異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

江西省への高速鉄道の旅(3)世界自然遺産、三清山

旅行 江西 三清山 世界遺産

三清山又名少华山、丫山,位于中国江西省上饶市玉山县与紱兴市交界处

三清山は少華山、椏山とも呼ばれていて中国の、江西省上饒市玉山県と紱興市の間にあります。
最高峰は玉京峰で海抜1819.9mあるそうです。
またユネスコの世界遺産に登録されています。(世界自然遺産)
事前に調べた感じだと黄山とほとんど似たような感じです。黄山とも距離はそんなに離れていません。


ホテルで朝食、ここの食事は。。。。過去に記憶がないほど最悪です。
食べれそうな料理がなにもありません。。
仕方ないので、ゆで卵と、チャーハンを食べます。
豆浆はありますが、コーヒーはないです。
友達と相談して婺源はこれでおしまいにして
直接、三清山に向かおうという話になります。
8:30分前に運転手の江さんは来ていました。この人真面目ですね。
「做人」という話をしだしました。
自分の行いは自分の子供も見てそのまねをする。だから自分はまっとうな道を進む
と彼は言います。


とりあえずコーヒーを飲みたいのでコーヒーやがないかと聞くと、
老街にあるとおもうといい、そこに向かいます。
老街は繁華街です。上海でいう南京东路みたいな感じでしょうか?
朝なので人は全然いませんでしたが。。。
コーヒー屋に入ると、まだ作れないということで、仕方ないので、
ケンタッキーでコーヒーを注文します。
そのまま三清山に向かいます。
婺源から紱兴に県?が変わると、建物のデザインが変化します。
あの古いデザインは婺源だけのようです。紱兴には紱兴のデザインがあります。
山道を猛スピードで疾走する江さんの車。。。。
11時前ぐらいに三清山のホテルに到着、
金沙湾假日酒店です。12時前ですが、すいているのかチェックインできました。

ホテル情報:
tripadvisor:金沙湾假日酒店



そしていよいよ三清山に登ります。天気はとても良いのですが、空気がとても悪い気がします。
遠くがかすんで見えません。。。
立派なチケット売り場に並んでいる人はいません。遅すぎたんでしょうかね?
チケット150元、ロープーウェイ(索道)登り降り125元。。全部で275元高いですね。。
そして索道の順番待ちの券をもらいます389番です。
ここのロープウェイは順番を呼ばれた人が入るようになっていて、列を作っていません
閑散としているのはそのせいもあるようです。
ずっと待っていて、310ぐらい間で呼ばれると、後は勝手に登れというアナウンスが。。。
やっぱり人少ないんだ。。。。明日も登るつもりだったので、
ゲートをくぐってから身分証(パスポート)を見せて、明日も登れるように書いてもらいます。
金沙索道ロープーウェイを上がると12:00ぐらいでした。

ここから登山です。。
金沙索道から巨蟒出山方面に向かいます。最初は上りがなく切り立った崖の道を進むだけで、
もしかして黄山より全然楽なんじゃないかと思いきや。。。

巨蟒出山が見えだしてから一変して、階段が始まります。
巨蟒出山らへんで振り返ると东方女神も見ることができます。
禹皇顶までは結構な上り坂です。


そこから东海岸景区(阳光海岸景区)へ向かいます。阳光海岸景区を見終わって玉京峰には行かずに、
西海岸景区を回ります。




こういう恐怖スポットもあります。





続いて南のロープーウェイ手前のところまできました。



道が3つあり下るとロープーウェイ登ると禹皇顶方面に戻る、我々はもう一方の道を行きます
一线天と言うところがあり299段のものすごく急な上り坂に出くわします。

迂回路もありますが、まっすぐ登ることにします。物凄くきついです。。。
私はやっとやっとでした。中国の女性でハイヒールはミニスカートで上っている人もいましたが、
この坂だとスカートはやばすぎです。。なにも考えてないんでしょうか。。
だんだん道が細くなります。これはやばいとおもいます。やっとこさ上ったとおもったらさらに登り。。。
玉女开怀と言うところまで来てようやく上りが終了です。1569mの地点です。


15:00ぐらいでしょうかこの時間だと日のあたらない場所は結構寒いです。長袖必須です。
下っている途中、日の入りを見る人?朝日を見る人達でしょうか?
寝袋を持って登ってくる人たちが。。。ちらほらと。。。


小屋では貸出テントが張られます。一泊200元だそうです。ロープーウェイが17:00で終了なのでそれ以降は
山の中で一泊する必要があります。間に合わなかったらこれにするか。。。
山の上のホテルは黄山もそうでしたが、値段が高いです。下界の倍の値段がします。
寝袋持っていればそうしてもよかったかな。。と思います。


东方女神方面に向かってひたすら下ります。下りもだんだんきつくなってきて膝が笑ってます。。
16:00すぎでしょうか、日光は西海側なので、このへんは日が当らず結構寒いです。
ようやくロープウェイにたどり着きます。下る途中。。。


これ明日も本当に登るのか???!!!という話題が。。。
もともと南清园景区等は次の日にと思っていましたが。。。ちょっと体力が厳しいです。

感想

天気が良すぎて肝心の雲海が全く見れませんでした。少し雲がかかっていると奇麗なんでしょうね。
しかし雲がかかり過ぎると全く見えません。すべてを見るには住み込むしかないのかもしれませんね。
そうそう登れる山でもないのでこればっかりは運になってしまいますね。