異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

朝陽の夜―夕食と白酒とマッサージ

瀋陽(遼寧省)から承徳(河北)までの旅の途中に朝陽で一泊することになります。
最終的な今回の目的地は承徳です。
前回までの記事はこちら

www.sonnagaya.com


一休みしたので、すっかり暗くなりました。朝陽のホテルを出て夕食の場所を食べに行くことにします。

大众点评でよさげな店をさがしました。
ホテルからは少し遠いですが、結局羊肉の火鍋を食べることにします。

外は結構寒くなってきましたね。きっと氷点下だと思います。
空を見上げますが、星がないです。いわく冬場は石炭発電で空気があまり良くないとのことですが、昼間それほど煙っている感じはしなかったのですけどね。

辿り着いた店ですが、人気の店のようで少し待つことになります。
その間に彼は白酒(バイジュウ)を探していたようです。


この店のシステムは鍋に入れる肉をその場で選ぶというシステムのようです。
二人なのであまり多くは食べれません。。小さい肉の塊を選びました。

どでかい鍋のなかに少しだけ、食材を入れます。これ意味あるのでしょうかね?


そして白酒ですが、地元、朝陽の白酒を選びました。アルコール度数は42度です。
まあ飲みやすい感じでした。
ビールも注文しますが、冷たいビールっておいてないんですよね。。。

しかし、外にしばらく出しておけばキンキンに冷えます。結局ビールも飲むことになります。
前菜も注文しましたが、これが思ってもみなかったのですが、また山葵が効いていて、辛いです。鼻がツーンと。。。。


そして鍋ですが、まずはスープをそのまま飲めということでそのまま飲みます。
けっこう良いかんじの味でした。

あとは羊肉串などを。。。



白酒が無くなり、2本目の白酒。。。今回は安いのにしましたが、これが失敗です。アルコールを足した感じがします。
これはやばい。。。


物凄く酔っぱらってしまいました。


勢いでとなりのマッサージ屋さんに入ります。
値段ですが、90分で130元ぐらいです。結構高い店ですね。
ちなみに普通のマッサージ屋さんです。おばちゃんがマッサージをしてくれました。
上海では最近マッサージに行っていなかったので(高い)久しぶりに心地よい感じです。


いつの間にか眠ってしまってあまり覚えていない。。。。


マッサージが終わってタクシーでホテルに戻ります。

彼はコンビニにいくと言ってどこかに消えていきました。
私は酔いがまわって動けないので、すぐにホテルにもどって爆睡です。。。
昨日もそうでしたが、部屋のエアコン効きすぎです。熱い熱い。。。。エアコンは切ってしまいます。



私はお酒があまり強くないので、中国東北の人と食事に行くと毎回大変なことになりますね。