異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

寒い寒い河北省・承德市の夜-微妙な星空

2018年に入りましたが、2017年の年末の旅行の記事を続けます。
河北省承德市まで来ています。前回までの記事はこちら。。。

www.sonnagaya.com


承德避暑山荘を観光し終わって、ホテルに戻ることにします。さすがに少し寒くなってきました。

行ったんホテル入って休憩します。その間に彼はお風呂に入るようです。
彼、風呂好きのようです。
今回宿泊しているホテルは大体200~370元ぐらいの場所ですが、結構奇麗な所で、お風呂には全て浴槽がついていました。
ちなみにホテルの地下一階には公衆浴場(有料)もあります。
南の方のホテルで値段が安い所は浴槽があるホテルが少ないと思いますが、この辺は寒いのでついているのでしょうね。


食事に出かけます。人気店だということで串焼きの店に入ったのですが、全然食べたいものがありません。
適当に羊肉の串焼きと料理を注文します。

冷たいビールがないので、ここでも安い江小白という名の白酒を飲みます。

この白酒は安いですが、割と飲めるということで人気があるそうです。
後の客。。女性ですが、白酒の大びんを一人1本とか。。。おかしいですよね。。。


食事が終って歩いてホテルにもどります。
途中彼は飲み足りないのでもう一軒行こうというので付き合いますが、
私は食べ物はいらないので酒場に行こうというと言うはなしになります。一瓶25元ぐらいのビールは高いという話しになり、
結局コンビニでビールを買って部屋で飲むことにします。
めっちゃ寒いので私はスタバでコーヒーを買ってからホテルにもどります。


ホテルの部屋でのみながら、話をします。。。何の話をしていたか。。。忘れてしまいました。。。

夜の星空を眺める


しばらくしてから私は外に写真を撮りに行くことにします。
ホテルを出て川岸に向かいます。河原に出て暗い所に行くと星が見えますが、やはりこの明かるさだと天の川は見えませんね。
オリオン座はくっきりと見えています。
それでも街灯と夜景が明かるすぎますね。
5年前の雲南省の大理見たいな感じに、街中でも満天の星空が見られる場所もう残ってないのでしょうかね?


場所を変えます。夜中入れるのかは別として。。。。避暑山荘のなかであればもっと良い写真になったかもしれませんね。
やはり夏に来るべきだったでしょうか。。。


下が板張りになっている橋の上で長時間露出を行って北の空の軌跡を撮影しようと考えました。
撮影していて向うの橋があかるいので、微妙なのですが、通行人がやってきます。板張りのため歩いた時に地面が動いたようです。。。
10分ぐらいが台無しになりました。。。その後も結構人が通るので。。。ここでは無理だと。。。。
場所をいくつか変えてみますが、やはり街中は無理ですね。
諦めて戻ることにします。

彼が運転してくれて少し暗い所に行ってくれれば。。。こういうときは、撮影ツアーって便利だなと思ってしまいますね。


この日はこれで寝ることにします。