異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

武神趙子龍 三国志の英雄趙雲のドラマ(43)劉備の婚姻[1]

中国時代ドラマ 中国時代劇 武神趙子龍


三国時代のドラマ、武神赵子龙。
私は爱奇艺(http://www.iqiyi.com/)で見てみることにします。
趙雲子龍が主役のドラマです。
赤壁が終わって今度は劉備の婚姻話です。
劉備について趙雲は呉に向かうことになります。
馬玉柔は本名を明かさないまま「牛玉」と名乗り絡んできます。
諸葛亮はもう誰か分かっているようでしたが。。。


43話

周瑜は魯粛から荆州は今葬儀をやっていると聞きます。
劉備の婦人である甘夫人が亡くなったようです。
周瑜は作戦を思いついたようです。これで劉備は大人しく荆州を差し出すだろうと。。。
周瑜は魯粛などの老家臣は賛成しないと考えて自ら孫権に話すことにします。孫権なら賛成するであろうと。。。
孙权は吕范を荆州に使わせ、劉備と妹である孙尚香の婚姻を持ちかけます。
諸葛亮はこれを支持します。吕范は国太がかわいがっている娘なので呉で婚姻を上げたいと話します。
刘备は自分が自ら行くということは呉の作戦に自らはまることだと心配しますが、
諸葛亮は聞いた瞬間すぐに周瑜の策略だと気づいていたようです。
諸葛亮は周瑜のこの策を用いて逆に上手くやる策を考えたようです。
つまりは劉備が孙尚香を妻にして呉から無事に戻ってくる作戦です。



马玉柔は马庆を連れて江夏に赵子龙を訪ねてきていました。
諸葛亮は赵子龙は主公と呉に任務遂行に行ったと話します。
马玉柔はすぐに呉に向かおうとしますが、
诸葛亮はならば手伝ってくれと言います。そして呉において事がうまくいかない時のための
锦囊を三っ渡し、これを赵子龙に届けてくれと言います。
马玉柔は喜んで承諾します。これでで子龙に会う理由ができたということです。
诸葛亮は子龙にあったらすぐに绿色の锦囊を開くようにいます。
そして年末に黄色の锦囊、呉から離れる時に危険な目に逢えば赤の锦囊を開くように託けます。


劉備は呉に来ていましたが、冷遇を受けています。孙权府に行くものの会うことはできません。
さらに魯粛でさえも出てきません。
劉備もこの婚姻が冗談ではないかと心配になります。江夏にも帰れないのではないかと心配します。
赵子龙は自ら再び孙府に向かいます鲁肃に会えなくても吕范はどうしているのかを調べるつもりです。
赵子龙は街で男装した马玉柔を見つけます。赵子龙はまた轻衣を見たと思ってしまいます。
赵子龙を見た马玉柔は自分の名前を「牛玉」と自己紹介します。
そして马玉柔は自分は孔明軍師の命令で貴方を助けに来たと話します。
そして绿色の锦囊を渡します。開いてみると
「先声夺人,兴风作浪,后通人和,拜访乔公」と書かれていました。
柳慎は街の中に主公(劉備)と孙尚香の婚姻の噂を広げます。
「先声夺人」は先に話しを広めろ言うことでしょう
すれば孫権は妹を差し出すと。。。


马玉柔は赵子龙と一緒に線香、ろうそく、着物、首飾品等、を刘备に代わって買い集めます。
马玉柔はある店で赤い着物(結婚式で着る服)に魅せられて試着することにします。

それを着た马玉柔を赵子龙が見ますが、赵子龙は轻衣を思いだし、苦しくなって去ろうとします。
马玉柔はすぐに追いかけます。そして貴方は主公の大業を助け英雄になりたいのでしょうと、
貴方には正義、英勇、善良がある、だからあなたを助けたい、追いかけたいと話します。
しかし马玉柔は赵子龙のわけのわからない怒りを買います。
马玉柔はそれを受け止め答えを聞きません。
そしていつか自分の良い印象を赵子龙の心に残したいと考えているようです。


次はの策です。劉備と趙雲は大乔小乔の父である乔国老(乔公)を訪ねます。
乔公に婚姻の話をします。乔公は知らなかったようで、吴国太その話を持っていきます。
吴国太は孙权に使いを送りこの作戦の本当の意味を知ります。
吴国太は息子が美人の計を使って荆州を奪おうとしていることに怒ります。
外では赵子龙が太鼓を鳴らしながら贈り物を持って屋敷までやってきました。
孙权は仕方なく外に出て赵子龙にあいます。
自分は風邪をひいて刘皇叔を迎えに出れなかったと話し、準備が終わったら改めて訪問すると言います。
この日孙府では刘备を迎える宴会が行われます。
马玉柔は自ら刘备の化粧をします。劉備に10歳は若くなったと言います。
孙府に到着した刘备は謙遜して孫権が迎えに来なかったことに何も言いません。
吕范が迎える日を間違えたと話します。