異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

ティファニー・タンの「錦繡未央」南北朝時代のドラマ(28)


このドラマ錦繡未央ですが、私は爱奇艺で見ています

28話

拓跋余の屋敷に呼ばれた李常茹は、自ら作った点心を拓跋余に届けます。
そこで偶然未央の秘密を聞いてしまいます。
そして拓跋余が未央のことをどう思っているのかを探ろうとします。
常茹は故意に拓跋余の前で昭仪娘娘が今回拓跋余の嫁を選んでいるのではないかと話します。
拓跋余は常茹に愛情は自分にとってはどうでもよいことだと話します。
そして大切なのは「忠心」だと話します。
常茹は以前に府内で聞いた未央にたいする求婚の話をします。
未央の気質からして殿下にたいしての「忠心」など考えられないと。。
拓跋余は李未央には李未央の価値があるといい、「忠心」を考えるなら李未央は常茹に及びもしないと話します。
そして自分の心のなかでのあなた(常茹)は他とは違うといいます。

常茹は家に帰って李敏峰が調べていた北凉公主の絵を調べます。顔はつぶされていましたが、
胎记の位置は一緒です。そして未央が心儿公主だと決めつけます。
この話が外に出れば未央は必死无疑です。

李长乐は太子府にいき太子妃に気にいられるための手を打ちます。
わざと太子妃の侍女に聞こえるように狩りの際に拓跋浚を助けたことを漏らします。
その情報は侍女から太子妃に伝わります。
太子妃はますます李长乐を息子の嫁にしたいと考え、拓跋浚が帰ってきたら皇帝に頼もうとしています。

敏德と君桃は夜も休まず未央の手がかりをを探しています。
敏德はあばら家で未央と拓跋浚がいちゃいちゃしているところを見て嫉妬します。
未央に声をかけずに一人で林の中に走っていきます。
拓跋浚は無事に帰ってきました。
太子妃は早速皇帝に結婚の話をしますが、拓跋浚は了解しません。そして皇帝の前で喧嘩し出します。
太子妃は李长乐の外見、善良でやさしい感じを話しますが、
拓跋浚は自分が理解している李长乐都は全く違うと話します。
皇帝は李未央なのか?と聞きます。拓跋浚はそうだといいます。
皇帝は李长乐をもう一度見てから決めると話します。

未央が帰ってきました。府ないの人々はそれぞれの方法でで迎えます。

太子妃は絶対李长乐を嫁にすると言います。拓跋浚が何を言負うと聞く耳を持ちません。
李长乐は太子府に拓跋浚を訪ね平安符を渡します。
拓跋浚はこの平安符を受け取りたくないと思いましたが仕方なく受け取ります。

李敏德は約束通り、焦统领と柔然に帰るつもりのようです。
行く前に未央の髪飾りをもらいます。
未央は敏德の事情をしらないので好きな人でもできたのかとからかいます。

九公主は李敏德をつけていました。意図せず敏德の身世をしってしまいます。
被焦统は知られたからにはやるしかないといいますが、
李敏德は九公主を守ります。
公主もこのことは絶対誰にも言わないと話します。


李长乐は叱云南と一緒に皇帝に謁見します。
叱云南と太子妃は李长乐を褒めまくります。
皇帝も李长乐の見方を変えたようです。
李长乐は皇帝と太子妃の指示を得て喜びます。

太子妃は病気になった様です。看病する拓跋浚に李长乐と結婚しろといいますが、聞き入れません。