異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

射雕英雄伝(2017)The Legend of the Condor Heroes 39話 鉄掌山での武穆遺書をめぐる駆引き


2017年版射雕英雄传(郭靖=杨旭文,黄蓉=李一桐)が始まりました。このドラマは爱奇艺で見る事ができます。
全52話です。翻訳しながら書いていて思いましたが、このドラマって小説をもとに何回もリメイクされているんだったら、
内容って昔と同じじゃない??ことばもきっと同じだよね。。。
まあ自分の勉強のためです。がんばって後少し書いていこうとおもいます。


39話 鉄掌山での武穆遺書をめぐる駆引き

二人は山の洞窟にある石門の前に到着します。簡単に開きそうにありませんが、郭靖が少し押すと扉が開きます。
中から裘千丈がいそいそと出てきます
二人をみます。七日後の約束は裘千丈が提案したものです。郭靖、黄蓉は疑い、郭靖は彼の手を確かめます。
やはり软猬甲の傷がありません。
二人はどういうことかをといつめます。裘千丈も隠さずに話します。
自分と弟である裘千仞は双子の兄弟だといいます。
体が弱かったので弟に老帮主から武術を習う機会を譲ったと話し、これは不公平だと。。
そしてこの宝ものも半分は自分のものだと話します。
そして裘千丈は武穆遗书を持っていました。
外から拍手が聞こえます。杨康が入ってきましたそして郭靖のことを大哥と呼びます。
黄蓉は怒って誰が大哥だといいます。
この世の中で穆念慈以外にだれが彼をまじめだと認めるものかと。。。
杨康は演技を続けるのを止め、武穆遗を渡すように言います。

山の下も騒がしくなってきています。
完颜洪は部下を引き連れて裘千仞と対峙します。金兵で山は囲まれているようです。
裘千仞は彼らが山に火を放つのを止められません。

二指节では煙が蔓延してきます。郭靖達は逃げられません。
完颜洪烈は穆念慈を使って脅してきます。穆念慈はずっと完颜洪烈を殺そうと思っていて失敗しました。
今回例え自分が死んでも武穆遗书を完颜洪烈に渡したくはありません。
隙をみて崖から飛び降りてしまいます。

それをみた杨康は慌てます。大声で念慈を呼び、追い掛けようとしますが、止められます。
穆念慈はがけに落ちながら杨康に戻ってこいと叫びます。

彼女はすでに遺書を書いていました。


郭靖と黄蓉は火を避けるため仕方なくさらに山を登ります。
郭靖は黄蓉を背負い足取りはますます遅くなっていきます。
逃げ道はありません。郭靖は突然白雕を呼びます。白雕がやってきました。
これに賭けるしかありません。二人は白雕に捕まり山を下り、一時逃げることに成功します。

杨康は全てをそっちのけで、狂った様に念慈を探します。

逃げる郭靖達ですが、しかし、道がわかりません。兵が追いかけてきます。二人は瘴気が漂う林にたどりつきます

裘千仞達が追手を差し向けてきます。がこの林には入らないようです。

郭靖は黄蓉を背負って歩きますが、林の中に小屋を見つけます。
しかし小屋の前には黑沼泽、遍布阵法が布かかれています。
黄蓉は奇门遁甲に精通しています。その陣を簡単に抜けます。
黑沼泽を抜けた二人は部屋の門をたたきます。

声が聞こえ、二人は中に入ります。
そこには白髪の女性(瑛姑)がいました。術法の演算に専念しているようです。
黄蓉はひと眼見て結果がわかります。瑛姑は驚きます。

黄蓉はまた指摘します。瑛姑は黄蓉の実力を信じたようです。

裘千仞の声が聞こえます。二人をよこせと。。。。が、しばらくして去って行ったようです。
瑛姑が苦労して作っていた渾天儀が壊れてしまいます
瑛姑は郭靖と黄蓉に落とし前をつけさせようとしますが、郭靖は自分たちは洪七公の弟子だと話します。
そして裘千仞が自らやってきた理由を知ります。
黄蓉が铁砂掌にやられたと話すと、瑛姑は痛み止めを渡します。
しかし黄蓉は慎重になります。これは普通の人がくれたものではないと。。。。
瑛姑は黄蓉が躊躇しているのを見て、道理をしらないのかといい、痛くなるのをまつがいいといいます。
瑛姑の言葉づかいはとても悪いです。郭靖はそれにたえられずここを離れようといいます。
瑛姑はここに一人で10年住んでいるようです。性格も変です。
瑛姑は離れると言ってすぐに離れられるとおもうのかといいます。
そして戦いになりますが、瑛姑はあっさり郭靖に負けてしまいます。。。。。
10年修行したにもかかわらず、こんな小僧に負けるとは。。。と悲しみます。

黄蓉の受けた铁砂掌は持って数日ということのようです。
瑛姑は彼らの深い感情をみて表情を暗くします。そして昔の詩を話します。
四张机,鸳鸯织就欲双飞・・・と
郭靖はどこかで聞いたような気がします。黄蓉もです。しかし思いだせません。
瑛姑はもし黄蓉を救える人がいるとしたら世の中に一人だけだといいます。
彼女は3つの锦囊を渡し、红黄蓝の順に開けと話します。そして桃源县につくまで中は見てはいけないと。。


黄蓉は調子が悪くなり、郭靖が九花玉露丸を取り出すと瑛姑の目つきが変わります。
なぜ桃花岛の仙药を持っているのかをといます。そして黄蓉が黄药师の娘だと知り、锦囊を回収します。
郭靖は瑛姑に考え直すように言いますが、黄蓉は返すように言います。
瑛姑は冷たく笑って、自分は桃花岛に恨みを晴らしにいこうと考えていたが、
黄药师の娘がこんなに凄いことをしって、希望を無くしたといいます。
そして锦囊を再び彼らに渡し、さらに九花玉露丸は黄蓉の体に良くないといい、飲まないように言います。

感想

裘千仞の鉄砂掌は相当威力があるようですね。背中をちょっと叩いただけのようでしたが。。。。
瑛姑が大したことないのか?黄蓉がすごいのか。。。