異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

射雕英雄伝(2017)The Legend of the Condor Heroes 16話 黄药师登場


2017年版射雕英雄传(郭靖=杨旭文,黄蓉=李一桐)が始まりました。
全52話です。東方衛視での放送は終わってしまいました。
見逃した人は爱奇艺等でも見ることができます。
爱奇艺


16話 黄药师登場
裘千仞のペテンを見破り、黄蓉の心のなかでは裘千仞が言った黄药师が亡くなったという話しも嘘ではないかと考えます。
裘千仞は洪七公が言っていたといいますが、洪七公と黄蓉達はずっと一緒にいたのでそれも嘘だと分かります。
黄药师が亡くなったという話しは全く信用できないものになりました。
裘千仞の嘘がわかった所で、裘千仞を追いだします。

梅超风は杨康を開放しろと話しだします。
陆乘风は梅超风になぜ金人に力を貸すのかを問います。
梅超风の心にはただ復讐のみがあります。この国のことなどどうでもよいといいます。

黄蓉は梅超风と陆乘风に私が父(黄药师)に言ってたのんであげるといいだします。
二人は喜びます。しかし梅超风はそれでも復讐を捨てようとは考えていないようです。
江南七怪と梅超风の因縁は長い間続いていますが、今日おさめてやってもよいという江南七怪。。
梅超风は郭靖と三招内で倒せなければ諦めてもよいと話し、戦いが始まります。
三招どころか、数十発攻撃を話しますが、梅超风はやめようとしません。
そして梅超风は郭靖に傷を負わせます。
江南七怪は弟子のピンチに手助けに入ります。
しかし梅超风は強く、相手になりません。黄蓉は梅超风が耳を使って判別していることを考え、
郭靖に音のない掌(无声掌)をつかえと指示します。郭靖はそれを使い梅超风に負傷を負わせます。

その時一人の高人が現れ梅超风を連れ去っていきます。この高人の武功はものすごい高いようです。
皆はそれをただ見ているだけしかできませんでした。
(この高人は黄药师ですが、面をしていたので誰も分かりませんでした、数日前、寺で梅超风を救ったのも彼です)

黄药师は孤独で傲慢ですが、弟子がやられるのは気に食わないようです。
梅超风を回復させ、さらに方法を授けるから无声掌を破れと話し、再び归云庄に行くように言います。

郭靖を助けるため江南七怪は傷つきました。柯镇恶の傷は重いようです。
柯镇恶は郭靖と口頭では子弟関係を切ると言っていましたが、心のなかでは一番心配していたようです。

郭靖は師匠たちの心の中を知り、温かさを感じます。しばらくしてまた梅超风がやってきます。
今回は梅超风に黄药师の助けが入り、郭靖の无声掌を打ち破ります。
郭靖が危うくなってきた時に、黄蓉が邪魔をしに入り、さらに面をかぶった男に爹!(父さん)と呼びます。
面をかぶった男は誰が貴方の父か!と話しますが、
黄蓉は他の人はだませても自分はだませないと話します。
黄药师は面を取り正体を明かします。

陆乘风に案内され黄药师は部屋に入ります。
陆乘风と梅超风は膝まづき謝ります。さらに黄蓉からも許してあげてと助言されます。
黄药师は陆乘风の息子陆冠英を試します。そして陆乘风が桃花岛の規則を守り息子にも武道を教えていないことを知ります。
そして陆乘风の息子に武術を教えることを許します。そしてさらに秘籍を渡し、これに書かれている内容を続ければ足は治ると話します。

梅超风にはまず盗んだ九阴真经をだせといいます。
梅超风は探しますが、どこか出なくしたようです。
そして江南七怪が盗んだと話します。江南七怪の朱聪がやってきて
自分は九阴真经を盗んでいないと話します。
陆乘风も朱聪は信じられると黄药师を説得します。
それをみた後、黄药师は梅超风に跗骨针を施します。
(跗骨针は一年後に毒がまわってくるという術のようで、黄药师が解除しないと助からないというものです。)
そして3つの要求をします。
1.九阴真经を見つけそれをみたものは全て殺すこと。
2.兄弟弟子とその後継者を探し归云庄に連れてくること。
3.独自に修行した九阴真经の功夫を自ら無くすこと。


黄药师と黄蓉は二人で部屋のなかで話していました。
黄蓉がやたら郭靖の話をするので黄药师は面白くありません。
黄蓉はそれに気づきすぐに話を変えます。

次の日、黄药师は黄蓉を桃花岛に連れて帰るといいます。
その時丁度郭靖が修行をしていました。
黄药师の性格は風変わりで、郭靖の降龙十八掌で梅超风がやられたので
桃花岛は笑い物になると言いだし、郭靖を困らせます。
江南七怪もやってきましたが、黄药师は彼らを相手にしません。
郭靖を殺すといいだします。黄蓉は仕方なく父に一緒に帰るといいます。
郭靖も一か月後、桃花岛にやられに行くと答えます。
黄蓉、黄药师が去りました。

郭靖は陆乘风に杨康を開放してほしいと頼みます。
杨康と一緒に連れてこられた段天德は杨康と通じたことで陆冠英に捕まっていましたが、
許しを請います。郭靖はかわいそうだから許してあげてほしいと頼み、陆冠英もそれに応えます。
郭靖は去ろうとしましたが、段天德は自ら名前を名乗り感謝の言葉を話しますが、
その名前を聞いたとたん郭靖はの気持ちは豹変します。

感想

郭靖は黄药师に一か月後やられに行くという約束をしました。馬鹿正直ですね。
今回ついに段天德を見つけました。どうなるのでしょう。