異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

ファンビンビンの武則天、武媚娘傳奇 67話 皇帝の思い

中国時代ドラマ 武媚娘傳奇

67話


高阳は何か言われたらかばってやると言いますが、
武媚娘は不要だと言います。
子供の為に。。。。


そして二人は皇后の部屋に。。。
萧淑妃は入ってきません。
皇帝も入ってきます。
高阳は赏菊宴と言うのに菊の花が全くないのはどういう事かと不思議に思います。
皇后は菊の花が刺繍された絵を送ります。
皇帝に萧淑妃は来ないという知らせが入ります
皇帝はすぐに素节の所に向かいます。

皇帝は素节のお尻を見てびっくりします。
そして誰がやったのか聞きます。
萧淑妃は誰がやったとしても必ず素节に公正な道理を与えてほしいと言い
皇帝はOKします。
そして皇后がやったのかと聞きます。
違うと言います。。


武媚娘は皇后がなんで自分をこんな手厚くもてなすのか分からないようです。
皇帝の命令を受け武媚娘は皇帝の下に向かいます。
皇帝は本当の事を知りたいと言い、
高阳と萧淑妃が言い合いになります。
萧淑妃は子供は嘘をつかないと言います。
皇帝はもう一人子供がいると言い
李忠を連れてきます。
ところが李忠も嘘をつきます。。。
きっと買収されたんでしょう。。
皇帝は武媚娘に思いっきり軽い罪を与えます。。。。
萧淑妃は思います。皇帝はやっぱり武媚娘を守ったと。。


皇帝は医者に素节の容態を聞きます。
特に問題はないようです。
皇帝は鬱血の痕について医者に確認します。
本当に外からの打撃によるものかと。。
医者は本当かもしれないが、違うかもしれないと。。
もしかしたら塗り薬のせいかもしれないと言います。
区別はしずらいと言います。



承庆殿で火を灯す武媚娘の所に皇帝が現れます。
そして罰はこれで終わりだと言いますが、
武媚娘はやはりここにいると言います。
皇帝は武媚娘あなたがやっていないことは分かっていると、
それでひねくれているんだろと言いますが、
武媚娘はこの結果は全ての人が満足する一番いい結果だったと言います。
武媚娘は子供を無事に産むことだけを考えているようです。
皇帝は自分が武媚娘のめんどうをみると言いますが、
武媚娘は涙を流しながら、皇帝に帰ってといいます。



萧淑妃は眠っている素节を見ながら、
武媚娘がもどってきてから皇帝が自分に会いに来ていないと。。
自分はほかの人の影にすぎなかったのではないかと感じます。
そして素节を誰にもいじめさせないと決心します。


皇帝は上奏文を見ています。
そして何かにやけます、そして酒を持って来いと言い
そして、今日はもう上奏文を見ないと言います。
王徳は分かりましたと答えますが、萧淑妃がずっと外で待っているようです。
皇帝は忙しいので帰れと言えといいますが、
萧淑妃が入ってきます。
皇帝は萧淑妃を叱ります。
萧淑妃はこういう礼儀知らずな私が好きなのではないのですかと言い返します。
皇帝はそれでも帰れと言います。
萧淑妃は素节の事を話しだしますが、
皇帝は机をたたきます。
そして萧淑妃に目を見ろと言い私を騙していないだろうなと問います。
萧淑妃は一度もないと言いますが、
皇帝は帰れと言います。
そして警告すると萧淑妃に話します。
もし子供を使って駆け引きをするなと、そして私を脅迫するなと
もし素节に何かあればあなたに全責任を取らせると。。。
萧淑妃は皇帝にもう一つ聞くことがあると言い
皇帝が私の事を好きな理由は武媚娘に似ているからかと問います。
それには答えず、昔のあんたと今のあんたは違うと話します。
萧淑妃は分かったと言って帰っていきます。


皇后は武媚娘が皇帝の寵愛を萧淑妃から奪い去ったことを喜んでいるようです。
昨日も承庆殿に会いに行っているようだし、本当にすごい技を持っていると。。。
然し皇帝も、もう自分で気持ちを制御できない状態のようです。考えたくない。。。と
宮廷内ではうわさが流れているようです。。。
それを聞いた皇后はそれが本当であれば萧淑妃よりも危険だと。。。



皇后が萧淑妃を誘って庭を散歩しています。
そこに皇帝が歩いてきます。
侍女たちが適当に噂話をしているところ、萧淑妃が咳払いして、
状況を分からせます。
そして皇后が転びそうになるところを皇帝が助けます。
皇帝はある人が、ある髪飾りが皇后に合うと言ってもらいに行こうと思っていたが、
ここであったのでいっそのこと2人で取りに行こうよと皇后を誘います。
皇后は皇帝になんでこういう事をすると聞きます。
貴方は皇后だ、皇后の威厳を守るのは私の責任だといいますが、
长孙无忌が会いに来たのでやっぱり後でとりにこいと言います。

王徳が兵部官员のを推薦する吴王の上奏文を持ってきます。
皇帝はその文を見ます。「薛万彻,柴令武」。。。。。
皇帝は长孙无忌との賭けに負けました。。。



承庆殿の前では瑞安と绿芙が武媚娘を待っていますが、
瑞安は武媚娘の子供についての噂について聞いたことがあるかと绿芙に問います。