異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

ドラマ少年四大名捕 5話 京城での奇妙な事件

中国時代ドラマ

中国ドラマ「少年四大名捕」ですが
私は爱奇艺で見ています。
このドラマどちらかと言えば時代劇と言うよりもファンタジーに近い気がします。


5話 京城での奇妙な事件


叶儿の茶に薬を混ぜてトイレに行かせます。
その隙に女性がおそらくすり替わったのでしょう。。
楚离陌と話しがかみ合いません
楚离陌に厳しく当たる冷血ですが、无情は優しく接します。



楚离陌たちは神侯府に戻りますが、腰牌が見つかりません。。。。
捕まりそうになるところ、冷血が現れます。
そして説教されます。


无情は如烟との思い出の品を眺めています。


叶儿に化けた女性、何が目的なんでしょうかね。
本物の叶儿は馬小屋?に監禁されているようです。



叶儿に化けていたのは九尾狐でした。
九尾狐も安世耿とつながっています。
九尾狐は潜入して四大名捕を殺すと言いますが、
安世耿は殺すなといい、
千寻灯というものを渡し、これが光ったらそれは私が探している人物だと言います。
それが誰かを報告しろと言います。
どうやら九尾狐と安世耿は契約していて、
任務が終ったら还魂丹を渡すことになっているようです。
还魂丹は九尾狐の夫を助けるために必要なようです。
然し九尾狐は夫の命はもう持たないと言います。

感情是你最大的敌人 → 感情は貴方の最大の敵
你可是杀人无数的 → 貴方は無数の人を殺した
九尾狐啊 → 九尾だ
我记得你们的掌门人 → 私は貴方たちの門下の人たちは
也让你们挥剑斩情丝啊 → 愛の糸も切ると聞いている
你可别忘了 → 忘れるな
你身上背有多少血债 → 貴方にはたくさんの血の償いがある
京城被你杀了的人 → 京城で貴方に殺された人で
哪一个 → 誰が
不必你的夫君重要 → あなたの夫より重要じゃないと言うのか
就算是牺牲他们 → 彼らのすべての命をを犠牲にしたとしても
所有的性命
也不值我的夫君 分毫 → 少しも私の夫の勝に値しない

曾几何时我何尝不是 → いくばくもなく、私は貴方と同じ考えだった
和你一样的想法
拥有她 → 彼女を保有すれば
就像拥有全世界 → 全世界を保有したと同じように思える
可现在我终于明白了 → でも私はやっとわかった
有些事情 → ある事で
到了你无能为力的时候 → どうしようもない事になったら
你只能乖乖地 → ただおとなしく
听命运的安排 → 運命のあんぱいを聞く
现实多么的残酷 → 現実はこんなに残酷
生命太脆弱了 → 生命はもろく
一个转身 → 振り返ると
人没了 → 人はいない

听我说 → 私のいう事を聞きなさい
你想拥有自己 → 自分が保有したいもの
想拥有的东西 → 保有したいと思うものは
就千万不要感情用事 → 感情を用いてはいけない

安世耿は续命丹を九尾狐に渡します。
これは7日間しか持たないようです。


九尾狐は夫の下に向かいます。
どうやら夫が九尾狐をまともな道に戻したようですが、
そのせいで夫は病気になったようです。
九尾狐の夫张生は韩栋が演じています。


神侯府に探りを入れている叶儿(九尾狐)ですが、
冷血とすれ違った時に冷血に臭いを気づかれます。
そして千寻灯が光りました
狐の骨や毛皮を調査している诸葛正我を見て焦ります。
叶儿はスープを落としてしまいます


诸葛正我は狐术というものがあると言うことを四大名捕に伝えます
そして犯人は九尾狐だと断定します。
どうやらこれも武功のようです。


九尾狐は安世耿に探している人物は冷血だと報告します。
安世耿は後、浪族王子の血が必要だと言います。


楚离陌は春评姐に取られた玉佩を取り返そうとしますが、
見つかってしまい冷血の身の回りのものを何でもいいから盗んで来いと命令されます。
春评姐も冷血の事が好きなようです。
部屋に入ると冷血が目をつぶっていてマッサージを待っていたようです。
丁度楚离陌をマッサージ師と勘違いしてしまいます。
ハンカチを盗もうとしますが、結局見つかってしまいます。
誤解を生んでします。


楚离陌は春评姐に服を洗えと命令されます。
結局食事抜きになってしまった楚离陌。。。
无情が食事を届けてきます。


楚离陌と叶儿は話をし出します。
叶儿は自分の事を話しだします。


楚离陌は今日も苛められます。
が无情が助けます。


无情は冷血に誤解を解くように言いますが、
冷血は楚离陌を疑っているようです
冷血は鼻がききます
冷血は楚离陌が一度外に出てから、
彼女の周りには狐狸の臭いがすると言います。