異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

射雕英雄伝(2017)The Legend of the Condor Heroes 34話


2017年版射雕英雄传(郭靖=杨旭文,黄蓉=李一桐)ドラマを見ています。
全52話です。東方衛視での放送は終わってしまいましたが、爱奇艺等でも見ることができます。
爱奇艺

34話 奪われた打狗棒

欧阳克は大喜びで得意になります。抱いたり、匂いを嗅いだりして美人を弄びます。
杨康が入ってきました。それを見てやばいと思った欧阳克は穆念慈を開放しようとしましたが、
杨康は女性などいくらでもいると話し欧阳克の警戒を解きます。
そして隙を見て刀を出し、欧阳克を殺害します。

杨康は穆念慈達3人の点穴を解き、欧阳克を埋葬して出ていくつもりでしたが、
欧阳克に刺さっている小刀に郭靖の名が刻まれているのをみて、何かを考え、そのまま立ち去ります。
傻姑は隠れてそれを見ていました。打狗棒を持って彼らを負います。黄蓉が焦ります。
打狗棒は大切な杖です。
郭靖は問題ないと慰めます。
傻姑はなぜか打狗棒を杨康にあげてしまいます。

欧阳锋が曲三酒馆にやってきました。すでに欧阳克は亡くなっています。刺さっている小刀には郭靖の名が。。
欧阳锋は欧阳克に自分が本当の父であることを伝えます。
この仇は取ると言って亡骸を抱いて去っていきます。

杨康が打狗棒を持っていることで丐帮弟子が礼をしてきます。
杨康は意味がわかりませんでしたが、丐帮兄弟が帮主の杖だと話してしまいます。
杨康は良いものを手に入れたと考えます。
杨康を見て丐帮弟子達は疑いもせず、丐帮大会の話もしてしまいます。
杨康が打狗棒を手に入れた事で完颜洪烈も喜びます。これで丐帮に邪魔されることがなくなると。。。


杨康は欧阳锋に弟子入りの話をしようとしますが、完颜洪烈は焦り過ぎだと話し、時期を待とうといいます。
完颜洪烈が部屋にもどると穆念慈が部屋にいました何をしているのかをといだだしますが、
穆念慈は貴方のためにお茶を沸かしているといいます。完颜洪烈と少し話して穆念慈は去っていきますが、
完颜洪烈はそのお茶を飲まないようです。
穆念慈は毒薬を持っていましたが、幸いにも今回は毒を盛っていませんでした。
外に出て穆念慈は一人、もっと信頼を得ないといけないと考えます。


後数時間で七天七夜が過ぎます。黄蓉と郭靖は笑います。やっと解放されると。。。
陆乘风の手紙を受け取り郭靖が牛家村にいると知った江南七怪がやってきます。
笛の音と共に、黄药师もやってきます。郭靖が蓉儿を死に追いやったとして、その師匠たちに復讐をしに来ます。
江南七怪は黄药师の相手ではありません。皆傷ついていきます。
郭靖はこれ以上は耐えきれなくなり飛び出し、黄药师を止めます。
しかしその瞬間口から何度も吐血します。
黄蓉も飛び出し、黄药师は安心します。
そして手を合わせて郭靖の傷を治します。


幾つかの誤解は解けました。
黄蓉は父を密室に連れていきます。ここには宝物がたくさんあります。
もしあの時、曲灵风達弟子の足を折ってを追い出さなかったら侍卫にはやられなかっただろうと。。
残った傻姑のめんどうをみるといいます。
傻姑を桃花岛に連れていき自分の武術の全てを教えると。。
傻姑は紙を持って入ってきます。老顽童の言伝です。七月十五の岳州大会を忘れるなと言うものでした。。
黄蓉は傻姑から打狗棒は杨康がもって行ったと推測します。
自分は帮主にならなくても丐帮を杨康の手に渡してはいけないと考えます。

黄药师は郭靖にも桃花岛に来いと話します。
黄蓉はそれを聞いて笑顔になります。
黄药师は郭靖を受け入れる事にしました。
郭靖の師匠たちも黄蓉を受け入れます。

その時、雕声が聞こえます。郭靖は不好と言います。华筝達に何かあったと話します。
华筝、托雷達は捕まっていました。裘千丈は托雷の巾着を奪います。
その巾着には郭靖の名前が。。。
大金六王爷の命令だという裘千丈、罵られますが、お構いなしです。
すると暗器が飛んできて华筝達は救われます。そして郭靖達も現場につきます。
华筝は郭靖に抱きつきます。複雑な黄蓉。。。


感想

今回、楊康の悪知恵がまた働きましたね。でも穆念慈は一途に楊康を信じています。この心境はちょっとわかりません。
打狗棒は竹の杖のはず?ですが、ドラマではどう見ても玉に見せたプラスチックのようです。玉だとすぐ割れてしまうと思いますが。。。その辺はどうなんでしょうかね。
黄药师が少し郭靖を受け入れました。まあ前途多難ではありますが、このドラマ、続きもあり、また有名すぎて先が分かっているのがちょっとあれですね。