異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

50元は高い。上海に7年いて初めて外灘観光隧道を使ってみた。

上海の西と東を分ける川黄浦江ですが、上海のこの川から西を浦西、浦東と言っています。
東から西に行くにはいくつか方法があるのですが、車ならば隧道(トンネル)があります。
そして地下鉄、渡し船(轮渡)もあるのでそんなに面倒ではないと思われますが、
直接に市の川岸から、東の川岸に行くのは結構面倒です。

地下鉄の駅、南京東路から外灘までは結構歩きます。また逆の陸家嘴からも少し歩きます。
渡し船の船着き場(码头)ですが外灘側は割と近いのに比べて、浦東側は歩くと結構遠いです。
ということで今回は最後の手段、初めて外灘観光隧道という物を使ってみました。

最初は自宅から近い方の浦東側から浦西に向かおうとしました。
隧道ということで、トンネルなのですが、外灘観光隧道は人専用です。

入り口に入ると、チケットを買う人がたくさん並んでいました。。。
行列に並んでまで人柱になるのは。。。ということであきらめます。



結局、いろいろ考えた末に浦西まで地下鉄で行き外灘に行きます。この日の外灘の夜景は本気じゃ無い様です。

上の写真は浦東側を撮影したものです。
そして外灘の写真です。熱いのに人がたくさん。。。

交差点ではこんな感じです。

外灘まで写真を撮りながら歩き、外灘の外灘観光隧道の入り口に入ります。
入り口は外灘のど真ん中(地下)にあります。


外灘観光隧道


地下に入ってチケット売り場まで向かう途中はクーラーが効いているので割と快適です。
入り口でチケットを買います。片道50元です。高いですね。往復だと70元になるようです。
昔は80元って聞いた気がしたのですが、高すぎて誰も利用しなかったのでしょうかね?
それでも人はそんなに多くなかったですが。。。


イメージ的にトロッコみたいのに乗るのかと思いましたが、立ったままのようです。

なんかすごい設備です。トンネルの中は光のショーみたいな感じのようです。

そしてトロッコの中はエアコンが効いていません。暑いです。

のろのろと進むので、対岸に着くまでは5~10分ぐらいでしょうか、その間いろいろと光ってました。


今回初体験ですが、よほどのことが無い限り、今後使うことはないでしょう。

夜間の浦西、浦東の移動方法。

地下鉄の終電が終わった後、浦西と浦東の移動ははバスやタクシーで移動するほかにあるのかを調べてみました。
夜間に車が無い人が荷物を運ぶために川を渡る手段(ライフライン)が無いのは困ると思うので。。。
外灘の渡し船は23時ぐらいに終わってしまいますが、少し離れた場所の渡し船は24時間やっているようです。
といっても夜間は1時間に1便だけのようですが。。。