異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

ファンビンビンの武則天、武媚娘傳奇 48話 乱

中国時代ドラマ 武媚娘傳奇

やっと半分まで来ました。

48話

吴王は皇帝の命令でここにきていると言います。
そして、前皇太子の足と、謀反の黒幕は誰だと李泰に問います。
そのことで周りがざわつきます。
李治は近くにいた李义府に今の話を聞いたかといい、
李泰はもう負けていると。。。
李泰は助かるかもしれないが、ほかの者はどうなるかわからないと。
吴王は韦妃の件も話し出します。
李治はもうわかっているだろと言い手を出します。
(縄をほどけと言うしぐさを見せます)

皇帝は既に全てわかっていたようです。
状況を知ったうえで子供たちの事だといい、
自分らで解決するだろうと言い、介入する気はないようです。
王徳は心配しますが、
もしこのような波風を乗り越えられないようでは
私の子供としてふさわしくないと言い切ります。
そして何かしらの結果が出るまで待つと言います。
そして待機させている禁軍に干渉するなといいます。
もし彼らの誰かが勝利して、対極殿に入ってきたら
謀反として捕えろと命令します。


李义府は縄をほどいてしまいます。
奴らのいう事を聞くなと言う李泰ですが、
李义府と李治は目を合わせて一斉に逃げます
李义府は逃げながら吴王の部下に捕まってしまいますが
捕まりながらも叫びます

李义府:保护晋王!      →晋王を守れ
李义府:保护晋王!保护晋王! →晋王を守れ、晋王を守れ
李义府:魏王爷        →魏王
李义府:你挟持亲弟逼宫陛下  →弟を捕えて陛下に脅迫することは
李义府:实非仁义之举     →良い行動ではない
李义府:恕下官        →もし許してほしければ
李义府:再也不能追随你了   →もうあなたに付いて行ってはいけない
李义府:不能追随你了     →付いて行ってはいけない
魏王:李义府         →李义府(怒!!)
魏王:你这个临阵倒戈的小人  →この敵前を目の前にして裏切る小者が〜
魏王:我杀了你        →殺す!!

と言って戦いが始まります。
杜楚客がこうなったらやるしかないと言い戦おうとしますが、
その時武媚娘が弓矢で杜楚客を打ち抜きます。
杜楚客はそのまま亡くなります
武媚娘は言います

媚娘:放下兵器          →武器を放せ
媚娘:否则            →さもなければ
媚娘:杜楚客就是你们的下场    →貴方たちは杜楚客と同じ末路だ

そう言うとみんな武器を放します
それを見て魏王は武媚娘に剣を投げます。(届きません)

それを見て吴王は言います

吴王:青雀 你别再顽抗了    →青雀、もう抵抗するな
吴王:你应该多想想       →よく考えなさい
吴王:承乾的下场        →承乾がどうなったかを
魏王:不承乾败于天时      →承乾とは違う、承乾は機会を間違って負けた
魏王:而我输于人和       →私は人の和によって負けた。
魏王:不知三哥你将如何     →兄貴は将来どうするんだ。
その時槍の圧力で魏王は血を吐きます。
吴王:就算是天时        →機会があっったとしても
吴王:地利人和都齐了      →地の利と人の和がそろっても
吴王:你也斗不过命       →あなたは運命には逆らえない
魏王:只可惜我李唐天下     →ただ惜しいのは、私の李唐は
魏王:迟早毁于武氏手中     →遅かれ早かれ滅ぼされ武氏のものになる。

そういって不気味に笑う魏王


皇帝に結果が伝えられます
全員無事だと言うです。
更に連絡があります
魏王を助けに来た者と争いがあり
その混乱の中、魏王の腹に刀が刺さり生死难料(生死不明)だと連絡が入ります。
皇帝は慌ててその場に向かいます。


一方戻ってきた吴王に杨淑妃は。。。完全に怒ってます。
吴王もビビッてつまずいてしまいます。

杨妃:恪儿          息子よ、
杨妃:你为什么不听娘的话   あなたはなぜ母のいう事を聞かない
杨妃:把握这大好良机     チャンスをつかんだのに
杨妃:你居然自毁长城     自ら自滅して。。。
杨妃:是你蛊惑我儿子     あなたは私の息子を惑わせた(媚娘に向かって)
杨妃:让他做出这等蠢事    彼に愚かなことをさせた
媚娘:请娘娘恕罪       お許しください娘娘
媚娘:媚娘就是把娘娘和王爷  私は娘娘と王爷を
媚娘:当做自己的亲人和朋友  自分の親族と友達のように思っているから
媚娘:才去阻止王爷      王爷が間違いを犯すのを阻止した。
媚娘:犯下大错的       

