異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

射雕英雄伝(2017)The Legend of the Condor Heroes 45話 黄药师VS沢山の達人


2017年版射雕英雄传(郭靖=杨旭文,黄蓉=李一桐)です。
射雕英雄传は爱奇艺で見ることができます。

45話 黄药师VS沢山の達人

黄药师と全真教達は戦い始めます。しかし黄药师は強すぎます。
全真教の数人では相手にもなりません。丘处机は全真教の兄弟たちの戦いを見て、手助けしようと下に降りて行きます。
そして天罡北斗阵を使います。この陣形は黄药师でも手こずります。
それでもついに全真教の尹志平が負傷してしまいます。
柯镇恶もこの戦いを見ていましたそして加勢に入ります。
洪七公と柯镇恶は一緒に来たようです。その時郭靖も戦いを見ていました。
郭靖も下りて戦王と思いまいたが、洪七公に止められます。そして見ろと。。。
黄药师は人を傷つけるつもりがないと。。さもなければ尹志平の傷はこんなに軽くはないといいます。
郭靖は洪七公に黄药师が5人の師匠を殺したといいます。
洪七公はそれを信じようとしません。
黄药师が有利になってきて、郭靖は見ていられずに助けに入ります。
黄药师に師匠たちの敵だと叫び向かっていきます。黄药师も釈明はしません。
彼の関心は蓉儿がどうなったかだけです。
郭靖の助けがあり形成は逆転します。郭靖は黄药师を遣ろうとしますが、
全真教の马钰がそれを止めます。
马钰はこれだけの人数で黄药师と戦い勝ってもあまり勝ったとは言えないと考えているようです。
しかし黄药师が全真派の谭处端と周伯通の敵だというなら討つしかないと、黄药师に説明を求めます。
郭靖は黄药师は敵だが、あの時の真相を話すといいます。そして谭处端は欧阳锋の手に掛って亡くなったといいます。
さらに周伯通は亡くなってはいないと説明します。
これについては洪七公も証明するといいます。
これで全真派と黄药师の因縁は無くなり、解決しますが、
郭靖は師匠たちの復讐を持ち出します。
黄药师はその件は知らないといいますが、郭靖は信じません。黄药师は説明もしません。そしてじゃあだからどうなんだと言い出します。
黄蓉がやってきます。黄蓉は父の性格を知っています。しかしこの状況ではどうしようもありません。
柯镇恶が突然倒れます。郭靖はこの場は引き下がり、明日黄药师の命を取りに来るといい去っていきます。
黄蓉は川辺であわてています。父も説明する気がないようで、洪七公は黄蓉に話しかけます。
この事は真犯人を見つけてこそ潔白が証明されるといいます。

柯镇恶は毒にやられていたようです。丘处机はその毒を取り除く為に協力します。
江南七怪は現在柯镇恶一人になってしまいました。
柯镇恶の心の中は復讐だけで満たされています。自分の命を使って郭靖に黄药师を殺すように無理やり誓わせます。
もし黄蓉が誘惑してきたら自分は無残に亡くなり、永遠によみがえらないと。。。。
郭靖はこのような呪いの言葉を誓いたくはなかったのですが、大师父に言われて涙ながらに誓います。
このことを外で黄蓉が聞いていました。
靖哥哥の苦悩を知り、自分も少し目頭が熱くなります。

夜になり洪七公と黄药师は酒を酌み交わします。
洪七公は黄药师に郭靖に誤解を解くように説得をすることはしません。
いまの任務は5人の師匠たちをやった犯人を突き止めることです。

この時黄蓉と郭靖は湖であっていまいた。
郭靖はこれからはもう会わないと決別を言います。黄蓉の言葉には涙が交じっています。
状況が分からない中、黄蓉は靖哥哥と別れたくはありません。

柯镇恶がやってきて黄蓉に向かって杖で攻撃します。
郭靖はそれを止めますが、結局、師匠の味方をします。
黄蓉は傷つきその場を去っていきます。

一夜明け、約束の時間になります。郭靖は一人で決着をつけるつもりです。
黄蓉は父を殺すなら、先に自分を殺せと話します。
郭靖は困りますが、柯镇恶があの誓いを忘れるなと話します。
郭靖は黄蓉に向かって掌を放ちますが、結局自分に掌を当てます。
郭靖は吐血します。これはあの時の曲三酒馆での恩を返したものあといいます。
これで恩は消したといいます。そして結局、大师父に出来ない。。。といいます。。。

この時欧阳锋達がやってきます。
そして黄药师と全真派を消しかけます。黄药师が戦わないのを見て欧阳锋は自ら戦おうとします。
洪七公がその状況を上からずっと見ていました。そして話すことがあると言い、下りてきます。