異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

瞿塘峡-巫峡-西陵峡。長江三峡クルーズ GW重慶市-長江三峡-湖北省の旅(13)

2017-5-02
長江三峡クルーズに参加しています。
白帝城から帰ってきて休憩です。

今回遂にこのクルーズのメインとなる長江三峡に突入します。
長江三峡は瞿塘峡、巫峡、西陵峡という3つの峡で構成されています。
無理やり日本語の発音にするとチュウタンシャー、ウゥシャー、シーリンシャーになります。
前回の記事の夔門(クイメン)のも難しい感じでしたが、、今回の瞿(チュー)も難しい漢字ですね。
下流の三峡ダムのせいで環境は少し変わってしまっているようです。


島になっている白帝城が見えます。もうすぐそこが瞿塘峡(qú táng xiá)ですね。
f:id:shan1tian2:20170502115206j:plain

最初の峡は瞿塘峡(qú táng xiá)です。瞿塘峡は白帝城でも見た夔門(kuí mén)から始まります。
その前に船内アナウンスがありました。長江三峡に入るので、部屋のベランダ、2階、5階の正面甲板から見てくださいとのことです。
私は早めに5階に行って場所取りをしました。すでに何人かが陣取っています。
それにしても風が強いです。ここの挟間にながれる風が圧縮されているのでしょうかね?
夔門の手前で場内アナウンスが流れます。瞿塘峡を通る間はずっとアナウンスをし続けるようです。
これ高さ175mとありますが、深さではないと思います。
瞿塘峡

瞿塘峡(qú táng xiá)

長江三峡といえば一番有名な場所、ここ瞿塘峡です。人民元10元札の場所(夔門)があります。めちゃめちゃ迫力があります。

瞿塘峡の全長は8kmしかないようです。

三峡のなかで最も川幅が狭く、夔門辺りは崖が迫っています。壁には夔門天下雄艦~~と刻まれています。

風景も最もきれいとされています。ここの右側は秋に来ると奇麗な紅葉が見られるようです。
f:id:shan1tian2:20170502115914j:plain
遠くの山をアップにしてみます。
f:id:shan1tian2:20170502120136j:plain


白帝城で見た悬棺ですが、瞿塘峡の切り立った崖にも悬棺の後があるようです。
瞿塘峡(qú táng xiá)

ぼこぼこ穴が開いています。
瞿塘峡(qú táng xiá)


瞿塘峡を通過する際私は、ずっと正面にいましたが、物凄い風です。手すりにつかまっていないと立ってられません。
瞿塘峡
上に一枚羽織ってましたが、体も寒くなってきます。かなり厳しい環境ですね。
また船の角度が完全に10元札と一致しないのが難点ですね。


瞿塘峡

瞿塘峡
瞿塘峡はなかなかの見ごたえでしたが、あっというまに通過してしまいました。




瞿塘峡を見終わって昼食をとります。


そして次の巫峡を見るため、また早めに場所取りにいきます。
長江三峡
ここら辺はあまり風が強くありませんでした。

巫峡(wū xiá)

遠くに巫山長江大橋が見えてきます。この橋を超えてから巫峡に突入です。

またもやアナウンスが船内に流れ出します。そして巫峡に突入しました。
巫峡(wū xiá)



巫峡(wū xiá)

巫峡(wū xiá)


巫峡(wū xiá)

ここ巫峡では神女峰という山が有名なようです。岩が女神にみえるようです。
神女峰景区に上陸もできるようですが、今回のツアーでは上陸できません。

神女峰(shén nǚ fēng)

神女峰景区ですが、このツアーでは行けないようです。
神女峰(shén nǚ fēng)
拡大してみると上るところがありますね。
巫峡(wū xiá)神女峰景区
神女峰の由来ですが、とがった山の形が神女に見えるというこの山、神女にみえますかね???
神女峰(shén nǚ fēng)
ここを抜けるくらいにぽつぽつと雨が降ってきました。

巫峡もなかなかの景観でした。良いものをみることができて満足しています。
巫峡
このあたりでいったん船を停めて、今日のツアーセットイベントの神女溪の川下りがあるようです。
土家族(たぶん)の人たちが案内してくれるようです。小舟に乗り換えてそれぞれ回るようです。
少しぽつぽつと雨が。。。。



神女溪

神女溪
この辺りの土家族の人たちは三峡ダムがつくられる際に、村が水没するのでより高い場所に住む場所を移動させられたそうです。
今は村から移動する際には船を使って移動するということです。
神女溪
小舟に乗り換えて船の中の観光です。水が綺麗です。
神女溪
お約束のあの山の形は手に似ているとか。。模様が。。。とかそういうガイドです。
途中で大雨になっていきます。川の水の色が一気に変わっていきます。
神女溪
さらに雨で危険だということで、神女溪への上陸イベントも中止になりました。
神女溪
一通りのガイドをしてくれましたが、そのあとは商品の売り込みだったのでいまいちでした。

霧がかかって幻想的ですね。
f:id:shan1tian2:20170502153616j:plain

上陸がなくなったことで1時間ぐらいで船着き場まで戻ってきます。
神女溪
船に乗り込み再出発です。もう少しで巫山县を抜け湖北省に入ります。

巴東县に入ると西陵峡のようです。

西陵峡


三峡最後の峡、西陵峡ですが、湖北省恩施土家苗族自治州巴东县辺りから始まり宜昌まであるようでが、その巴东县に入っても場内の説明はありません。見るスポットがないのでしょうかね?

19:00前に撮影した巴东县辺りで撮影した写真です。

過ぎ去った橋を望遠で。。


しかしこのペースの巡行だとあと少しで宜昌についてしまう気がします。


長江三峡でメインの瞿塘峡-巫峡を通りましたが、私的にいろいろ思うことを、なんかまだ描き切れてない気がします。とにかくここはきて良かったです。
人工的に作られたダムに沈んでしまった場所ではありますが、それによって作られた素晴らしい新たな景色ですね。




続く。。。