーンが出てきましたが、前のドラマのシーンがそのまま出てくるドラマを始めてみました。

27話

目覚めた萧平旌は北燕の事が気にかかります。
前方の戦いを推測し、兄と父を助けに行こうと考えています。

大渝の奇襲は成功したようです。平章はまだ到着していません。
萧庭生の本野営は囲まれていて、外に救援の知らせを出せる状態にありません。

萧平旌の分析では百年ほど前に、大渝、北燕、东海が一斉に大梁に攻め込みました。
これを「三月弯刀」と呼んでいますが、現在の状況はこの当時の状況と同じような感じのようです。
当時は最終的に北の国境線が破られ、朝廷は使者を出して和解するしかなくなります。
幸いにも朝廷の派遣した使者は単身で三国同盟のを解体した
このシーンで出てくる使者は名前までは出てきませんが、あの言侯です。

平章は达芦塞に到着し、軍を率いて戦います。
平旌、林奚、萧元启は一緒に北に向かいます。
平章は下芦塞を奪い、萧庭生と合流しますが、突然体が悪くなり、落馬します。

戦いは勝利に終わりましたが、平章が犠牲になりました。
悲しむ妻、蒙浅雪。。。
萧庭生は前回の時よりも傷は軽いのに何でこんなに簡単にと。。。血を吐きます。

平旌が到着し、大声で泣き叫びます。
その時、萧庭生に知らせが入り、蒙浅雪が妊娠2カ月だと告げます。

知らせは金陵にも届きます。皇帝はものすごく悲しみます。
长林王府の皆は棺桶を持って金陵に戻ります。

萧元启は故意に平章の中毒の話を平旌にします。
平旌はでたらめをいうなと言いますが、結局林奚に聞きに行きます。

皇帝と萧庭生は相談して妊娠した蒙浅雪を琅琊阁で休ませる事にします。

感想

今回大哥(平章)が亡くなってしまいました。元々特別出演という事で最後まではいないと思ってましたが、
このような状態で退場するとは、大哥は最後までかっこよかったですね。