異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

ファンビンビンの武則天、武媚娘傳奇 14話 琉璃宴で大活躍

中国時代ドラマ 武媚娘傳奇

15日にスイスフランとユーロの1.2縛りが崩壊して大変なことになりましたが。。。
本当に恐ろしいですね。一気に50円も上がるなんて。。。
こういう事が起きえるんですね。。
人民元が崩壊しないことを祈ります。



琉璃宴遣唐使を招いての宴会だと思われます
今回の14話で出てくる「物部天守これは飛鳥時代の「もののべ氏」の人という設定でしょうか?
俳優も日本人の松島庄汰という俳優さんを使って、いてわざと変な中国を使います。
反日ドラマの日本人が話すような中国語)



14話 琉璃宴


李淳風はそれは西域では金剛石(ダイアモンド)
と言われるものだと言います。
武如意はどうやったら金剛石を打ち破れるかを問います。
羚羊角(サイガの角)を使えと言います
(サイガってなんか鹿みたいな動物ですが、そんなものの角で
ダイヤを打ち砕けるのでしょうかね。)
武如意は李淳風にお礼を言いその場を去ります


武如意と徐慧このころはいい関係なんですけどね。。。


部屋に戻りひたすら碁を打つ徐慧、武如意は暇なのかいろいろ話しかけますが、
徐慧はひたすら手を考えています。
しばらくして徐慧は手を解読します。


当日服を着る徐慧に武如意は杨妃からもらった扇子を渡します
この扇子は徐慧の今日の服に合うと言ってその扇子を徐慧にあげます

じゃああんたは琉璃宴に何着るのと問いますが、その時になったらわかると言います。

琉璃宴が始まります。踊りが踊られています。それを見る各国の招待者
ついに姿を現した物部天守、なんとなく飛鳥時代の服装ですね。。
さらにすごい態度がで悪く、高慢です。
反日ドラマに出てくる日本人のような態度、日本人はやっぱこういうイメージなんでしょうか)



武如意はなんと男装です。。

徐慧と武如意は杨妃の所にあいさつに行き、徐慧は杨妃の酒の相手、
武如意は徳妃の所にまだ手伝うことがあるか聞きに行きます。
徳妃の所では楽器のチェックが行われています。
もうすぐ音楽隊の演奏が始まるというときに、
演奏者が練習中怪我をしてしまいます。
手が血だらけです。重症のようです。
ちゃんと調べたという刘司药、
武如意はこの琵琶はいつも引いているやつと同じかと問います。
よく似ているがよく見たら違ったようです。
(優れた演奏者ならわかりそうですが。。。分からないものなのでしょうかね?)



踊りが終って杨妃が乾杯の音頭を取ります。
そして高昌から来た琵琶の演奏者が琵琶を弾きます。



春盈が韦贵妃に報告します。
やはり韦贵妃が琵琶に細工をさせたようです。


武如意はほかに弾ける人はいないのかといいますが、
見つかりません高昌の演奏者は得意げに琵琶を弾いています。


武如意は会場に戻ってきます。
演奏が終わり杨妃が琵琶をほめます。
使者は琵琶はいいが演奏はよくないという意味かと言い出します。
武如意はそれくらいなら宮廷内の誰もが弾けると言い挑発します。
そして通りかかった官女にじゃあお前が弾いてみろと言って琵琶を渡します。
杨妃は心配しますが、全ては武如意の作戦でした。
琵琶を弾いたいたことのある演奏者に官女の服を着せて、その場をわざと通らせたようです。
官女はそれなりに琵琶を弾いて見せます。
ショックを受けた高昌の演奏者は勝負をすることを諦めます。


朝廷が終り皇帝は琉璃宴に向かいます。


つぎに天独国(インドだと思われる)の使者、乌力格が聖物をもって上がります。
黄金十万両でも安いという宝物だそうです
そしてその聖物の堅さを証明します。
それを見た武如意は信じられないと言って、
羚羊角をもってそれを破壊してしまいます。
皇帝はそれを陰で見ています。
驚く乌力格、なんてことをしてくれるんだっていう感じです。
皇帝はどういうことだと言って武如意をとがめますが、
これは聖物でも何でもないただの金剛石だと言います。
皇帝はただの石ころだと聞いて逆に乌力格を責めます。
乌力格は知らなかったと言い、皇帝は知らなかったのなら仕方がないと言って
罪を問いません。
西方の人は皇帝の事を天可汗と呼んでいるようです。


