異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

射雕英雄伝(2017)The Legend of the Condor Heroes 12話 洪七公と降龍十八掌


2017年版射雕英雄传が始まりました。
直近では2008年版があったようですが、約10年前の画像で結構見るのは厳しいかもしれません。
東方衛視の月曜、火曜にそれぞれ2話づつ放送されています。
一週間に4話なので割と追いかけやすいと思います。
見逃した人は爱奇艺等でも見ることができます。また爱奇艺のVIPであれば放送前の4話をみることができます。
爱奇艺

12話 洪七公と降龍十八掌

杨康と穆念慈が燕京を離れようとしたとき、穆念慈は杨康に全てを忘れましょうといいます。
しかし完颜洪烈が追ってきました。
杨康の心に迷いが発生します。杨康は話しがあるといい完颜洪烈と王府に戻っていきます。
完颜洪烈は杨康にずっと本当の自分の子供と同じように育ててきた、
そしてこの王位も杨康のものだといわれ心が揺らぎます。
穆念慈を先に牛家村に帰らせ、自分は残って武穆遗书を探すといいます。

洪七公が郭靖に武術を教えないので黄蓉は残念がります。しかしこういう強い人に会う機会もそうそうありません。
黄蓉は郭靖に自分がいじめられたり、連れ去られてたりしたら探してくれるのか問います。
郭靖は天涯海角どこに行っても見つけ出すと答え黄蓉は喜びます。
洪七公は黄蓉の作った料理を食べた後なかなかおいしい料理に巡り合えません。
洪七公は仕方なく黄蓉と郭靖を探しに行きます。
黄蓉は洪七公が木の上にいることを察して上手いこと洪七公を懐柔します。
黄蓉は食事を作りにいき、洪七公は郭靖に降龙十八掌の「亢龙有悔」を教えることになります。
黄蓉はおいしい料理と甘い言葉で洪七公を乗せ、降龙十八掌の「逍遥游掌法」を教えさせます。
郭靖が林で修行をしていると、梁子翁が現れ、蛇血を返せと迫ってきます。
郭靖はあわてて「亢龙有悔」を使います。
梁子翁は郭靖の武力がすごく上がっていることでますます郭靖の血を飲みたがります。
それでも郭靖は梁子翁を倒せませんが、黄蓉がやってきて今習ったばかりの逍遥游掌法を使います。
二人で戦っていると洪七公が現れます。梁子翁は驚いて逃げていきます。
林の小屋に戻り、黄蓉はおいしい料理を洪七公にたべさせます。
郭靖はこの時、この洪七公が丐帮の帮主であることを知り尊敬します。

黄蓉は拐弯抹角(回りくどく)洪七公にもっと郭靖に功夫を教えさせようと話します。
洪七公はさらに降龙十八掌の一招、「飞龙在天」を教えます。
郭靖の天賦の才はあまりありませんが、愚直に勤勉に修行をします。
黄蓉はずっと料理を作り、郭靖に洪七公の降龙十八掌を全部マスターさせようとしますが、
十五招を教えたところで洪七公は満足したようで帰るといいます。


林では蛇が大量発生していました。この蛇を殺すと欧阳克がやってきます。
欧阳克は黄蓉に恋愛感情を抱いているようです。
洪七公が戻ってきて欧阳克は帰っていきますが、
叔父の欧阳锋がやってきたらどうすると黄蓉は心配します。
洪七公は針で蛇に対抗することを考えます。郭靖と黄蓉に練習させますが、
郭靖はやらないといいます。
今は降龙十八掌の修行をすると。。。。
それを聞いて洪七公は郭靖を褒めます。

感想

やっと武林ものらしくなってきました。
降龍十八掌等は超人的な技ですね。