杨妃:你给我闭嘴       黙れ
杨妃:你在我面前       私の前で
杨妃:说出这种鬼话      そのような嘘はつくな
杨妃:你蛊惑恪儿可以     息子を誘惑するのはいいが
杨妃:你骗不了本宫      私を騙すことは出来ない
杨妃:在你心里        あなたの心の中は
杨妃:一直想晋王坐上皇位   ずっと晋王を皇帝にしたいと思っている
杨妃:因为他听你的      なぜなら彼は貴方のいう事を聞く
媚娘:不娘娘         違う
吴王:母妃不是这样的     母さん違うんだ
吴王:所有的选择       すべての選択は
吴王:都是儿臣自己决定的   全て自分で決めた
吴王:这个事情        このことに
吴王:和武才人没有一点关系  武才人は関係していない
吴王:儿臣站在北宫门之上时  北宫门に上がった時
吴王:心里豁然开朗      心の中が突然すっきりした。
吴王:我在想我这一辈子    私はこの一生
吴王:就算当不了皇帝     たとえ皇帝にならなくても
吴王:我也做不出       私は肉親を殺すことは出来ない。
吴王:杀害我自己亲人的事情  
吴王:还有儿臣只想日后    さらに思う
吴王:每夜能睡得安稳     毎夜安らかに睡眠できる日々が
吴王:儿臣只想在心安理得当中 私の心の中にある
吴王:度过我自己的一生    私の一生の過ごし方であると
それを聞いた杨妃は息子を殴ります
杨妃:亲人 亲人       肉親、肉親
杨妃:谁是亲人你分不清吗   誰が肉親なのか分からないのか
青玄:王爷          王爷
青玄:王爷如今是要把仇人   王爷は今に至っては仇すらも
青玄:也当亲人吗       肉親なのか
青玄:那娘娘生你养你     娘娘は貴方を育て
青玄:这么多年        こんなに月日がたち
青玄:你就这样回报娘娘    これが報告なのか
青玄:你于心何忍哪 王爷   どうして耐えられる
吴王:青玄          青玄
吴王:我从小跟你一起长大   私とあなたは一緒に育った
吴王:这么多年以来      これだけ月日が過ぎて
吴王:你为我母亲       母の為に
吴王:做的那些事情      やってきたいろんなこと
吴王:你别以为我不知道    私が知らないと思っているのか
吴王:跟踪 打探       尾行、探り
吴王:投毒 杀人       毒を盛る、殺人
吴王:都是你         全てあなただ
杨妃は泣きながら毒を飲み,碗を投げ捨てます
青玄:娘娘          娘娘
媚娘:娘娘          娘娘
杨妃:别过来         来るな
杨妃:我生你养你二十多年   私があなたを育てた二十年強
杨妃:为你档明枪防暗箭    あなたの為に正面からの攻撃と背後からの攻撃を防ぎ
杨妃:虚以委蛇 与人周旋   表面だけ相手とうまく調子を合わせ、人と付き合い
杨妃:只希望你完全我的心愿  ただ私の願いは
杨妃:把李氏父子杀了     李氏の親子を殺す
杨妃:把大隋的江山夺回来   大隋を取り戻す
杨妃:真的没想到       思ってもみなかったのが
杨妃:你会轻易相信      あなたがこんなに簡単に
杨妃:这个女子的话      この女の話を信じて
杨妃:甘愿放弃        喜んで諦めた事
吴王:母亲          母さん
杨妃は気分が悪くなります。
媚娘:娘娘          娘娘
吴王:你怎么了 母亲 母亲  どうしたの母さん、母さん
杨妃:我错了         私は間違った
杨妃:我真的错了       本当に間違った
杨妃:我不应该把养育成这个样子 このこのようにあなたを育てるべきではなかった
杨妃:你太善良了       貴方は優しすぎる
杨妃:弑父夺权这种事     父を殺して権力を奪うことなど
杨妃:你根本做不出来的    あなたには根本的にできない
杨妃:你不是我儿子      私の子ではない
杨妃:你不是我儿子      私の子ではない
杨妃:你是李家的孽种     あなたは災難だ
杨妃:孽种 孽种       
と言って吴王をまた叩きますが、吐血します。
吴王:你怎么了 母亲 母亲  どうしたの母さん、母さん
青玄:王爷 你现在满意了吗  王爷 まんぞくですが
青玄:高兴了吗        うれしいですか
青玄:你以为放弃一切     あなたが捨てたすべては娘娘の為と思ってですか
青玄:就是为了娘娘好吗    
青玄:那你知不知道      あなたは知らない
青玄:认贼作父的下场     敵を味方と取り違えたものの末路を
青玄:失去母亲的痛苦     母を失う苦痛を
青玄:你承受得起吗      受けられますか
吴王:你说什么        何を言っている
青玄:失败的消息传来以后   失敗の知らせが届いてから
青玄:娘娘就决定       娘娘は死ぬことに決めた。
青玄:要以身殉国       

