異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

OM-D EM1Mark2で船上での星野撮影 GW重慶市-長江三峡-湖北省の旅(11)

2017-5-01 2017-5-02
長江三峡クルーズ2日目の夜です。
前回の記事はこちら。

前回は船上のナイトショーをみました。船の旅行ってこうやって楽しむものなのでしょうかね?
船好きの人にはたまらないって感じでしょうか???
酒場から戻ってきて部屋のベランダに出てみると、星が奇麗にキラキラと見えているではないですか、重慶でも星は見れるんですね。
周りも本船以外は真っ暗、私の側(船の右側)からはさそり座が見えていました。
この日いちばん明かるい星は木星のようです。天の川は流石に見えませんが、StarWarkで調べてみると見えていても、真横に出ていて、さらに山で隠れて見えない位置のようです。
これをどうにか撮影したく試行錯誤します。

船は動いていますが、星野撮影には長時間露出が必要です。シャッターをずっと開けているとぶれてしまうので
なるべく露出時間を短く、ぶれないようにするには、
広角レンズを使ってISOを上げてなるべく遠くの景色を入れるようにするしか方法はないです。
船の後方にいけば三脚を使えたかもしれませんが、それでも船の上なので完全に固定はできないです。
なんとか頑張って取った写真です。ISOを上げすぎると明るさ調整でノイズがすごいことになるので、結局設定はこんな感じにします。
ISO2000、F1.4、SS1~2秒で撮影して、後から明るさを調整しようとおもいます。
手ぶれ補正は露出時間が1秒ならこの明るさでも何とかなりそうですが。。。2秒はきついかもです。
取ってるときはあまり気にならなかったのですが、実は拡大すると全体がぶれまくってます。。。。

写真を確認して思ったのが、中央真ん中から右にかけて3つの赤いノイズがある。。。これは何度撮影しても大体同じ場所に出てきます。
1秒なので長時間露出の内には入らないとおもいますが、センサーのせい?それとも仕様?なんか。。。これはどうなんだろうISOは2000です。
明るさをPSで調整しなければ分かりませんが。。。星ではないとおもうのでこれはノイズだとおもいます。ちょっと幻滅です。
高感度NRは弱、長時間NRはOFFです。
これが普通なのか?それともセンサー不良なのか誰か教えていただきたいです。
同じ条件で縦で撮ってもやっぱり出てますね?一応さそり座を撮影したつもりです。肉眼では奇麗に見えてるんですけどね。

これだったら画素数の少ないE-M5Mark2のほうがよいのではないかとも思ってしまいます。

※2017-5-11
どうやらホットピクセルというようです。星を撮影する人には一般的な事のようですが、買ったばかりのカメラにホットピクセルがあるとは。。。EM5Mark2ではなかったのですけどね。
オリンパスのカメラはピクセルマッピング機能があるようなので、これで対応できるかやってみます。
次星を撮る機会がいつ訪れるのか分かりません。。

残念ながらシャッターチャンスは逃しましたが、
流れ星が見えました。というか隕石?結構大きかったのですが、地球上に落ちたのではないかと??初めてああいう流れ星を見ました。

撮影しているとなんか酔いがすぐにさめてしまいました。
星をみていたらすぐに時間がたってしまいました既に2時です。
明日はいよいよ本格的に長江三峡になります。

続く。。。