異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

雲中魚-雲南大理の蒸気式石鍋料理を上海で食べる

中華(料理)ってひとくくりにされていますが、中華といってもいろいろな種類があります。
もはや同一系統の料理ではない気もします。

そして上海には地方の食事処があります。
私は中華料理はあまり食べないのですが、今回はちょっと変わったものを食べたくて探しました。
外は暑いのであまり鍋とかは食べたくなかったのですが、肉か魚が食べたいということで、
雲南蒸気式石鍋料理を食べて見ることにします。


店の名前は「雲中魚」という店です。
住所は:浦东张杨路601号浦东食品城4楼で、张杨路のマクドナルドや吉野家があるビルです。
4階まで登ると結構人が並んでいます。

私達は大众点评で事前予約したのでそれほど並びませんでした。

最初はどういうものか全然わかりませんでしたが、テーブルには石鍋が置かれています。

他のお客さんのテーブルを見ると、ここから凄い勢いで蒸気が出てきます。これで蒸すということでしょうね。


ちなみに中国語で「蒸す」はそのまま「蒸」zhēngといいます。


とりあえず158元のセットにします。魚はいつもよく食べている黒魚とナマズみたいな魚を選べましたが、
いつも食べている黒魚よりも小骨(鱼刺yúcì。単に刺ともいう)が無いという事だったのでナマズみたいなのにしました。


そして出てきたのがこれ。。。。ちょっと生々しいですね。

こっから蒸気であぶるということですが、どちらかというと圧力鍋的な感じでしょうかね?凄い湯気です。

そして出来上がったのがこれ

なんか白いスープが沢山出ていますね。これどっから出てきたのでしょうか?
店員さんはまずスープを召し上がってくださいという事なので、飲んでみます。
いい感じのスープです。とても美味しいです。

そしてこの魚、白身なんだと思いますが、魚自体にはあまり味は無いようです。
あっさりしていてヘルシーだと思います。


雲南の大理ビールを飲みます。


これが本当に雲南名物なのかはわかりませんが。。。。そしてこれも中華料理というカテゴリなのかはわかりませんが。。。
上海はいろいろな地方料理が食べられてよいですね。