吴王と媚娘は今回の事は何もなかったことにできると言います
がもう遅いと言います
きっと後悔すると言います
媚娘はなぜ今まで私を助けて救ってきたのかを聞きます
杨妃は貴方が「太白妖星、女主武氏」だと信じているからといい
私が負けても貴方が宮廷内にいる限り唐は滅ぶと言います。
そして琉璃演の扇子の毒は私がやったと白状します。
そしてさらになぜ李牧と逃げなかったのかと聞き返します。
媚娘は貴方が派遣した3人の太监は私を殺すために準備したのではないのか
と聞き返します。
杨妃は貴方が宮殿を出ていくのに何であなたを殺さないと言います
その太监は全て殺され、
そして李牧が全てを手紙で書いて残しておいてくれたと
媚娘は皇帝に対して一切の情はないのかといい、本当はお互いにあったんでしょうと。。。言いますが、
杨妃はむきになって恨んでいると言います。
そして私はまだ負けていないと言い李牧が李世民の首を取ると言い倒れます。


皇帝が魏王の容態を見に行きます。そこには李牧も。。。
魏王の様態を聞く皇帝が布をめくります。
その時、皇帝に刺客が襲い掛かります。
数人が皇帝の手を止め李牧にとどめを刺せと言いますが、
李牧は皇帝を助けます。
なぜ助けたという皇帝ですが、李牧は事が終ってからでも遅くないと言います。
そしてさらに一斉にたくさんの刺客が入ってきます。

皇帝と李牧が二人で戦います
しばらく闘った後、皇帝の援軍が来ます。刺客は全て倒され、
李牧も捕えられてしまいますが、皇帝は李牧を放せと言います。
そしてなぜ助けたかを問います。
皇帝は過去に何があろうと私を助けたので許すと言い李牧に行けと言います。
李牧は武媚娘がほしいと言います。
皇帝は一転して怒りだします。剣を振り下ろし李牧を切ろうとしますが
そこに武媚娘が現れ皇帝の剣もそれます。


皇帝の下に杨妃も死んだ連絡が入り
刺客の件、王徳は杨妃の関与は逃れられないと言いますが、
皇帝はそのまま杨淑妃として墓に入れると言います。



家臣が北方の逆賊討伐の件を皇帝と話します。
皇帝は自ら北方の逆賊討伐に行くようです。
皇太子も雉奴に決定するようです。
そして雉奴にいい嫁はいないかといい嫁を取らせます。
最後に魏王をどうするかという話をします
皇帝は均州に流して二度と長安に戻れないようにすると言います。
长孙无忌はそれでは甘いのではないかといいますが、
皇帝は怒ります。
皇太子と私の親子関係は既に修復不能、今魏王も加わろうとしている
あんたらはさらに殺せというのかと、あなた達には子供はいないのかと、
これでも足りないというのかと。。。



雉奴が牢に居る武媚娘に会いに来ています。
雉奴は自分が結婚させられると言って困ったような感じです。

感想

今回の訳はかなり適当かもしれません。。
杨妃の計画は、晋王をけし掛け、魏王を挑発し、逼宫させ、
それを自らの息子吴王が討伐、どさくさにまぎれて晋王を殺し、
あわよくばそのまま皇帝をも倒す作戦でしたが、
武媚娘の考え通り、皇帝はすでにこれに対して対策を練ってました。
いずれにしても勝つ見込みは薄かったのですが、
吴王の心が優しすぎました、杨妃はそれを嘆きましたが、
吴王にとっては話が唐突過ぎた気もします。
母にそこまでの覚悟があるということが分からなかったのでしょうかね。。
武媚娘をさんざん助けたのも武媚娘は唐にとって災いだと信じていたからと。。。
武媚娘もショックです。
杨妃は最後にもう一度皇帝に刺客を向けますが、
李牧が武媚娘の気持ち(皇帝が好き)を考えて心が揺らいでしまったというところでしょうか。。。
結局皇帝の味方をしてしまいます。
助かった皇帝は李牧の罪を全て無罪とします、が調子に乗った李牧は武媚娘をくれと言ってしまいます。
それでまたつかまってしまうことになりますが。。。。
そして、杨妃が亡くなったことで実質後宮の実権は徐慧の手に渡ることになります。


最初に出てきた小者、李義府ですが、いい感じを出しています。この李義府が登場するときに
画面に人物説明が出ますが、この李義府ここで一度晋王と会うっているはずなのですがね。。。。
後に李義府は皇帝李治の下で丞相まで出世することになります。