異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

最終回、十堰-武漢-上海のフライト GW重慶市-長江三峡-湖北省の旅(21)

2017-5-06
十堰武当山空港
この日は旅行最終日、長かった旅行も今日でおしまいです。少しさみしい感じがします。
前回までの記事はこちらです。



そして下は今回の旅行の全日程(旅行計画)です。

全日程

2017-4-28:上海→重慶(高速鉄道)
2017-4-29:重慶(武隆)
2017-4-30:重慶(夜乗船泊)
2017-5-01:重慶(船上泊)
2017-5-02:重慶(船上泊)→ 湖北(船上)
2017-5-03:宜昌(下船)→鉄道で移動(鈍行)→ 襄陽(泊)
2017-5-04:襄陽→十堰(泊)
2017-5-05:十堰(武当山)
2017-5-06:十堰→武漢(経停)→上海(飛行機)


この旅行記を20回にわたって書いてきましたが、今回が最後です。
本当は十堰でもう一泊も考えましたが、さすがに体はめっちゃ疲れています。
これでよかったのかなとも思います。

帰りのフライト 十堰-武当山空港

2017-5-06、朝起きると太ももがめちゃ筋肉痛です。昨日の武当山が相当きつかったようです。
やばいです。歩くのは普通に歩けますが、階段を下りるのがつらいです。
ホテルで朝食をとります。昨日は朝食をとらなかったのですが。。。今日はちゃんと食べに行きます。
この朝食は一般的な中国のホテルの朝食ですね。
Ctrip(携程)での送迎予約の時間に間に合うように食事を済ませて、部屋にもどり荷物をまとめて、チェックアウト、7:40分に間に合うように外に出ます。
運転手さんから電話がきます。渋滞で少し遅れると。。大体10分ぐらい遅れるということです。
そして車が到着します。白タクかと思いましたが、ちゃんとしたタクシーでした。

十堰


運転手は若い男性です。運転手さんは焦っているようでした。。

上海に戻るというと何時のフライトだと聞かれます。10:40だというと。。
運転手は安心して私になんでそんな早く行くんだと話してきます。
十堰の武当山空港まではタクシーで20分で着くと。。。なにー。。。それなら昨日電話がかかってきた時点でそういってくれよ。。。
さらにこの空港には何もないと。。。。
山を削って作ったというこの空港、それにしても十堰はそこらじゅう山だらけですね。
今日は霧がかかってるけどこれは単なる霧で決して「霾」ではないと説明してくれます。
という感じで話をしながら、本当に20分で着きました。

十堰武当山空港

空港で2時間待ちです。この空港は小さいですが、割と新しい感じの空港で奇麗です。

自動チケット出力装置がないようで窓口でチケットをもらいます。この空港、新しそうなのに機械は古いんですね。
さらに武漢-上海のチケットももらおうとしましたが、便が違うのでだめでした。

十堰武当山空港

荷物検査をすませ、中に入りぶらぶらと過ごします。中はめちゃすっきりした感じです。
十堰-武汉便は結構な便数があるようです。同じ湖北省ですが、十堰に来る人これは武当山・神农架への観光(旅行)目当ての人だと思います。
この日はそんなに人はいませんでした。
ちなみに十堰-武汉を高速鉄道を使うと約4時間かかります。

時間通りに飛行機は出発します。中国南方航空の飛行機です。
飛行機に乗る際、ペットボトルの水とピーナッツを渡されました。1時間ぐらいのフライトで、機内サービスはないようですね。


武漢天河国際空港


武漢に到着します。

帰りのフライト 武漢-天河国際空港


武漢天河国際空港

武漢の中継地点に行きチケットをもらえるか試してみます。
武漢天河国際空港
ここの係り員の女性にパスポートを見せると、

Where are you going?

的な事を英語で聞いてきたので、「我要去上海」と答えるとこの女性。。。緊張が解けたように、少しほっとして、それ以降は中国語でやり取りしてくれました。
どの航空だと聞かれたので、同じく南方の乗り次だと話します。座席もすでにアプリで取ってあると話します。
なんとか外に出ずに武漢-上海のチケットを手に入れることができました。
これ実は荷物預けているといったん取りに外に出ないといいけないようですね。これは知りませんでした。
中継ゲートを出ると荷物検査後の場所に出るようです。この武漢の空港は結構大きいですね。

武漢天河国際空港

搭乗口を探します。杨幂(ヤン・ミー)のOPPOの看板が大量にかけられていました。
OPPO(オッポ)は今中国で販売台数No1のスマホメーカーです。
武漢天河国際空港

武漢-上海便を待つ際、腹が減ったので食事をとります。今までずっと麺ばかりだったのでご飯ものにしました。

武漢天河国際空港

それにしても中国の牛肉はなんでこんなにおいしくないんでしょうか???
さらにいつも思いますが、このしょっぱい湯卵の殻、なんでこんなに剥きにくいのでしょうかね?
そしてこの空港。。。水が高いです。ミネラルウォーターの农夫山泉が5元とは。。。。


時間を潰してようやくフライトです。今回もペットボトルの水とピーナッツを機内で渡されました。。。
中国南方航空ってもしかして全部こうなのか???

無事フライトです。


残る問題は上海浦東でどれだけ待たされるかということですが、ターミナル1、2をぐるっと一回りしたもののターミナルに直付けしてくれました。
これ何で空港を一周する必要があるんでしょうかね?まあ良かったです。


最後は上海リニアで。。。。

上海リニア

ということで今回も無事帰ってくることができました。

感想・纏め

一番良かったのは夔门でしょうね、ここは船で通っただけで一瞬ですが、すごい迫力がありました。
次は武当山、とにかく疲れました。その次ぐらいに武隆でしょうかねここも凄い景色でした。
今回観光(旅行)した世界遺産は2つですが、その2つよりも夔门の方が良かったと思います。
あまり旅行が長すぎると、体が疲れてきますね。毎日カメラ持って歩いていたので肩がばきばきになります。
マッサージで少しは良くなった感じがしましたが。。。
実は今回は船旅行だったせいもあって結構お金も使っちゃいました。しばらく充電ですかね。



でも次はどうしましょうかね。




おしまい。