異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

ファンビンビンの武則天、武媚娘傳奇 75話 最後まで聞けよww

中国時代ドラマ 武媚娘傳奇

このドラマもあと20話弱です。

75話


武媚娘の計略もむなしく到此为止となってしまいました。


长孙无忌に王皇后の父が会い、この件は怪しいと話をします。
そして刘侍女と会ったのは武媚娘だけだと言います。
长孙无忌は今は戦う時ではないと判断します。

萧淑妃は王皇后は運が良かったと言います。
李忠が現れたことによって素节の事を心配します
萧淑妃は武媚娘に似ているだけだったようです。
相当長い間贤灵宫に来ていないようです。
ここも今は耐えるしかないと。。。
然し、これ以上着飾っても誰も見てくれないと。。。



吴王府では吴王と青玄が話をしています。
青玄は皇帝の文句を言います。
相変わらず吴王に事をおこさせようと考えているようです。
吴王府に王徳が現れ、李忠はいろんなことがあったので、
宮廷内で李忠をかまってやってほしいと言います。
吴王はOKします。


皇后は悪夢を見ます。少し錯乱して
鏡を持ってこいといい、立政殿を綺麗にしろと言います。
李忠は吴王がついているから、侍女は安心しろといいます
それでも心配だという皇后は李忠を見に行くと言います。


そのころ武媚娘の李忠の様子を見に行くために瑞安と歩いています。
瑞安は刘侍女が失敗したのは李忠のせいだと、自分の母をも売りとばした(結果)
やつなのにと言いますが、
武媚娘はまだ李忠は子供だ、状況をわかってないと言います。
部屋の近くで先に皇后が入っていきます。
誰か来たのなら問題ないと言って
武媚娘は瑞安を一人で帰らせます。


皇后は李忠に会い、吴王はどうしたと言います。
李忠は吴王は自分が寝たと思って出て行ったと答えます。
皇后は私が着きそうと言います
皇后はついに自分の子供ができたと感じます。。。
李忠は何で私の母は自殺したのかと聞きます
皇后は貴方の母は私の事を悪い人だと思っていたと。。
本当に悪いのは武媚娘だと李忠に答えます。
そして今から私の事を母后と呼べと言います。


瑞安は皇帝に報告します、皇帝は武媚娘はどこに行ったと思うと聞き
瑞安はおそらく承庆殿だと答え、皇帝も承庆殿に向かうことにします。
承庆殿についた武媚娘、扉が少し空いています。
除くと吴王が剣を振るっています蘭陵王の入場曲でしょうか。。
武媚娘は前皇帝(李世民)との思いを妄想し、魅かれるように承庆殿入っていきます。
皇帝は付き添いを待たせて承庆殿に入ります。
皇帝が見た光景は。。。。



武媚娘と吴王が二人で踊っています。。。。。
ショックを受ける皇帝。。。。
踊りが終ってから気まずくなる二人。。。
武媚娘は完全に妄想だったようです

。。。。
吴王:有时候走着走着    あるとき歩きながら
吴王:不禁恍惚自己身在何处 ぼーっと自分はどこにいるのか思わずにいられない
吴王:不知昭仪       昭儀
吴王:是否也有这般感受   このような感じを受けたことはないか
媚娘:何尝不是呢      どうしてないものか
媚娘:有时我真希望     たまに本当に希望する
媚娘:若是自己一觉醒来   私が目覚めた時に
媚娘:还是那个刚进宫时   まだあの宮廷内に入ったばかりの
媚娘:懵懂无知的才人武如意 愚かで無知な武如意であれば
媚娘:那该多好       よかったのにと
媚娘:若能重头来过     もし選び直せるなら
媚娘:也许媚娘       もしかしたら
媚娘:不会选择身在此处   ここを選択しなかったかもしれないと。

ここまで聞いて雉奴は悲しんで帰っていきます。

吴王:那为何不离开     ならなぜ離れない?
媚娘:因为这里还有雉奴   なぜならここにはまだ雉奴がいる
媚娘:他是我在这世上    彼は私がこの世で
媚娘:唯一的亲人      唯一の親戚だと。。

皇帝はそのまま怒った感じでどこかに行きます。
吴王は媚娘の事がだんだんわからなくなってきたと言います。
私は吴王の友達だと言います。
ここにはまだ私も雉奴もいると言います。
うわさも権力争いの一つだと言い、
吴王に皇帝の信頼を得てほしいと言います
今日の夜の事はほかの人に知られてはいけないと言い。
帰っていきます。


皇帝は贤灵宫に現れます。
やけくそでしょうか今日は萧淑妃と一緒に寝るようです。
萧淑妃は笑みを浮かべます。


次の日朝廷に吴王は現れません。。
体調が悪いということだそうです。
长孙无忌が上奏します、皇太子を立てるべきだと。。。
沢山の人が李忠を皇太子にするべきだと名乗り出ます。



吴王は朝廷に参加せず李绩に会いに行きます
吴王は皇太子の件にかかわりたくなく、さぼったようです。
李绩はわたしがここで釣りをしている限り、唐に問題はないと言います。
そして吴王に帰ってくるべきではなかったと言います。
吴王は皇帝の手助けをしたいだけだと言いますが、
慌てている件も武昭仪の姓だろと言い。
李绩は吴王に長安を離れたほうがいいと勧めます。
吴王は李绩に长孙无忌は内政、あなたは軍隊と言うすみわけをしているつもりだろうが、
それは既に破られたと、知らないのかと話します。
李绩は今日来たのは皇帝の為ではない、自分のためだなといい、
吴王は貴方の末永い支持がほしいと言います。


高阳と青玄が話をします。何かをたくらんでいるようです。
吴王に挙兵させるつもりのようです。
青玄は吴王には平権が無いと嘆きますが、
高阳は今あったとしても、吴王には何もできないといい、慌てるなといいます。
高阳は吴王に権力を取らせる長期計画を立てているようです。

感想

皇后の思惑とおりになりました。
李忠は母の思いとは逆に、武媚娘が悪者、皇后はいい人だと洗脳されちゃいました。
元々母が7日の命になってしまったのは皇后の仕業なのですが。。。
自分の母を殺した人物を母と呼ぶことになります。。。
その劉侍女の願い(恨み)をかなえるとともに自分の恨みを晴らそうという武媚娘
でしたが、うまくいきませんでした。


それにしても長孫無忌はなんでも武媚娘につなげたいようですね。
長孫無忌が早くしろとせかしたから、皇后は強硬策に出たのに、
劉侍女はそれで命をかけて皇后と追い落とそうとした。。。
なんで今までやらなかったのかと言いますが、あんたが李忠を奪えとせかしたからでしょと。。。
今回の長孫無忌の考えは、なんか無理があります。。


皇帝は吴王と武媚娘の事を誤解してしまいましたね。。話は最後まで聞きましょう。
八つ当たりで萧淑妃のところに行くのもなんかよくわかりませんが。。。。
吴王の気持ちも変わったのか、
吴王は李绩に会いに行ってどうするつもりなのでしょう。。。
青玄と高阳、利害関係が一致しているのでしょうかいつの間にか悪だくみ仲間になっています。
この辺がなんか突然な気がします。
武媚娘の計画と高阳の計画もうすでに完全に違うものになっています。。。。