異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

琅琊榜之风起长林(Nirvana in Fire Ⅱ)-10話

「琅琊榜之风起长林」は前作「琅琊榜」の次の世代のドラマです。

東方衛視で放送していますが、見逃した方は爱奇艺で見ることができます。
http://www.iqiyi.com/a_19rrh9z6o5.html?vfm=2008_aldbd
テレビの方はもう佳境ですが、こっちはじっくりと行きたいと思います。

10話

今回の外交団の件について梁帝は萧庭生、萧平章と相談をします。
平旌と荀飞盏に东海使团の名簿に載っている墨淄侯の動向を探るように提案します。
この墨淄侯は今年の琅琊榜ランキング第一位の者です。
墨淄侯は淑妃の兄のようです。


莱阳太夫人は东海から金陵に人が来るという事で肝を冷やします。
当時蒙浅雪の化粧箱は彼女がすり替えたものでした。それを淑妃に見つけられ、淑妃を死に追いやった張本人でした。

皇后と会う濮阳缨、皇后は墨淄侯の事が気になるようです。濮阳缨は皇后に安心するように言います。


平旌と林奚は分析を行っていまいた。东湖朱胶は簡単には手に入らない者のようです。平旌はここから手掛かりを探ろうとしています。
东湖朱胶は男女に同じように作用します。なぜ平章の周りにはこの东湖朱胶が見つからなかったのでしょうか?
二人の分析では誰も平章には近づけ無かったと考え、これは女性の仕業ではないかと勘繰ります。

萧平章は平旌と飞盏を呼び皇帝と話したことを伝え二人に任務を与えます。

非金非玉非铜非铁
淬东海之水
结乌晶之剑
单凭这把兵器
也确实让人好奇

金でも玉でも銅でも鉄でもない東海の水で焼きを入れた结乌晶之剑、この武器だけは本当に人の興味を引く
hàoqí【好奇】は興味を引くという意味ですね。

墨淄侯の武器は特殊なようです。そして秘密が多いようです。
飞盏は墨淄侯は既に金陵に入っているのではと考えます。


墨淄侯は当時、淑妃の出産を見ていた太医を訪ねます。そして当時の状況を聞き出します。
そして淑妃の難産にかかわった6人を抹殺します。

皇帝は墨淄侯が今回やってきた理由が復讐だという事を知ります。
そして当時の経緯をもう一度調べさせますが、疑わしい所は見つかりませんでした。
平章は墨淄侯の意図を勘ぐっていました。淑妃娘娘の死にはその他の事情があるのではないかと。。。そしてこの時誰かが必ずビビっているはずだと。。。
平旌と飞盏に淑妃の死因をもう一度調べるように伝えます。

悪夢を見る莱阳太夫人。。。起きてから再び皇帝の人形に針を刺します。

荀皇后は墨淄侯のやり口に恐怖を感じます。自分が狙われているのではないかと。。。そして濮阳缨には自分は淑妃に関しては何もしていないと話します。
どうやら淑妃の件は皇帝にも疑われていると感じているようです。さらに墨淄侯にも狙われているのではと考えています。
そして回想シーンになります。
皇后の侍女が淑妃と莱阳太夫人の話を聞いていて、皇后は莱阳太夫人の計画は淑妃からすべて聞いたと鎌をかけてだましました。

感想

今回琅琊榜ランキング1位の者が出てきました。墨淄侯(モウズウホウ)という人物ですが、
絶技:金乌水月。武器:乌金剣。梁の淑妃の兄,莱阳侯萧元启の叔父という関係です。
絶技:金乌水月どんな技なんでしょうね。

淑妃と莱阳太夫人は姉妹という関係ですが、淑妃は莱阳太夫人の悪だくみを知ってそれを止めようとしますが、莱阳太夫人は逆に皇后にあおられてしまいます。莱阳太夫人がなぜ長林府に恨みがあったのかは良くわかりませんね。