異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

頭痛が治らないので、上海の薬局に頭痛薬を買いに行ってきました。

今回プールに行った後、一日経過してから頭痛が止まりません。急に運動したからでしょうかね?
頭痛になると何もしたく無くなるので、仕事がなければまだいいのですが、仕事中は非常に困ります。
ということで頭痛薬を買いに行きました。

中国で薬を買うのって結構勇気がいります?そうでもないですか?
私は慣れてしまったので、まあ普通に買ってます。頭痛になった時いつも使っている頭痛薬ですが、
店員さんに前に使っていたやつの写真をを見せました。

http://www.sonnagaya.com/entry/20130610/1370825487

非処方薬(非处方药)の薬はOTCと書かれています。これはOver The Counterという意味らしいです。
ちなみにこの薬、布洛芬缓释胶囊(Fenbid Ibuprofen Sustained Release Capsules)は中美史克という中国メーカーの薬です。


店員さんは今はそれの強いバージョンがあると言われ、0.4克(グラム)になったと言います。
以前は0.3克(グラム)だったようです。よくわかりませんが、

「じゃあそれにします」

といってもらいましたが、中国の薬局ってそのあとの話がいろいろと面倒です。
とかいろんなことを言って他の薬も買わせようとします。
内容は大体こんな感じ。。。
いつも頭痛なのか?風邪をひいているのか?ビタミンは足りているのか?
いつも頭痛の場合、この薬は痛み度めなので根本的な効果が無いといい、漢方薬を進めてくる。
風邪をひいているというと、風邪薬を進めてくる。
そしてなぜかいつもですが、ビタミンCを良く取ると良いと言い、ビタミンCのサプリを進めてくる。
結局大丈夫だと言って頭痛薬だけを買いましたが。。。

レジの時にお約束の貴方韓国人かと。。。
聞いてきたので、「いいえ日本人です」と言うと中国語うまいねと。。。
いや。。外国人って分かる時点でだめじゃん。。いつも思ってます。