異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

春節西安旅行紀(4)、西安北駅から洛陽のホテルに移動

西安 洛陽 観光 旅行 陕西省 河南省

2015-02-20、
何とか西安北駅まで到着、ここから洛陽の龍門駅までは
高速鉄道を使います。
少しだけ時間があったので本場の肉夹馍(ロウジャーモー)を食べました。
まあ上海にも肉夹馍(肉夾饝)は売ってますが。。。
これちょっと塩っ辛いけどおいしいですね。ちなみにこれがこの日初めての食事です。。。。。
ここでガイドさんはお帰りになりました。
ありがとうございます。
西安,肉夹馍




そして高速鉄道、途中雪が降っています。
やっぱこの高速鉄道日本の新幹線とほとんど一緒じゃん。。。
天気もなんか霧がかかったような感じです。
途中の景色。。なんか凄い民家が見えます。
こういうのが本当の姿なんでしょうね。。

洛陽の龍門駅に着くと私の洛陽出身の同僚の友達が迎えに来てくれました。
迎えに来てくれた郭さん同僚の友達ということでメンツを立てたんでしょうか?
それにしても感謝です。



 

ホテルまで迷わず付くことができました。洛陽の友誼賓館です。

ホテル情報:
tripadvisor:洛陽友誼賓館(Luoyang Companionship Hotel)

そしてホテルのチェックイン、私の友達が英語で会話していると、
相手になかなか伝わらないので、私が中国語で話すと。。。
向うはなんだ中国語出来るジャンみたいな感じで。。。中国語で答えてくれました。。。
ホテルの人はやっぱ英語はなれないと。。中国語で言ってくれました。。。
このホテル中国の偉い人や、日本の岡山県知事だか市町だかも泊まったことがあるようです。
写真が飾ってありました。対応もいいです。外装は年期を感じますが、内部の部屋も改装したようで新しく、
冷蔵庫の中と、部屋に備え付けのお菓子、フルーツは無料です。
もちろんネットも無料です。アメニティグッヅもそろっていてなかなかいいホテルですね。
値段もそれほどでもないのでまあまあ良いのではないでしょうか


やはり春節時期、食事処を探すのが大変です。
近くのショッピングセンターはほとんどお休みです。
とりあえず食事を済ませました。店員さん素朴でかわいらしい女性でしたが、
洛陽の人のこういう人当たりの良さはいいですね。




この日はとてもは疲れました。。。
なのでマッサージに行こうということになり、ホテルのフロントでマッサージ屋さんがないかを聞きました。
すると女性のフロント係が部屋に呼ぶから待っててと言うので、
値段はいくらなのか聞きましたが、交渉してくれと。。。
交渉?ってのがなんか怖いけど。。
とりあえず部屋で待っていると部屋をノックしてきます。
入ってきたのはかわいらしい二人の女性です。しかも手ぶら。。。
なんも持たずにあんたらマッサージ出来るのと聞いたら、専門のマッサージ師ではないと。。。。
そういうことか。。。男二人で同じ部屋でそれはないので。。。帰ってもらいました。。。
そして再びフロントに文句を言いに行きます。
ホテルにはそういうマッサージしかないので誤解してすみませんと。。。。
そういう事なのかと理解しました。。。
気をつけましょうね。
普通のマッサージはないのかと聞くと隣の隣の新友谊宾馆にはあるとのことでそこに行きました。
最初ミニスカートの女性が入ってきたので、これまさか。。と思いましたが、足湯の桶も持ってきたので
とりあえず安心。。。
やっぱり上海と違って、足マッサージと足の爪等の掃除(かかと削り)、耳かき、背中をこする、
後空気灸(瓶に火を入れて背中にくっつけるやつ)を選べるようで、
どれもいやだなと思いましたが、耳かきだけしてもらいました。
足マッサージ自体ははちゃんとしてくれます。
日本人だってもろばれでした。。。

やはり中国では場所により文化と言うかホテルの対応も違うんですね。




次の日の朝です。