異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

射雕英雄伝(2017)The Legend of the Condor Heroes 46話 武侠達が結束


2017年版射雕英雄传(郭靖=杨旭文,黄蓉=李一桐)です。
射雕英雄传は爱奇艺で見ることができます。

46話 武侠達が結束

洪七公は八月十五に醉仙楼で武術比べがあり、自分はそれを楽しみにしており、今日戦うと言うなら阻止すると言います。
今日は八月十四です、戦うなら明日にしろと言います。
欧阳锋達は洪七公のメンツを立てて今日戦うことを中止します。

夜になります。醉仙楼にも明かりがともります。昼間いた武道家達はその場で過ごします。

欧阳锋は西毒と呼ばれています。东邪の黄药师達と対峙しして話をします。
黄药师は普段から忠義だの善良だという輩を嫌っています。それに意気投合しそうになりますが、
しかしそう言いながらも黄药师は忠臣孝子は尊敬に値すると言い出します。
そして天下の興亡については国民の一人一人に責任があると話します。
それを聞いていた郭靖は目覚めます。個人の恨みよりも武穆遗书の方が大事だと。

杨康、完颜洪烈達は船の上でその夜を過ごしていました。
八月十五になり欧阳锋と完颜洪烈は沙通天、彭连虎達に攻撃するように言います。
全真派、郭靖、柯镇恶達が迎え撃ちます。
杨康は欧阳锋に弟子入りして腕を上げています。柯镇恶に対して有利に立ちます。
郭靖も手が回りません。黄蓉は手を出そうとします。杨康も挑発してきます。
そして杨康が「江南七怪就剩下一人、还要仇人相助」江南七怪も残り一人、さらに敵に助けてもらうとは。。
と話します。
黄蓉はその言葉に対して注目します。
なぜ江南七怪はあと一人しかいないと知っているのかと。。。
杨康が柯镇恶に手を出した瞬間、黄药师がそれを阻止して、杨康は吹っ飛んでいきます。

周伯通がやってきます。この賑やかな感じは彼がもっとも楽しめる状況です。
黄蓉は周伯通に老毒物と戦えと言います。


その時突然大量の金兵がやってきますそして毒の煙を放ちだします。
郭靖達は醉仙楼内に逃げます。
彼らは恩怨はあるが今日は一緒に金人に対抗しようと決めます。
郭靖は武穆遗书を取り出し、彼らの目的はこの書だと言います。
だれか手錬に保管してくれと言います。
杨康は弓を放つように命令します。欧阳锋は毒蛇を放ちます。
弓は四方八方から飛んできて、さらに毒蛇も入ってきます。
そして武穆遗书は結局郭靖が持つことに。。。
そしてたとえ今日しんだとしても郭靖と武穆遗书だけはここから逃がすと。。。

絶体絶命の中、柯镇恶は突然醉仙楼には密道があることを思い出します。


杨康達が中に入った時には既に郭靖達はいませんでした。
醉仙楼の裏の港に出ます。
全真派は柯镇恶に礼を言い、先にその場から去っていきます。
黄药师は桃花岛でおこったことをはっきりしようとしますが、柯镇恶は断ります。
洪七公は黄药师と連れて去っていきます。

黄蓉は周伯通に裘千仞を殺しに行けと言います。(瑛姑の復讐)
周伯通はわけがわかりませんが、それに従います。
黄蓉は裘千仞を取り除くことによって、彼に追われている郭靖も助かると考えたようです。
靖哥哥は自分と絶交した形ですが、やはり助けたいという気持ちがあります。
郭靖は柯镇恶を連れて逃げますがすぐに侯通海達に囲まれます。
郭靖は戦いますが、師匠を守り切れません。。
危ない所を黄蓉が助けます。

黄蓉は郭靖が大丈夫だと見て、柯镇恶を連れて逃げます。
黄蓉は柯镇恶を連れて金兵の追撃を逃れ、铁枪庙に逃げ込み隠れることにします。
黄蓉は廟の中の鉄槍を柯镇恶の杖代わりに渡します。
そして突かれたので眠ることにします。
柯镇恶は彼女が眠ったことを知り、黄蓉を殺そうとします。その後自殺しようと考えます。
すると突然外から声が聞こえ、黄蓉は目覚めます。
完颜洪烈達も铁枪庙にやってきました。
黄蓉と柯镇恶は石像の後ろの幕に隠れます。
杨康が誰かいないかを確かめて回ります。
見つかるかもしれません。。。その時傻姑も入ってきて、杨康は調査をやめます。