異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

射雕英雄伝(2017)The Legend of the Condor Heroes 47話 楊康の最後


2017年版射雕英雄传(郭靖=杨旭文,黄蓉=李一桐)です。
射雕英雄传は爱奇艺で見ることができます。

47話 楊康の最後

俗话说,人算不如天算。
杨康自以为算无遗漏,没想到不仅让郭靖一行人跑了,他们还被宋兵追赶至此,他们打算今晚就在铁枪庙休息一晚。
杨康は自分の作戦は完ぺきだと思っていましたが、郭靖達を逃がしてしまいました。
彼らは宋兵達の追撃からも逃げています。
杨康達は铁枪庙で一晩過ごすことにします。


黄蓉は柯镇恶に願い事をします。彼の手に指を使って
「告知我父,何人杀我」父にだれが私を殺したかを伝えて
と書き飛び出していきます。
そして欧阳锋を欧阳伯伯と呼び、フレンドリーに話しかけます。
時間稼ぎでしょうか黄药师が全真派の道士達に追われていると話します。
周伯通が九阴真经の武術を忘れて父に挑んできたらまためんどくさいと話しだします。
そして黄蓉は欧阳锋に父が九阴真经上の怪文(奇妙な文章)の謎を解いたと話します。
欧阳锋に父、黄药师を救ってほしいと頼みます。これに欧阳锋はまんまとつられます。
夜が明けてから救いに行くと話しだします。
傻姑は黄蓉を見て喜びます。黄蓉は傻姑に江南六怪が亡くなる前の状況を確認します。
黄药师はやはり先に桃花岛を離れていたようです。

欧阳锋は九阴真经を手に入れたも同然の状態です。黄蓉も逃げられません。
欧阳锋は黄蓉に何が知りたいと聞き、全て教えると話します。
そして黄蓉は自分が推測した江南六怪殺害のの真相を話しだします。
黄药师が去った後、杨康は欧阳锋は桃花岛に上陸
欧阳锋は黄药师の服を着て杨康といっしょに墓に行き、傻姑に江南六怪を呼んでこさせます。
暗い墓室で欧阳锋と杨康は簡単に柯镇恶意外を始末します。
柯镇恶は目が見えないのでだれが犯人かを知る方法がありません。そして黄药师がだとしか考えられません。
しかし、韩宝驹と南希仁が亡くなった時に書いた字は東ではなく西、つまりは西毒の西、
そして黄ではなく杨康の杨だったと話します。
杨康は黄蓉の推測に感心しますが、なんでそれを推測できたかを問います。
黄蓉は墓で拾った小玉鞋を取り出します。それを見て顔色が変わる杨康。。。。
これは杨康が持っていた念慈の形見ともいえるものです。
しかしこれは朱聪盗が盗んでいました。
この玉鞋には「比」と「招」の字が書いてあります。
比武招亲で杨康と穆念慈が知りあった時のものです。
黄蓉はこの玉鞋の片方は穆念慈が持っていたはずだと言います。
郭靖が受けた华筝の婚約解除の知らせも嘘でしょうと推測します。
杨康も隠そうとはしません。杨康は武穆遗书がモンゴルに行ってしまうと面倒だと考えたようです。


それを聞いていた柯镇恶は後悔します。もし自分が黄药师が凶手だと決めつけなければと。。。
郭靖と黄蓉を無理やり引き裂き、黄蓉をこのような危険にさらしてしまったことを悔しくて
握っていた杖を少し動かしてしまいます。
少し音が出たのでみな注目しますが、黄蓉は気をそらさせるために欧阳克の話をします。
そして欧阳克は実の息子だったのでしょうと真相を少し話します。
それを聞いた欧阳锋はなぜそのことを知っていると問いますが、曲三酒馆で起こったことは全て見たと言います。
郭靖がどうやってやったのかを話せという欧阳锋ですが、黄蓉は郭靖ではないと言います。
そしてあの日、欧阳克が曲三酒馆で亡くなった事件の真相を直接話しても欧阳锋は信じないと考えます。
そしてオブラートに包み、全真派の直弟子だと話します。
それを聞いていた杨康は緊張してものすごい汗をかいていました。
黄蓉は傻姑を誘導して杨康がやったと傻姑に話させます。
そして杨康が欧阳克を殺した目的は欧阳锋を師匠にするためだと話します。
これを聞いて杨康はもう何も言わずにうろたえるだけです。
そして狂ったような目で、黄蓉に向けて一撃、掌打を打ち込みます。
杨康がはなった掌は黄蓉の软猬甲で、さらに南希仁が中毒で死ぬ際に黄蓉に掌打を当てた場所でした。
软猬甲のとげで杨康の体に毒が感染します。すぐに精神が錯乱して、苦しみ出します。
完颜洪烈は黄蓉に解毒剤をよこせと言いますが、黄蓉はこれは自分の毒ではないと言います。
そうですこの毒は欧阳锋の毒です。
完颜洪烈にあんたの息子は死ぬべきではなく、自分の息子は死ぬべきだと言うのかとはなし、
欧阳锋は自分の毒はだれにも解毒は出来ないと言います。
完颜洪烈は手下に連れられてその場を離れます。

夜が明けて杨康は念慈の幻を見ながら外に出ていき、そのまま亡くなってしまします。

铁枪庙に残ったのは欧阳锋、黄蓉、柯镇恶です。
黄蓉は自分の父は助けなくてもよいが別の人間を助けてくれと言います。
欧阳锋は柯镇恶だと推測して出て来いと言います。柯镇恶は黄蓉に逃げて真相を郭靖に伝えろと言いますが、
それでは駄目だという黄蓉、しびれを切らした欧阳锋は柯镇恶をやろうとしますが、
黄蓉は柯镇恶の安全を確保するためにここを離れようと言います。
離れる際に柯镇恶に絶対に手に書いた約束を忘れるなと言って去っていきます。

柯镇恶は悔やんでも悔やみきれません。
彼ができることはすぐに黄药师を探しだすことだけです。
傷ついた足で歩いていると雕の声が聞こえます。
柯镇恶はこれは郭靖の白雕だと確信します。
すぐに郭靖と全真派の丘处机、王处一がやってきます。
柯镇恶は郭靖に真実を話します。
郭靖は誤解していたことを後悔します。
こんなことをしてしまって蓉儿に合わせる顔がないと。。。。