異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

上海発高速鉄道旅行(2015-05)(2)南昌市から湖南省長沙市、思わぬハプニングが待ち受けます

旅行 湖南省 長沙

足跡を付けた場所は今回見て回った三都市の地図です

前回の続きです。高速鉄道で長沙に向かう途中です。


続いてたどりついた場所は湖南省、長沙市です。

長沙での出来事

江西、南昌西から湖南省、長沙市(长沙南)までは高鉄で1時間半です。
長沙では事前に友達が予定しておいた友達の友達に会う予定です。
私が適当に長沙で泊まる予定を立てていたら偶然にも知り合いがいたようです。
駅に着くとその子はお兄さんと一緒に車で迎えに来てくれていました。
この時点で夜の19:30分です。
友人曰くそんなに仲良くも内容でしたが、すごい待遇ですね。
やっぱり中国人はこういうところはとても親切だと思います。
雨が降ってきました。雷もゴロゴロなっています。
トヨタカムリは知り合いのお兄さんのお父さんが結婚するときに息子に買い与えたようです。
中国では20万元(400万弱)もする車です。

最初ホテルまで送ってもらう予定でしたが、雨がひどくてなかなか進みません。
運転を諦めて雨宿りする車、路上にハザードを付けたまま止まっている車が沢山居ます。
それでも我々はがんばって進んでいただき、ホテルを目指しました。
目的の湘府国际酒店までは、通常なら30分ほどの行程らしいのですが、
相当時間が掛かっています。雹も降ってきました。激しい音がします。
しまいには大渋滞です。Uターンする車、逆走する車が出てきます。
こうなってしまっては乱れ放題です。。。
完全に動きませんナビ的には後4.2kmなのですが、この雨の中歩くのも厳しいか。。
バスも進んでないらしく、客はみんな下りていきます。
21:00ぐらいになって、もう我々も歩こうと言う話になります。
車にお兄さんだけを残して3人降りて歩きます。地面に足を着いたらもう靴がびしょ濡れです。
水の流れもかなり早いです。この土地起伏が激しいんですね。
果たして手前で何が起こっているのでしょうか。。。。歩道を歩いていきます。。

なんと下りの道が池のようになっています。水没している車も。。。。
気合で通っている歩行者もいますが、無理です。
この状況を車に伝えないと。。これじゃあいつまで待っても進めないと。。。
車に戻って、違う道を探しますが、どこも同じような感じで池ができているようです。。。
八方塞がりです。仕方ないので少し逆走して進みます。。。。
なんとか道は開けましたが。。ここも渋滞です。
先に食事をすることにしました。



湖南料理(湘菜)は激辛で有名ですが、ここは辛さを抑えてもらったせいか、割と辛くなかったっです。
本当は他にもいろいろ町を案内してくれる予定だったそうですが、残念です。。。
今回は残念でしたが、次回機会があればちゃんと旅行したいですね。。



結局、湘府国际酒店に着いたのは着いたのは11:30分すぎでしょうか。。
靴を乾かさないと。。。。

ホテル情報:
tripadvisor:湘府国际酒店(長沙シャンフ インターナショナル ホテル)

agoda:湘府国际酒店(長沙シャンフ インターナショナル ホテル)


明日の朝8:20分の高鉄で武漢に行く予定です。
一時はそれも危ぶまれましたが。。。
朝も迎えに来てくれるそうでとても助かりました。
朝食は三鲜粉と言う食べ物を食べました。「面」ではなく「粉」です


本当に大感謝です。
思いましたが、旅行先に知り合いがいると言うことはすごいうれしいことですね。。
翌日は改正です。空も澄んでいます
昨日の爪痕か、下り坂が通行止めになって水をポンプで排水している光景が見られます。
駅までは30分ぐらいで着きました。


本当なら川まで行きたかったのですが、まあ仕方ないです
結局長沙では何もできませんでしたが、こういうのも貴重な体験だと思います。



湖南省にも有名どころの世界遺産がありますが、長沙からは遠すぎます。
またこれも秘境なので最低3日ぐらい必要なのかなと思います。
武陵源の景観と歴史地域 - 張家界
中国丹霞 - 崀山


張家界はいつか行ってみたいです。