異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

ティファニー・タンの「錦繡未央」南北朝時代のドラマ(42)

本来は今日から春節休みです。今頃たぶんどこかをうろついているはずです。


このドラマ錦繡未央ですが、私は爱奇艺で見ています

42話

生死がわからなかった叱云南は亡くなっていませんでした。
拓跋余の手下が叱云南を救って治療していました。
承安は拓跋余に叱云南が目覚めたとほうこくします。拓跋余はすぐに叱云南に会いにいきます。
拓跋余は叱云南を手下にすることに成功します。

九公主は白芷の死を申し訳なく思っています。未央の侍女を守れなかった事を。。。
李敏德にどうやって申し開きをするかを。。。

柔然の使者が大魏にやってきます。民たちは柔然使団を侮辱します。
一緒についてきた安乐公主は不満です。
護衛兵は子供を捕まえ黙らせようとしますが、李敏德が阻止します。子供だからわかっていないと。。。

李敏德は再び宮廷に入ります今回は近衛兵ではありません。
柔然の王子としてです。吐贺真の息子として条約を結びに来たようです。
魏帝はさげすんで話します。姫と引き換えに両国間で通商しようという吐贺真の提案に良い意見だといいます。
そして李尚书にこの元烈王子を知っているかと話します。
李家三房の養子が柔然可汗の王子だったとは。。。
皇帝は柔然王子を育て、北凉公主を娘としていたこれはどういうことだと。。。
李敏德は李尚书の代わりに説明します。
自分は李家に育ててもらった恩があり李家を傷つけたり、大魏を傷つけることは決してないと話します。
皇帝は李敏德は道理をわきまえていると見て、李尚书に軽い罰を与えます。一年年俸なしです。。。


焦统领は姫を贈るということで、魏側も柔然に姫を嫁がせてほしいと提案します。
これで両国の平和はながく続くと言います。
李敏德はそれを聞いて勝手に話しだした焦统领を怒ります。自分を王子として見ているのかと。。。。
魏に姫は一人しかいません。それは九公主、拓跋迪です。それを父に嫁がせるのは李敏德としても本意ではありません。

皇帝は先に九公主の気持ちを聞くことにします。
九公主は始め、李敏德に嫁ぐものだと思い同意しますが、その父だと聞いて怒りだします。
しかし皇帝はそのまま話を進める方向です。

李敏德は浣衣局で未央を見つけます。未央はこのとき初めて敏德が柔然王子だと知ります。
李敏德は未央と再会して喜びます。そしてあるプレゼントを渡します。
李敏德の近衛兵の一人は君桃でした。未央は敏德搭が君桃を救っていたことをしり驚きます。

李敏德は皇帝に対して、拓跋迪と柔然可汗吐贺真の婚姻は合わないと言い、考えなおすように仕向けるつもりです。
皇帝は庭で柔然使团と宴会をします。
宴会の席で安乐公主は九公主に問題を吹っ掛けます。
こまる九公主でしたが、未央がそばで九公主を助けますそして逆に安乐公主に難問を吹っ掛けます。
安乐公主は面子をつぶされました。
李常茹はこの安乐公主の性格を利用しようと考えます。

安乐公主と結婚させられそうになる南安王は仕方ない感じでしたが、未央が慰めます。
しかし南安王が好きなのは未央です。いつか未央を自分の王妃にしようと考えています。