異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

射雕英雄伝(2017)The Legend of the Condor Heroes 32話 黄薬帥の気持ち


2017年版射雕英雄传(郭靖=杨旭文,黄蓉=李一桐)が始まりました。
全52話です。東方衛視での放送は終わってしまいましたが、爱奇艺等でも見ることができます。
爱奇艺

32話 黄薬帥の気持ち

点穴を疲れて動けなくなった3人を放置して
沙通天達は、密室に向かいます、扉を開かれ黄蓉は慌てます。おそらく隠しきれないと考えますが、
笛の音が聞こえてきます。沙通天達はあわてます黄药师の笛の音です。
彼らはこの笛の音を船の上で聞いています。それだけで彼らはまた逃げていきます。
これは黄蓉が吹いた笛でした。彼女は碧海潮生曲も吹くことができました。
逃げ出した彼らは今回の笛の音は内力を破壊されていないことに気づきます。そして戻って正体を暴いてやるといいます。
密室に近寄ると傻姑がやってきます。そして近寄ってはいけないと。。その話を聞かずに進もうとすると、
傻姑は幽霊だ!と叫びます。
彼らが振り向くと面をかぶった黄药师が立っていました。
しかし彼らは最初本物だとは信じませんが、本物だと分かると去っていきます。
黄药师は彼らの点穴を開所すると自己紹介する孙不二にも出て行けといい去らせます。

残った陆冠英、程瑶迦と傻姑は全て自分の孫弟子です。
夜になり蠟燭が焚かれます。黄药师は陆冠英と程瑶迦がお互いに気があるということに気づきます。
それを見て娘蓉儿を思いだします。あの日、郭靖との仲を阻止しなければ蓉儿も死ななかったと。。。
孙不二が归云庄は全真派に釣り合わないとして反対されたという陆冠英ですが、
黄药师はそういうならなおさら陆冠英と程瑶迦を結婚させるといいだします。
そして今すぐ結婚して洞房しろといいます。
黄药师は傻姑を連れて外に出ていき、笛を吹きます。二人を淫らにさせる算段のようですが、
この笛は中にいた欧阳克の心を乱します。欧阳克は耳をふさいで耐えます。


郭靖と黄蓉は密室でその様子をのぞき、羨ましく思います。
しかし笛の音に郭靖も耐えられず、郭靖は黄蓉に近づいていきます。
郭靖の体に突然痛みが走ります。心をみだされ、黄蓉に近づいたため彼女の着ている软猬甲に刺されました。
瞬間に目覚め郭靖は公開します。これでは欧阳克と区別がないと。。。
今は重症だから防御できなくても仕方がないと黄蓉は慰めます。

黄药师は再び周伯通と欧阳锋を追いかけます。
何としても郭靖の居場所を聞き出すつもりです。

杨康はあわてて一件の農家に入ります。
ベッドには生気のない穆念慈が寝ていました。
身投げをした穆念慈はどうやら農民に救われたようです。
しかし彼女には生きる意志がないといい医者は後の準備をしたほうがよいと話します。
杨康には何が起こったのか分かりませんでした。杨康は涙をながします。
自分の心のなかでの彼女の重要さを説明しますが。。。

孙不二は丘处机、马钰、王处一等の师兄を呼んでいました。黄药师を見つけて問いただすといいます。
丘处机は杨康を見つけます。杨康は穆念慈が溺れたと話します。
丘处机達は疑いもせずに彼女を救おうとします。医者の診断では弱ってはいるが、お腹の子供は無事だといいます。
丘处机は杨康を咎めますが、求人が先です。
丘处机は医者に針治療を進めます。
马钰は郭靖の居場所を聞きます。杨康は郭靖は黄药师に殺されたと嘘をつきます。
全真七子は黄药师に落とし前を付けにいくことにします。

其の頃、黄药师はずっと周伯通を追いかけ、郭靖の居場所を聞き出そうとしています。
殺された娘の敵だという黄药师、周伯通は心の中で笑いながら、蓉儿が生きていることは言わないでおこうと、少しでも彼を傷心の状態にしておこうと考えます。
周伯通は彼らに曲三酒馆がゴールだといいます。
それをこっそり裘千丈が見ていました。

全真七子が曲三酒馆に勢ぞろいしています。郭靖の仇打ちの件を討論しています。
密室で聞いた郭靖と黄蓉も卑怯者の杨康を怒ります。
外から大声が聞こえてきます。裘千丈です。周伯通が黄药师に殺されたと嘘をつきます。
全真七子はそれを聞き、师叔の敵をとるといいます。
裘千丈はそれを話しした後、こっそりと逃げていきます。

郭靖の心も落ち着きがなくなります。出て行って彼(裘千丈)の言う話しは信じてはいけないと言いたくてたまりません。
全真七子は7人ですが、それでも彼らに勝ち目はありません。
全真七子は天罡北斗阵を使って黄药师に挑むつもりのようです。
しかしそこに現れたのは梅超风でした。