異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

武神趙子龍 三国志の英雄趙雲のドラマ(46)既生瑜何生亮


三国時代のドラマ、武神赵子龙。
私は爱奇艺(http://www.iqiyi.com/)で見てみることにします。
趙雲子龍が主役のドラマです。後4話です。
今回のタイトル「既生瑜何生亮」ですが、
この言葉中国では学校でも習うそうです。
瑜を生んでなぜ亮を生んだのかという意味ですが、
この瑜は周瑜ですね亮はもちろん諸葛亮です。


46話


孫権と周瑜は趙雲の練兵の様子を見ています。
孫権は赵子龙の武勇は知っていましたが、練兵も凄いと感じます。将軍の才能に感心します。
しかし周瑜はこの才能は将来的になるかもしれない人物のものだと言います。
周瑜は子龙を探し南徐城に曹軍のスパイが来ていると言います。
しかも将軍も来ていると言います。
城外の呉軍にスパイが混入しているかは今のところ分からないと言います。
もし逮捕せずに明らかになれば混乱を招くと話します。

赵子龙は周瑜が荆州の兵を使ってスパイを捕まえてほしいという意味だと言う事を理解しています。
周瑜は赵子龙に兵をひきつれてを夜中に入城するように言います。
赵子龙は周瑜の心の中を見抜いていました。
柳慎に500の兵を持たせを使って鲁肃共同でスパイを捕まえに行きます。
自分は大都督に付き添い江北の偵察をします。
周瑜と赵子龙は江北に着いて月を見ながら酒を飲みます。
夏侯惇が曹軍を率いてやってきます。しかし夏侯惇は過去赵子龙に痛い目に合っているので攻めてきません。
赵子龙は守衛の兵士たちにも酒を勧めます。


夏侯惇は戦いを挑みます。
しかし赵子龙の鍛えた兵は少ないもののとても強く曹軍を蹴散らします。


信号が放たれます。川を渡った北岸の呉軍から火矢が放たれます。
夏侯惇はこれ以上戦うのは無理と考え戻ることにします。


赵子龙は周瑜と仲良くしようと言いますが、周瑜は断ります。劉備は逃がさないといいます。
赵子龙は周瑜に柳慎はとっくに山谷で周瑜の用意した人物をとらえていると話します。
この者は曹軍と偽り、荆州兵を襲うと言う陰謀を全部白状したと話します。
赵子龙はこのことは国太と主公には話さないが、周瑜には劉備に危害を加えないように条件を付けます。
周瑜は苦笑いをして赵子龙が江东にいるかぎり、
劉備が大きな間違いを起こさなければ殺すことは出来ないだろうと話します。


刘备と孙尚香は結婚してもうすぐ1年になります。
刘备は毎日酒を飲んで、荆州の話はしなくなりました。
この日赵子龙は刘备を見て飲みすぎだと言います。
そして自分の心の思いを伝えます。成すべき大業はどうしたと。
にもかかわらず刘备は荆州は軍師がいるから大丈夫だとさらに国太と吴侯はよくしてくれると。。。
この何年かはすごく疲れた今はこうやって気ままを楽しむと話します。。


赵子龙はどうやって劉備を荆州に戻すかを考えます。
马玉柔がくれた3つの锦囊を思い出します。
急いで黄色の锦囊を開けます。赵子龙は劉備が急いで戻らなければならない理由を見つけます。
曹操が30万の軍を率いて荆州を攻めてきたと話します。
刘备はすぐに荆州に戻ることにします。


周瑜は追手を出しますが、诸葛亮は既に見抜いていました。
周瑜は吐血して兵を引きます。周瑜は諸葛亮に負けるのが悔しくて、
孫権に刘备を助けて西川(益州)を取ると見せかけて荆州に兵を送るように提案をします。
しかしこの周瑜の策も諸葛亮には通じません。周瑜が到着すると
关羽と张飞に城外に待機させ周瑜が赵子龙に門を開くように言いますが、赵子龙は門を開きません。
そのまま強行に攻めてくる周瑜ですが、关羽と张飞が横から攻めてきます。
周瑜はまたもや撤退することになります。
周瑜の体は弱っていました。
遺書を書いて魯粛に私、孫権に渡してくれと頼みます。
そして最後に「既生瑜,何生亮」と言い嘆きます。