このシーン
ドラマではこの天竺圣物を角で壊したように見えますが、
百度の説明では同じ金剛石で壊したとなってますね。。

天竺国师奉上最低价十万两黄金的天竺圣物,
他告诉众人这个圣物在大唐无坚不摧,
武如意之前听李淳风讲过,
天竺圣物不过是拿金刚石做成的小玩意罢了,
武如意当场拆穿了天竺国师的假话并拿另外的金刚石制品将天竺圣物摧毁



そしてついに物部天守が登場、
徐慧は体調が悪いようです。お酒の飲みすぎでしょうか?
物部天守は唐の一番強い人と戦いたかったようですが、
女性をあてがわれて、ちょっと気分がよくありません。
そしてもし負けたら切腹すると言い出します。
物部天守の話し方、半日ドラマの日本人が話す中国語と同じですね。
英語圏の人が話す中国語のような気がします。


杨妃は少し困ってしまいます。
負けるわけにもいかないが、もし勝ってしまったら客人を殺すことになると。。。
困ってしまいます。


棋を打つ二人、徐慧はとても体調が悪いようで、杨妃は心配します。
武如意は徐慧はお酒も強いので酒のせいではないと言いますが、どういうことでしょうか。。
そしてついに徐慧は倒れてしまいます
得意げになる物部天守
武如意は私が代わりに打つと言います。
武如意は徐慧が事前に打っていた手を思い出し、相手の手を破るふりをして、
ワザと引き分けに持ち込みます。

杨妃:陛下 武才人本来    陛下、武才人は本来
杨妃:已经破了这句残棋了   すでにこの勝負がついていない状態を破っている
杨妃:那为什么          なのに何で。。。。
皇帝:物部天守          物部天守
皇帝:要是位通达的雅士    碁に通じている上品な人
皇帝:那他就应该        そういう人であればおそらく
皇帝:领武才人这请了     武才人のこの情を理解している
如意:物部先生         物部さん
如意:果然棋艺高超       やはり棋力が高い
如意:领如意叹服        如意は感服島チア。
如意:能平此句          平局で終わることができて
如意:实乃我之幸运       幸せです。
物部:在下愿赌服输       賭けに負けたのだ
物部:把我的刀拿过来      私の刀を持ってこい
皇帝:慢              まて
皇帝:物部先生          物部さん
皇帝:既是东瀛第一棋手    东瀛で一番の棋士であるから以上
皇帝:想必是位风雅之士    きっと上品な人である
皇帝:以一已之力         一人で
皇帝:面对我大唐两位棋手   私の唐の二人の棋士と対するのは
皇帝:实属不易          簡単ではない
皇帝:若是赢了阁下       もし閣下に勝ったとしても
皇帝:反倒是我大唐胜之不武 反対に私の唐としても美しくない(2人で1で一人に勝っても)
皇帝:这棋道之妙        この棋の道は素晴らしい
皇帝:不在于胜负输赢      勝ち負けはどうでもいい
皇帝:而在于切磋互进      お互いに進歩すれば
皇帝:此棋下成平局        この平局は
皇帝:乃美事一桩         一つのいい事
皇帝:所以 何来剖腹啊      なので何で切腹する
皇帝:再说了 你这一剖腹    さらに言えば、あなたが切腹すれば
皇帝:肠子 肚子          腸や胃が
皇帝:流我这阙楼一地      この阙楼に流れる
皇帝:影响在座诸位        座っている人の食欲に影響がある
皇帝:进食的心情         
皇帝:所以 你要剖腹 朕不准   なので あなたが切腹するのは 私は許さない
如意:这棋盘本是方寸之地   この勝負は本当は小さい事
如意:可争一时输赢        戦争の勝敗のように
如意:没必要以性命相搏     生命をかけてお互いにやる必要はない
如意:再说了 这天下的残局   さらに言えばこの天下の詰め
如意:何止这一盘         この一局苦ぎらず
如意:难道物部先生       まさか物部さん
如意:不想在有生之年      この世に息があるうちに
如意:阅尽天下棋谱        天下の棋譜を読みつし
如意:多赢几盘残局吗      たくさん勝ちたいとは思わないのか
物部:棋路变化万千       棋の手はたくさんある
物部:结局却归于一念之间   結局考え方で
物部:只要放下执念        執念を捨てれば
物部:便可豁然开朗        気持ちがパッと明るくなる
物部:在下受教了         教えられました
物部:才人棋艺           才人の棋力は
物部:在大唐后廷位列第几   唐朝内で何番目ですか
如意:我               私????

ワザと引き分けにされた物部天守は負けを認め刀を持って来いと言い
切腹をしようとしますが、皇帝がそれを許しません。
物部天守は武如意にあなたは国内で何番目の棋士なのかを尋ねます。