異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 中国旅行記メニュー

 スポンサーリンク

射雕英雄伝(2017)The Legend of the Condor Heroes 13話 黄蓉と穆念慈の和解

2017年版射雕英雄传(郭靖=杨旭文,黄蓉=李一桐)が始まりました。
見逃した人は爱奇艺等でも見ることができます。また爱奇艺のVIPであれば放送前の4話をみることができます。
爱奇艺
古い2008年版(郭靖=胡歌,黄蓉=アリエル・リン)はYOUKUで見ることができます。

13話 黄蓉と穆念慈の和解

洪七公は黄蓉に針の使い方を教えます。
さらに黄蓉に欧阳锋が毒蛇を飼っている理由を教えます。
欧阳锋には敵が多すぎるから蛇に手助けさせているといいます。

黄蓉はひとりで修行していました。昼になって郭靖と洪七公が食事を持ってきますが、
黄蓉は見つかりません。
黄蓉は欧阳克に連れ去られていました。
欧阳克は黄蓉に貴方は唯一の存在だと話し告白します。
黄蓉は逃げ出すためにわざと感動したふりをして妻になるといいます。
欧阳克も叔父と一緒に桃花岛に行き、結婚の話をするといい、纏まりかけます。
黄蓉は欧阳克に縄を解けというと、欧阳克は自分は馬鹿ではないと。。。
そんな話には騙されないといいます。
そして黄蓉に迫っていきます。しかし黄蓉は软猬甲を着ているので手だしできません。
欧阳克は黄蓉を連れて西域に帰るといいます。

郭靖と洪七公は黄蓉を探しますが見つかりません。郭靖は欧阳克の仕業ではないかと考えます。
洪七公は丐帮達に探させますが、結果が同じでした。
郭靖は泣きだします。しかし蓉儿は賢いから必ず目印があるはずだと突然思いつきます。
付近を探す2人。。。そして黄蓉が残した绣花针が見つかります。それをだどって行きます。

欧阳克が黄蓉を馬車に乗せ西域に帰ろうとするとき、郭靖と洪七公が現れ遮ります。
そして郭靖は洪七公に教わった降龙十八掌で欧阳克と手合わせします。
欧阳克は劣勢になり、去っていきます。

黄蓉を無事に助けることができました。
林の小屋にもどると洪七公は今度こそここを去るといいます。
黄蓉も今回は強くとめません。どうしても行くなら食事を食べてから行ってほしいといいます。
黄蓉は食材を買いに行きますが、そこで穆念慈を見かけます。
黄蓉は丘处机が前に話した郭靖との結婚の話を思い浮かべ穆念慈の邪魔をします。
黄蓉は穆念慈の懐にある郭靖の名前が書かれた匕首を奪います。
穆念慈は取り返そうとしますが黄蓉に点穴を突かれ動けなくなります。
穆念慈は黄蓉が郭靖のためにやっていると知り、黄蓉に自分の好きな人は郭靖ではない、絶対に結婚はしないと話します。
それを聞いた黄蓉は安心します。
そして穆念慈を林の小屋に招きます。その時木の上から字の書かれた葉っぱが落ちてきます。
それをみて洪七公が去って行ったことを知ります。

黄蓉は穆念慈を連れて帰りました。夜、穆念慈は湖辺で杨康の玉佩をみながら彼のことを考えていました。
黄蓉はその玉佩をみて穆念慈の好きな人は杨康だと知ります。
穆念慈は杨康は赵王府で責任を果たすといい自分は先に牛家村に帰ると話します。
黄蓉は杨康を疑いまが、穆念慈は彼を信じるといいます。

托雷と哲别モンゴルの二人はテムジンの命令で宋と同盟を結ぶために来ていました。
华筝も郭靖を思い隠れて着いてきていました。

赵王府では完颜洪烈がその話を聞き付け、杨康にこの蒙古と宋の同盟を阻止するように言います。
梅超风は郭靖から教わった内功心法を修行し、足は動くようになっていました。
杨康は梅超风に一緒に南下して临安に行ってほしいと話します。
梅超风はOKしますが、自分は修行があるので別れて行くといいます。現地临安で落ち合うといいます。

穆念慈は街で杨康の手下を見つけ、夜屋敷に忍び込み様子を見に行きます。
黄蓉も穆念慈を見かけついていきます。杨康之声を聞いた穆念慈は杨康がまた悪いことを考えているのではないかと考えます。
穆念慈は杨康になぜ金人の手助けをするのだとといつめます。
杨康は临安に来たのは武穆遗书を探すためだと。。。穆念慈はそれを信じてしまいます。
杨康は穆念慈を抱こうとしますが、穆念慈は自分はそんな女ではないと拒否します。
杨康は武穆遗书を見つけたら牛家村で結婚すると話します。
穆念慈もそれに応えずっと待っていると話します。

感想

この点穴をついて簡単に動けなくしてしまう技、これ中国のドラマではよく出てきますが、
本当にこんな便利なものあったら習いたいですねwww。
穆念慈は簡単に杨康を信じてしまいますが。。
やはり好きになってしまうとそういうものなのでしょうね。