異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

何事も必要なのはセンスかそれとも経験、修錬なのか?おっさんのたわごと。。

今日から12月です。今年も残すは一か月です。
中国に長い間いると12月あまり年越しの感覚がなくなってきました。。。中国の年越し2月まではあと2か月半在りますからね。。。



2017-11-29日
先日、卓球クラブの写真好き仲間に呼ばれ陸家嘴まで飲みに行きました。
陸家嘴は家から近いのでお呼びがかかったのでしょうけど。とりあえずこの辺りの酒場を探します。
ということで正大広場を滨江大道側に抜けた側の小さい酒場街へ向かいます。
フーターズがある所ですが、胸には全く興味がないそうで向かいの蓝蛙(bluefrog)という店に入ります。

私はとりあえずビールを飲みましたが、彼はカクテルを飲むということで、よくわからないカクテルを頼んだようですが、
これが今まで飲んだ中で一番できがよくないと。。。おっしゃられますww

そのあとはおっさん二人でビールをのみながら話をしていました。

まずは卓球クラブの近況を教えていただきましたが。。。これはなかなか表には出せない話もありますねwww
続いては卓球と写真撮影の話になりました。


私は卓球ってセンスが必要だと話しだしましたが、それは経験と鍛練である程度は追いつけ、追い越すことができるという考えでOKなのだと思われます。
またうまい人に教わったり見ていたりすると凄く伸びると話します。私はセンスだといい張ってましたが。。。
まあ私はいまさらそこまで卓球を強くなろうとは思いませんが。。。というか年齢的に無理w


そして写真についてはカメラの操作やテクニックをいくら磨いても、被写体や構図を選ぶセンスがないとこれはどうしようもないと言う話しになります。
もちろんカメラ本体の性能もありますが。。。良い機材をそろえるのは金銭的に無理ww
写真はやはりそういう要素が強いのかもしれません。
それでも他のカメラ仲間からは、最初はだめだめでも上手い人と交流したり、写真を撮りにいくと上手くなるといわれましたが。。。。


技術の知識は本やネット、動画などである程度仕入れられます。これはどれだけ真剣なのかということもあるとおもいます。
そしてセンスと言うものも専門のうまい人から学習できるものということで、後からもある程度は磨くことができる。。結局どちらも正解なのではないかと。。。。。
まあ一番大事なのは自分自身が楽しめて諦めず継続できればよいのではないのでしょうかね。

結局23時ぐらい、ラストオーダーまでこの店で飲んでました。。。。。この辺りのお店、打样時間割と速いのですね。


以上酔っ払いのたわごとでした。