異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

射雕英雄伝(2017)The Legend of the Condor Heroes 38話  鉄掌山で穆念慈と楊康が結婚


2017年版射雕英雄传(郭靖=杨旭文,黄蓉=李一桐)が始まりました。
全52話です。翻訳しながら書いていて思いましたが、このドラマって小説をもとに何回もリメイクされているんだったら、
内容って昔と同じじゃない??ことばもきっと同じだよね。。。
まあ私は見てないし、自分の勉強のためです。がんばって後少し書いていこうとおもいます。
爱奇艺

38話 鉄掌山で穆念慈と楊康が結婚

铁掌帮の服を着ていたので呼び留めれられ食事を運ぶように言いつけられます。

状況がやばくなってきましたが、穆念慈が呼び留めます。


2人を部屋に入れる穆念慈、ここはそんなに簡単に忍び込める場所ではないといいます。

杨康がやってきます。穆念慈はあわてて、書を奪おうというのであれば機会は明日だけだと話します。

見つかりそうになる所を、茶碗を落とし、二人を匿います。
穆念慈はこの場から離れるために(二人を逃がすために)杨康と外に出ます。
辛女岩という場所にいき、そこに伝わる物語を話します。

杨康は穆念慈のためにこの場で結婚すると完颜洪烈に話します。
完颜洪烈は最初は同意しませんが、よく考えてOKを出します。
しかし酒が3順回ったらすぐに山に登り武穆遗书を奪いに行けといいます。
杨康はその話を聞いて眉を険しくします。念慈を利用して誤解を招きたく無かったからです。
しかし完颜洪烈は忠告します。杨康は仕方なくOKします。
完颜洪烈は包惜弱が生前好きだった珠钗を穆念慈に送り、自殺を図った時の事を聞きます。

穆念慈は魚をみていて遊んでいたら不注意で落ちたと話しました。
完颜洪烈の眉が動きます。以前杨康に聞いた時と話しが違います。
穆念慈をみて考えます。どっちが嘘をついているのかと。。。

铁掌山では市場が盛り上がっています。
杨康はとてもうれしそうに子供のプレゼンをを買っていました。
完颜洪烈の事はありますが、結婚することを喜んでいます。

穆念慈は紅色の衣装に着替えます。
顔は無表情で少しもうれしそうではありません。
式が始まります。三拜高堂を行ってから、穆念慈は完颜洪烈にお茶をつぎます。

完颜洪烈は穆念慈の以前の行動から考え、お茶が熱いといいます。
お茶は穆念慈の手に再び戻り、穆念慈は息を吹きかけて冷まします。
完颜洪烈は穆念慈が水に落ちた時、二人の答えが違っていたことに疑いを持ちお茶に毒がないか確かめたようです。

穆念慈はお茶を一口飲んで再び完颜洪烈に渡します。
完颜洪烈は袖で隠して一口お茶を飲みます。

裘千丈は裘千仞の部屋にいき、金目の物を漁っています。

その時ちょうど侯通海にあってしまいます。侯通海は酔っぱらっていたので彼が手にした宝石をプレゼントだと考えます。
裘千丈がもっていた巾着には郭靖の名前が書かれていましたが、適当にいいわけをして逃れます。

郭靖と黄蓉は完颜洪烈達の様子をみて今日が結婚の日だと考え、武穆遗书を奪いに行きます。

角笛が鳴り、それを聞いた裘千仞は様子を見に行くといいます。
完颜洪烈はこの状況はちょっとおかしいと考え杨康に見に行くように言います。
その時、穆念慈毫が血を吐きます。
梁子翁はその血をみてすぐに鹤顶红(絶対に死ぬ毒薬)だといいます。
杨康はあわてます。いったい誰が念慈を殺そうとしたのか。。。。
完颜洪烈は冷たい目で穆念慈を見て、穆念慈のやったことを暴露しますが、杨康は信じません。
穆念慈は冷たく笑いながら答えます。
なぜ?死んだ义父の為、生まれてくる子供の為、罪がない郭靖の家族の為だといいます。
彼女が生きている唯一の望みが完颜洪烈を亡き者にすることだと。。。
しかし完颜洪烈はお茶を飲んではいませんでした。穆念慈にはそのまま死んでもらうつもりです。

郭靖達は山に登りましたが、山の道は全て塞がれてしまいました。
もう山を登るしかありません。

杨康は学んだ瞬息千里で上まで行けると言います。
しかし杨康は穆念慈が心配でなりません。
完颜洪烈は穆念慈の命を利用して杨康を脅します。
杨康は仕方なく上に登ることにします。

郭靖と黄蓉は登る途中で裘千仞と出くわします。

裘千丈だと思ってなめていた黄蓉は一撃をくらってしまいました。

しかし裘千仞も黄蓉の软猬甲で傷付きます。さらに裘千仞は酒のなかに迷药が入っていた様で、うまく動けません。
郭靖はその隙に黄蓉を抱えて逃げます。
郭靖にとってはどんなことよりも蓉儿が大事です。
武穆遗书が手に入らなくても、山を降りて助けるといいます。
黄蓉は山を登ろうと提案します。
黄蓉は死んでも靖哥哥が武穆遗书を手に入れる邪魔をしたくないようです