異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

射雕英雄伝(2017)The Legend of the Condor Heroes 51話


2017年版射雕英雄传(郭靖=杨旭文,黄蓉=李一桐)です。
射雕英雄传は爱奇艺で見ることができます。
残り2話です。

51話 華山論剣

成吉思汗は非情な命令を出しましたが、哲别や托雷達、郭靖について西征を行った者たちは違います。
郭靖を逃がすことにしました。华筝が単独で国境まで送ると言います。
华筝は自分が父に密告しなければこういうことにはならなかったと言います。
华筝は郭靖に去ってほしくなかったからこういう行動に出たと話しますが、今となっては合せる顔は無いと言います。
そして婚約の話は解消すると华筝自ら話します。

郭靖は一人で草原を進んでいきます。
そしてこの一年で起こったことを思い出します。
5人の師匠、蓉儿、母、相次いでこの世を去りました。
苦労して身につけた武術ですが、自分の近しい人を守ることもできませんでした。
師匠たちは男気と義理を教えてくれましたが、亡くなりました。
欧阳锋、裘千仞達悪い人たちは生き残っています。
武功が何をもたらすのか。。。郭靖は深い迷いの中に入っていきます。


郭靖が城に入ると民たちに攻撃を受けます。モンゴルの服を着ているからのようです。
しかし郭靖は抵抗せずにやられるがままになっています。

そこに丁度、洪七公が通り、助けます。
洪七公は郭靖から母と蓉儿の話を聞き、心を痛めます。
洪七公は华山に行かなければいけないと言います。
华山论剑が始まるようです。しかしこのような状態の郭靖をほおっておくことはできません。
洪七公は一緒に行こうと言いますが、郭靖は拒否します。
华山论剑は武林の覇権争いだと。。自分は武術を忘れたいと言います。
洪七公はひらめきます。武術を忘れたいなら周伯通が助けてくれると話します。
しかも华山论剑、こういう面白い場所に老顽童はきっとやってくると言います。
郭靖はそれを聞いて師匠と华山に向かうことにします。

郭靖と师父は华山の話をしながら登っていると、妙な影を見かけます。
ものすごい速さですが逆立ちをしていますが欧阳锋のようです。
二人は欧阳锋をつけていきます。欧阳锋は洞窟に入りある人物から九阴真经について学んでいました。
この女性は打狗棒を持っています。間違いなく黄蓉です。
郭靖達は黄蓉の声を聞き喜びます。欧阳锋は黄蓉を捕まえて修行を行っていました。
再び逢うことができた二人は抱き合います。

流沙に飲み込まれたように見せたのは欧阳锋を騙すためだったと言います。
そしてあの日陣営から出てきた時、婚姻解消をしなかった原因も知り、戻ろうとしたときに欧阳锋につかまってしまったと。。。
とにかく再開は出来ましたが、郭靖は武術を忘れるために周伯通を探しに来たと言います。
黄蓉も同意して、周伯通を探しに行きます。
周伯通はすぐにあらわれましたが、裘千仞に追われています。毒蛇を持って周伯通を追いかけているようです。
そこに瑛姑、一灯大师、洪七公が次々にやってきます。
瑛姑は裘千仞に対して子供の仇を取ろうとしますが、瑛姑では勝てません。
周伯通は黄蓉が周伯通に裘千仞を倒せといった意味をここでやっと知ることになります。
この世に一度も悪いことをやったことがない人間がいるわけがないと開き直る裘千仞ですが、
洪七公が出てきます。洪七公は自分は相当人殺しをしているが、殺した人物は全て悪人だと言います。
洪七公の武術は圧倒的で、裘千仞を追い詰めます。
洪七公がとどめを刺そうとしたときに、一灯大师がそれを遮ります。
そして当時裘千仞は卑怯な手を使ったが、あの時子供を救わなかったのは自分だと言います。
一灯大师は裘千仞を救おうとします。
裘千仞はそれに感動して一灯大师に弟子入りすることにします。
一灯大师が今回华山に来た理由は20年前の出来事を解決するためでした。华山论剑に出るつもりはないようです。
裘千仞を連れてそのまま帰っていきます。
瑛姑はとうとう周伯通を見つけましたが、周伯通は逃げ続けます。

そして天下一を決める時間になり、东邪がやってきます、南帝は退出、西毒は未到着、北丐はやる気なし。。。です。
黄蓉は提案します。師匠である洪七公と父、黄药师がそれぞれ郭靖と戦い、手数が少なく倒せた方が勝利だと、そして3百招以内で倒せない場合、
靖哥哥が天下一というのはどうだと言います。
郭靖と黄药师が戦います。郭靖の武術は進歩していました。黄药师は300招以内で勝つことができませんでした。
黄药师は郭靖をほめます。

続いては洪七公との戦いです

感想

結局すべてが丸く収まった形で最後の華山論剣になりました。
郭靖と黄药师の戦いは引き分けとなり、続いて洪七公と郭靖の戦いになります。
戦っている洪七公とてもかっこよいです。舞台となった华山に行ってみたいですね。