異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

2017-8-19日ぐらいから上海の夜の店規制取締が強くなっているようです。

9月に入りました。先週はいきなり涼しくなりました。旅行記の途中ですが、一休みして、週末は上海情報を書いて行きます。


もう秋ということでしょうか?ちょっと早い気もしますが。。。一時期よりはずっと過ごしやすくなってます。

先週末、同僚と久しぶりに食事に行きました。

私は26日まで西北(甘粛省-青海省)にいたので知りませんでしたが、上海では取締があった様です。
私が旅行していた間に何があったのか?噂によると中国の警察庁長官?とにかく上役が変わったとか何とかで、
上海のちょっと怪しい系の店(怪しいといっても普通です)が、軒並み営業停止させられているようです。

同僚は先日崂山路のマッサージ街がいきなり全部営業していなくてびっくりしたと話してくれました。
崂山路は近くに明城大酒店(Supreme Tower Hotel),宝安大酒店(Bao'An Hotel Shanghai ),紫金山大酒店(Purple Mountain Hotel)などの日本人出張者がよく止まるホテルがあります。
そのためか?このあたりの潍坊路,东方路、崂山路などは浦東にしては日本料理店が多い場所だと思います。



私が写真を撮りに行った日は警察が見回りをしていました。



噂によると、古北地区の警察の上の人が、そのこと(長官が変わった)で何かあっては自分がやばいと思ったか、飲み屋さんも強制的に休日にさせられたとか何とか。。。
普通のクラブやスナックは大丈夫なんじゃ?と思ってましたが、
どうやら中国での飲食店の接客は客と同じ席に座っちゃだめという事のようです。
女の子が隣に座ってくれるお店はOUTという事のようです。
カウンターと客席があったら飲み屋の店員さんはカウンター側から客席に入って来てはいけないという事です。


そういえば以前ブログに書いた潰されていったお店もその関係のお店もあったのかもしれませんね。

www.sonnagaya.com


逆に考えると、この時期にやっているお店はまっとうなお店という事になります。

今現在は大丈夫?のようですが、というのもガールズバーで飲んでいたからということなんですけど。。。


近くのマッサージ屋さんはいまだに開いてませんね。。。なんか白い札が貼ってあります。
このまま潰されてしまうのでしょうかね。。

最近はマッサージも値段が上がって全然行かなくなりましたが。。。
(もちろん普通のマッサージです)


帰り道家の前のマッサージ屋さんを見て見ると。。。やっぱり営業していませんね。
飲み屋さんはやってます。ちなみに私の家の前、以前はほぼ酒場でしたが、今はもうほとんど酒場が残っていません。
食事処になりました。淘汰されていっている感じですね。



上海のいい加減さが良かったのですが、その良さもだんだん無くなっていってますね。
秋風とともに少しさみしく感じます。



ちなみに私のブログでも上海の取締系の記事が、最近いきなり上位検索に来ていたので、どういう事かと思ってました。
古い記事を検索してくる人が多かったということでしょうか?
古い情報と、今の情報とを混乱しないようにする必要がありますね。