異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 中国旅行記メニュー

 スポンサーリンク

ティファニー・タンの「錦繡未央」南北朝時代のドラマ(43)


このドラマ錦繡未央ですが、私は爱奇艺で見ています

43話

拓跋余は未央の手を引っ張り、あなたは私の者だといいます。

拓跋浚は遠くでそれをみていました。そして興奮して未央に拓跋余が母を殺した主犯だと言いたくなります。
しかし承德が拓跋浚を我慢させます。

敏德は安乐公主に説教をしています。そして宮廷内では騒ぐなといいます。
このとき皇宫ではもうひとつにぎやかな場所がありました
拓跋迪が嫁に行きたくないと叫んでいます。

敏德はこれを聞いて九公主に必ず阻止すると説得します。もしできなかったら貴方を連れてここを離れると。。
そしてそうなったら一緒に行ってくれるかと問います。
拓跋迪は貴方と一緒であれば何処へでも行くといいます。

焦统领は隠れて李敏德をつけていました。そして任務の件を忘れるなと忠告します。

安乐は常茹の挑発を受けます。そして浣衣局にいき文句を言いだします。柔然を「蠕蠕」(のろま)と言ったようです。
そして経緯を聞く前に安乐は物を壊し始めます。
未央は心のなかで疑惑を覚えます。自分が話していない事を。。誰かが背後で手を引いて居ると。。
常茹は安乐と未央を仲たがいさせることに成功します。
安乐を殺害して未央に罪を着せる予定です。
常茹はわざと未央を慰めます。未央は気にしていないといいます。
そして白芷死の事、李长乐の事、いろいろ考えます

拓跋迪は安乐公主が浣衣局で暴れたことをしります。
未央を助けにいきますが、武術比べで負けて未央は50叩きの刑になってしまいます。
幸いにも李敏德が現れて未央が助けられます。
李敏德は拓跋迪に説教します。公主はなきながら走っていきました。

安乐は遊びで近衛兵たちを撒き一人で逃げ出します。
李常茹はこの機会を見逃しません。蓉儿に暗号を送ります。
この時、浣衣局には未央を訪ねる青叶という宫女が。。。青叶は未央に一緒に来てくれといいます。
未央は付いていきますが、なにかを察して戻ることにします。
このとき常茹和と蓉儿に出くわします。

安乐公が見つからないという知らせが入ります。
皇帝は捜索令を出し捜索されます。
みなが安乐公主を探している時に常茹は蓉儿と話しています。
死体はすぐに見つかるだろうと。。。母の言うとおり自分は絶対に妾にはならないと。。。
常茹は自分のアリバイを作りに宮殿から出て长乐に会いにいきます。
死体には洗衣局の腰牌を握らせておいたようです。

災いはまたしても未央に降りかかります。
李未央は常茹に会って話をしたとアリバイをいいますが、
呼ばれた常茹はその時长乐と一緒に居たと言います。
そして常茹は李未央に助けたいが嘘は付けないと謝り、話します。

未央は再び牢にいられられます。李未央はこれで分かりました。
李常茹が白芷を殺した犯人だと。。。
拓跋余はこの一切が李常茹のやったことだと知っています。
李常茹の首をつかみ絞め殺そうとします。そしてどんな手を使っても未央を救うと言います。
李未央に何かあったら一緒に殺してやると話します。