異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

中国西北シルクロードの旅(9)トルファン火焰山のいろいろな伝説

中国旅行 旅行 新疆 新疆ウイグル自治区 トルファン 吐鲁番 シルクロード

前回に続きシルクロードの旅です。新疆ウイグル地区トルファンに来ています
前回まではこちら

2016-10-05日
トルファン最初の観光地は火焰山です。
この山の山肌は夏になると80度にもなるそうで、陽炎が出ることから燃えているように見えたのでしょうかね?

この真っ赤な山はいろいろな伝説があるようです。 ウイグル地区に来て思ったのですが、観光客が少ないと感じました。この国慶節時期でこれだけしかいないので、 中国人にとって新疆は怖い場所なのでしょうかね。。人がいないことは良いことです。
またこの辺の人達は普通語の発音も悪いですね。
火焰山を車で突っ切ります。

火焔山

火焰山(Flaming Mountains)

火が燃えているように見える山、火焰山です。 しばらく車を止めて火焰山鑑賞です。

火焰山の最高峰は831.7mだそうです。下の写真が最高峰の場所です。 また火焰山にはいろいろな伝説があります。

火焰山大名鼎鼎,可谓妇孺皆知。一提到它,大家首先想起的就是《西游记》和孙悟空。孙猴子如何大闹天空,踢翻了太上老君的炼丹炉,火炭从天而落,便在吐鲁番形成了“八百里火焰,四周围寸草不生”的火焰山。

西遊記では孫悟空が閉じ込められていた八卦炉の破片が地上に落ちてトルファンに火焔山ができたと言われています。
私は西遊記自体小さいころに見ただけなのであまり詳しくありませんでしたが、中国では非常に有名な伝説のようです。

火焔山最高峰

孙悟空还要千辛万苦借来芭蕉扇,三下扇灭熊熊烈火,否则“就是铜脑壳、铁身躯”,过得山来“也要化成汁”。

また孫悟空が芭蕉扇を借りてきて三回煽ると火が消えたとか。

火焔山

其实维族民间另有一个版本。传说天山深处有条恶龙,专吃童男童女。一位维族勇士为民除害,与恶龙苦战三天三夜,终于把恶龙斩为八截。死后的恶龙化为大山,流出的鲜血染红了山脉。

もうひとつウイグル族の昔話では天山山脈に悪い龍がいて、人を食べていました。そこに勇者がやってきて3日三晩戦い退治したときに龍の体が8つに分かれ、山になり、血が山を赤く染めたと伝えられています。

火焔山

火焔山の中にあるベゼクリク千仏洞に向かいます。


ベゼクリク石窟(柏孜克里克石窟)

20世紀に入って列強諸国はシルクロードの遺跡を探して回ったそうです。その中でドイツの探検家が見つけた石窟が、このベゼクリク石窟(柏孜克里克石窟)石窟だそうです。 ウイグル語ではきれいな絵がある場所というこ美しく飾られたところという意味があるそうです。
丸い屋根はウイグル様式です。

ベゼクリク石窟(柏孜克里克石窟)

ここベゼクリク石窟でも中の壁画は撮影禁止です。壁画はシルクロード独特の模様、宝相華紋(ほうしょうかもん)の模様使用されています。

撮影禁止

ここの石窟はもともと仏教の石窟だったのですが、新疆地区にイスラム教が入ってきた時、イスラム今日は仏像などの崇拝が禁止されているので、仏像などがすべて破壊され、またイギリスなどに奪われてしまったそうです。 それがイギリスの博物館に今ははあるそうですが。。。
現存する仏像はなく、壁画は顔が破壊されています。ガイドさんが学生時代の時に修復作業を手伝ったことがあるそうです。

ベゼクリク石窟(柏孜克里克石窟)

こういうものは修復すればするほとだんだん分けわからないものになりますね。
今存在するものは修復されすぎて価値がなくなってしまってる気がします。

f:id:shan1tian2:20161005133149j:plain

ここからもきれいな火焔山の風景を見ることができます。 この石窟の下には川が流れています。 f:id:shan1tian2:20161005131726j:plain

ここでもラクダに乗れるようです。写真だけなら10元だそうです。



それにしてもすごい山ですね天気が良ければもっときれいなんでしょうけど。。。残念です。
火焰山の絶景を正面からもうちょっと見ていたかったです。

火焔山

次はミイラを見にアスターナ古墓へ向かいます。

アスターナ古墓

アスターナ古墳(阿斯塔那古墓群)

アスターナ古墓

高昌国と唐時代の住民の墓地だそうです。この墓地にはミイラが保存されています。
どうやら一般人のミイラのようですね。

アスターナ古墓

観光客はほとんどいません。ミイラは博物館でも見れるし、ここの墓をわざわざ見に来る人はあまりいないでしょうね
この通路の中にお墓があり、ミイラがありました。お墓の中は撮影禁止です。

アスターナ古墓

階段のアップ

アスターナ古墓

ちなみにここで発掘されたミイラは他にもトルファンの博物館や、ウルムチの博物館に保管されているそうです。 火焔山付近にはもう一つ世界遺産の高昌故城がありますが、先に昼食をとることにします。





続く