異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて
スポンサーリンク

中国明時代の時代劇「女医·明妃傳」 50話 最終回

中国時代劇 中国時代ドラマ 女医·明妃傳

4月になりました。

女医·明妃传は
乐视网(http://letv.com),腾讯视频(http://v.qq.com/),爱奇艺(http://www.iqiyi.com/
搜狐(http://tv.sohu.com/),土豆(http://www.tudou.com/)等で見ることができます。

女医·明妃传は今回で最終回です。テレビはとっくに終わってしまってますが、翻訳は結構大変です。
長い間ありがとうございました。

最終回は奪門の変ということで再び皇帝位を奪うという話ですが、私の想像とは少し違う形でした。

50話 その後 The Imperial Doctress


正月前、雪が降る中、皇帝、允贤は英宗夫婦と宴会をしています。
同席している吴太后は面白くありません。
皇帝は少し体調がよくなったようです。
露骨にいやな顔をする吴太后。。。
皇帝は皇太子である见深をかわいがります。
子供の話を楽しそうにする皇帝に吴太后は何日生きるかもわからないと嫌味を言います。
皇帝はメンツを立てろと怒り出しますが、吴太后がさらに文句を言うのでまた吐血します。
太后は怒って出ていきます。
ここで宴会は終了になってしまいます。


夜雪の中、允贤は绿香に皇帝を皇后に合わせるなといいます。

f:id:shan1tian2:20160319170641p:plain
そこに英宗が心配してやってきます。绿香は気を聞かせてどこかに行きます。
二人はまた花火を見ます。今回また二人で見ることになるとは。。。
昔を思い出します。英宗は何があっても皇帝とあなたを平和に暮らさせると約束します
雪がひどくなってきます。
英宗は允贤にもう一度自分を元宝(英宗の幼名)と呼んでくれと話します。
それにこたえる允贤。。。微笑む英宗。。。
地面に雪で字を書きだします
「扎基亚」という言葉です。これは前に允贤が英宗に教えた言葉で朝鮮の言葉で夫婦を意味する言葉です。
そういって英宗は子供が待っている、お大事にと言って帰ろうとします。
涙を流す允贤、英宗は帰っていきます。


皇帝の処に帰る允贤、皇帝は今日はうれしかったといいます。
母のことは気にするなといいます。母は自分のことしか考えていないと。。。
今までのことを話し私には何でこんな母がいるのだと。。。
明日は新年です。


夜中に突然血を吐く皇帝、そばにいた允贤がびっくりしておきます。
すぐに人を呼びます。脈を測り、針を打ちますが、皇帝は允贤の顔を見ながらそのままなくなってしまいます。
程村霞がやってきますが、すでに。。。
太后もやってきて程村霞に何とかしろといいますが。。。もう遅いと話す程村霞。。。
太后は泣き崩れます。そして允贤にあなたのせいだと話し怒り出します。
允贤を押し倒しますが、允贤のお尻からは血が出てきました。。。そのまま気を失う允贤。。。


允贤はかすかに目を開き、子供を産んでいる様子、いろいろな様子がかすかに允贤の頭は走馬灯のように回ります。



夜明け。。。英宗の処に曹吉祥と石亨がやってきます。
皇帝が病気で亡くなり、贵妃(允贤)は早産で子供を産み吴太后は贵妃(允贤)を殉葬(一緒に葬る)つもりだといいます。
さらに汪国公をまどわせて兵を率いて宮廷に入り、生まれた子供を皇帝にしようとしていると話します。
英宗はすぐに宮廷に向かいます。
そして門を開けさせます。乾请宫に入った英宗。。しかし誰もいません。
曹吉祥と石亨は謝りだします。説明を求める英宗
そこに孙太后と静师太が入ってきます。
自分が彼らにこうさせたと話します。
殉葬は本当で允贤の子供はすぐに流産してしまったようで、汪国公の話は嘘だといいます。
太后はすぐに皇帝に戻ってほしいと話します。さらに静师太も同じ意見だといいます。
英宗はそれはできないといいますが、批判は孙太后が自分が何とかすると話します。
そして孙太后は英宗の母は自分がやったのではないと話します。本当に病気だったと。。。
それを王振が英宗に取り入るために利用しただけだと。。。
そういって孙太后は英宗に跪き誓います


その話は後だといい、允贤を助けに行こうとします。皇帝位につくならすぐに助けに行くと話孙太后。。


皇帝の寝室では吴太后が皇帝の死体に話しかけすぐに允贤もそこに送ってあげるといいます。
目をつぶったままの允贤に何かをしようとします。
英宗が入ってきます。
允贤はせき込みます。刘平安が允贤が出血しているのを見つけ、自分に任せろといいます。

