異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

ファンビンビンの武則天、武媚娘傳奇 50話 偽りの死

中国時代ドラマ 武媚娘傳奇

今回李治は側室を娶ります。
名前と役者は以下の人
萧淑妃=张馨予
王皇后=施诗
萧淑妃は武媚娘ととても似ているという設定です。
王皇后役の施诗はカツラ被らないほうがいいですねwww


50話


皇帝は武媚娘を抱きしめ、
あなたの心の中での李牧の位置はどうなんだと聞きます。
兄だと、しかも命を救ってくれた恩人だと言います。
恩人だと言うなら当然救うが、更に安定した余生をあげることができる
然し、裏切った家臣の李孝常一族の者、
しかも送られた先から逃げ出した犯罪、
更に皇帝を殺すという扬言(言いふらす)を言い、
もう少し手刺客に手を貸す所であった
更にすべての事は朝廷の家臣たちが知っている。
もし私が放しても、ほかの长孙无忌たちは許さないであろう
武媚娘はどうしてもかと聞きます。
皇帝は昨日の夜、秘密で彼を処理したと言います。
さもなければあの灯りは誰の為にともしたと言います。
悲しむ武媚娘、剣を取り死のうとしますが、皇帝はそれを止め
貴方には自分を生かす、殺すの権利が無いと言います。
なぜならあなたは私の女性、死ぬとしても私が決定すると。。
武媚娘は私を殺せと言い
皇帝はじゃあそうすると言います。
そして皇帝から毒酒が送られます。
武媚娘はその酒を一気に飲み干します。

武媚娘が気づいた時、武媚娘は長安の外に居ました。
李牧と一緒です。
武媚娘は誰が私たちを救ったのか聞きます。
李牧は雉奴だと言います。
武媚娘は李牧が親指の指輪を撫でるのを見て感づきます。
武媚娘は李牧が嘘をつくとき指輪を撫でるといい、本当の事を言えと言います。
李牧は皇帝が我々を解放したと言います。
そして本当の事を話します。


回想シーン

皇帝は貴方を殺さないが約束を守れと言い
一生武媚娘を守れと言います。
先ず李牧、あんたを死んだことにしないと长孙无忌は許さない。
そして武媚娘を守るためにあんたを解放する。
それでやっと私は安心できると言います
私はもう歳をとった後どれだけ彼女と一緒に居れるかわからない、
今回の遠征で予感がする、もしかして帰ってこれないかも
帰ってきても何年一緒に居られるかと。。。。
私が死んでから彼女が寺で尼で余生を送るのは望まないと言い
皇帝と酒を交わします。
そう言って皇帝は去っていきます。


李牧はこのことを話すと武媚娘は皇帝の下に行くとわかっていたのでしょう
全てを話した李牧はこの後の道は自分自身が決めろと言います。
そして指輪を武媚娘に返します。
武媚娘は李牧に謝り、別れを告げ馬を走らせます。


皇帝が北伐に出発します。



後宮では徐慧が権力を握りました
侍女が立ち話をしています。
徐慧が管理するようになってやっと田舎に帰りたいと、
頼むことができる、また、彼女は運が良くてこの座に着けたと
いろいろ話しています。
そこに徐慧がやってきます。
気づかない侍女たちは話を続けていますが、
咳払いで徐慧に気づきます。
そして慌てて礼をしますが、時遅し。。。
徐慧は韦妃のやり方も効果があるようだなといい
その場にいた物を連れ出し全員60回たたくように言い
更に立ち話をしていた物を掖庭に送り永遠に出られないようにしろ
と言います。
徐慧はすっかり変わってしまったようです。



武媚娘は馬を走らせます。
そのころ皇帝が戦場で戦い始めます。


武媚娘が休憩し、例の菊の花を見て何かを思います。
そして後ろから襲われます。
そこを李牧が助けます。
李牧はずっとついてきていたようです。
話をしていると唐の軍がやってきます。
吴王がやってきます。
あなた達はすでに。。。。


皇后が気をいろいろ気を引こうとしていますが、
雉奴は一向に魅かれません。。。
皇太子の雉奴は側室を迎えることになっているようです。
最初は刘容杰、(後の李忠の母)
そして一人が雉奴の目に留まります。
雉奴は一目見て武姐姐と言ってしまいます。
(张馨と范冰冰、そんなに似ているとは思いませんが。。。)
後の萧淑妃です。
皇后はちょっと嫉妬感にあふれています。。



徐慧は同期の嫔妃を集めて話をします。
そして過去に毒を盛られた扇子をもって
昔を語り始めます。
そしてその扇子を誰かに渡すと言います。