異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

ティファニー・タンの「錦繡未央」南北朝時代のドラマ(12)

このドラマ錦繡未央ですが、私は爱奇艺で見ています 今のところ平日19:30分から2話づつ放送しています。
書いている間にテレビのほうは50話まで進みました。
約1ヶ月で54話終わらせるつもりのようですね。

12話

未央は全ての褒美を母に預け、如意を老夫人、凝神香を周氏にあげます。
未央は周氏を訪ねると、会わせたい人がいるというので行ってみると、そこには何と弱り切った紫烟が寝ていました。
大少爷(李敏峰)は紫烟を相当叩いたようです。周氏はそれを見て、こっそりここに連れてきたようです。
紫烟は未央に謝りそのまま気絶したように亡くなります。
未央は心の中で紫烟の復讐を誓います。
李家では未央が安平县主に封じられるということで宴会が開かれ洋としています。
七姨娘は未央の体の胎记(痣)を見つけそれについてを医者に聞きます。

未央は花園で拓跋余に後ろから脅かされます。危うく下に落ちそうになりますが、拓跋余が助けます。
しかし今度は助けた拓跋余が落ちそうになり、未央が助けます。
拓跋余もどうやら未央に興味があるようです。拓跋余はその時に落ちた簪を未央の頭に直接さします。
これを見ていた敏德が未央を呼びに行きます。どうやら姉にやきもちを焼いていたようです。
安平县主の宴会ですが、未央は洪水の被災者もまだいることだし、質素に済ませます。
夜、莲花灯を放ち、皆で幸福を祈ります。その時、紫烟の亡骸が船に乗ってながれてきます。
みんな驚きますが、未央は皆の前で、李敏峰を責めます。
李敏峰が側室を叩き殺した件はすぐに広まります。
皇帝は怒り李敏峰を【充军】させます(死刑を免じられた囚人を辺境に流して兵役や労役に服させる)
そして永遠に戻れないように言い渡します。
叱云柔は夫、李萧然に一人息子を助けてほしいと皇帝に頼むように言いますが、
李萧然も圣旨には逆らえません。

李敏峰が流刑になる道中、君桃が現れます。
君桃は李敏峰に襲いかかります。李敏峰はどどめをさされる前、君桃の顔を見て姫といい、死んでいなかったのかと。。
死ぬ直前に許しを求め河西王府の件は全て叱云柔が仕組んだことだと話し殺害されます。

感想

李敏峰は思ったよりも早く亡くなりました。もう一人叱云南と黒幕、叱云柔が残ってます。
今回黒幕が誰かが判明しました。未央は皇族も仇だと思っているようでしたが、今回のことで君桃が未央に会い、 それを伝えることで気持ちが変わるのでしょうか?