景泰八年正月               景泰8年の正月
太上皇朱祁镇               先帝朱祁镇が
呼开东华宫门               東華門を開かせ
重复帝位史称夺门之变           再び皇帝となった歴史では奪門の変と呼ぶ
故景泰帝朱祁钰降为郕王密不发丧      亡くなった朱祁钰(景泰帝)は郕王に格下げされ、ひそかに葬式が行われた。。
十日之后邸报郕王以重病          10日後、郕王は病気になり宫内の西苑で亡くなった報告される
亡于宫内西苑               


場面は南戏班(雑技団)王道士と陈碧娘が允贤の話をしています。
王道士は允贤を見に行ったようです。
どうやらまだ目覚めていないようです。もしかして永遠に目覚めないかもしれないと。。。


允贤を見ているおばあさんと皇帝(英宗)、
おばあさんは毎日来なくてもよいといいますが、
皇帝は毎日彼女を見ると心が安らぐと話します。
おばあさんは皇帝にそんなに允贤を重視しているのなら何で朱祁钰と允贤の皇后の位を廃したのかを質問します。
皇帝は朱祁钰と允贤が正式な妻(正室)になって一緒に殉葬させたくなかったと話します。


ある日、目覚める允贤は男装をしてこっそりと宮廷を抜け出します。
皇帝が見に来たときはすでにいませんでした。


f:id:shan1tian2:20160319170704p:plain
ある冬の日、皇帝は允贤の父、杭钢と話をしています。允贤はまだ帰ってきていないようです。
皇帝は允贤のことを考え今回は捜索をしないことにします。
皇后、见深がいる、さらに政治もしないといけないと話す皇帝、杭钢は皇帝を天下のためと礼をしますが。。。
皇帝は杭钢に数年前から自分の心は允贤ただ一人だと話します
皇帝はいつまでも待っているといい帰っていきます。



皇帝は一人雪の中、二人の昔を思い出します。
f:id:shan1tian2:20160319170754p:plain




若干年后
何年か後。。。



南戏班(雑技団)で医療をしている允贤、そこに程村霞がやってきます。
程村霞は今は太医院をやめて流浪の郎中(医者)をやっているようです。
太医院は师父(刘平安)に任せてこれまでの間違いの償いとしてこうやっているようです。
允贤は変わった兄弟子に感心します。
あの時なぜ私に言わないで黙って去っていったのかを聞きます。
允贤はあの場所はすでに残る必要がない場所になったと答えます
今の自分は自分の属する生活があり人を治療し喜んでもらえる。これが自分が好きな生活だといいます。
程村霞は次に本を書いたら自分に一冊くれと話します。
允贤は了承して、本をチェックしてくれと話します。


また時は流れます。街では允贤の書いた本をたくさんの人が見ています。
本を手にして読む皇帝、最後には谭允贤の名前が。。。。
息子がやってきます。皇后は亡くなったようです。皇帝の体を心配する见深、
皇帝は息子に皇帝位を譲るといいます。
父は人探しに行くと話します。


明英宗朱祁镇      明皇帝朱祁镇(英宗)の
两次在位共二十二年   二回の皇帝位は22年
后传位于太子朱见深   その後皇太子の朱见深に皇帝を譲ります。
他下令废除了      彼は洪武から続いている皇后を殉葬させる制度を廃止させます。
洪武以来的          
后妃殉葬制度        
被明史赞曰       明の歴史の中でも
盛德之事可法后世着矣  盛德だとのちの世に知られます。




ある日、英宗は允贤を訪ねます。
最近では女医は普通のことになっているようです。
潭医者の家を訪ねる英宗、周りではおばちゃんが允贤のうわさを話しています。

英宗は潭医者と書かれたその家の門を開けます。家には誰もいないようです。。。。
奥に入っていくと一人の女性が。。。。
その女性は手に英宗が送ったバンクルをしていました
f:id:shan1tian2:20160319170820p:plain



顔を合わせる二人。。。。










おしまい。





感想

最後はこういう形で終わりました。これでよかったのか悪かったのか。。
何とも言えませんが、最後まで二人の関係はわかりませんでしたね。
中国でも韓国流をごり押しするきらいがあるようですね。。朝鮮語必要ないと思いますが。。。
今回初めて明の時代のドラマを見ましたが、服装がやはり違いますね。
まあドラマですが。。。この時代相当腐敗が進んでいる感じがしました。
架空の話を歴史につなげて面白くする感じのドラマ多いですね。



芈月传が終わってすぐに女医·明妃传だったので休む暇がなしでした。。。
これでしばらくゆっくりできるかなとは思いますが、その間にまた何か面白そうなのが始まるかもしれないし。。。
さて、次は何を書きましょう。。。