異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

秋の浙江省臨海中国ツアー桃渚深秋(8) 上海に戻ります。

2017-12-3
中国の団体ツアーで浙江省臨海市まで来ています。


前回までで撮影の日程は全て終了です。後は上海に戻るだけです。

www.sonnagaya.com


桃渚城を出ると周りにはみかん売り場がたくさんありました。ここのみかんめっちゃ安いようです。

私は買いませんでしたが、たくさんの人が買っていました。
それにしても中国の人ってこういうシチュエーションに弱いですよね。。。

昼食ですが、元々桃渚城で食事を済ませる計算だったようですが、この桃渚城には食事どころが全くありません。。
仕方ないのでまた昨日食事をした辺りまで行くことにします。
近間の食堂にガイドさん、運転手さん、モデルさんと4人で入りました。
此処でも麺を食べます。


そしてこの食堂。。。反日ドラマが放送されています。
運転手さんはこの系統のドラマ、毎日やっていると言って、うざいと話します。
運転手さんも小さい時は信じていたようですが、今はもううざいだけだと。。。。
私はまあ下手な日本語面白いよと。。。答えておきましたが。。。



昼食を済ませて、バスに乗り。。。。上海にもどりますが、日曜の夜、上海に向かう高速道路。。。。
爆睡です。PAに何回か止まりそのたびに起こされる感じです。最後のパーキングは毎度のことですが橋を渡った後です。

その後、これもまた毎度のことですが、渋滞です。この日は事故も何回か見かけました。
凯旋路に到着したのは19:00すぎでしょうか?
此処でツアーは解散です。


帰りは荷物がとても重たいです。

感想

最後に今回のこの旅行の感想を書いてみます。
一泊二日で、回った観光地ですが、临海红杉林、桃江十三渚、百年桃渚石頭城の3か所、撮影は朝~夕方まで夜の撮影は無しです。

临海红杉林(山の上から)


桃江十三渚の展望台からの景色


百年桃渚石頭城


どれもそれ単独では微妙な感じの場所です。唯一紅杉林ぐらいでしょうか?これも紅葉していたからOKだった様なもんですが、こういう場所はなかなか無いと思います。
しかし、もしも写真撮影に興味がない人だったら面白くないのではないでしょうか?
またモデルさんがいなかった場合単純に撮影するだけだとつまらないかもしれません。その点はよく考えられたツアーだったのかもしれません。
写真好きの為の旅行ですね。これはこれで私的にはありだと思います。

今回はプロっぽい人(写真家)がガイドさんに2人同行していましたが、片方はもう自分の道を行くタイプでちょっとちかよりがたいかんじでしたw
この辺りはマイナスですね。







おしまい。