異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

家の中に雨が降るんじゃない?湿気があまりにも多いので防潮箱を買いました。

暮らし文化 上海 カメラ用品 中国語

今年の上海はとても蒸し暑いです。
湿度がすごいことになっています。大袈裟ですが、冗談で家の中に雨降るんじゃない?みたいな感じです。

家の空気清浄機の湿度83%ってちょっとおかしい気がします。最近はずっと75%以上です。
これだけ湿度が高いと心配なのが霉(カビ)ですが、
タンスを見るとやはり少しだけ出ていました。。。。困りましたね。

防湿庫を探す。

私は特にカメラのレンズが心配です。と言うことでタオバオで防湿庫を探してみました。
まず迷ったのが、日本語で防湿庫という物は中国語でなんというのでしょうね。。
中国語では防潮箱(ファンチャオシャン)というようです。
そして探しだしたのが個の虫籠見たいなBOXです。気密性が保たれて、湿度計が付いています。
電子再生吸湿卡をつけて175元ぐらいです。



宅配便で一悶着ありました。ちなみに宅配便は中国語で快递(クァイディ)といいます。

使ってみる

防湿庫といってもただの湿度計付BOXなのでこのままでは効果がありません。
付属している電子再生吸湿卡が肝になります。まず最初、この中の粒粒がピンク色です。
ピンク色だと水分を吸収できないようです。コンセントをさして乾かします。

乾かすと中の粒粒が青色になります。この時点でコンセントを抜きます。
またすごく熱いので冷たくなるまでさまします。

冷ましてからBOXに入れます。
しばらくすると湿度が下がっていきます。



しょっちゅう出し入れしていると、また粒粒がピンク色になっていきます。
あまり使わないものだけ入れておくのが良いかもしれませんね。
やっぱり電源差しっぱなしの高級なものにすればよかったかな。。。
とりあえずこれでしばらくは安心です。