異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

ファンビンビンの武則天、武媚娘傳奇 5話 婉言の死

中国時代ドラマ 武媚娘傳奇

この武媚娘传奇のドラマ一回中止になってから、
各サイトで格話の区切りが微妙に変わってしまいました。
一話一話いったいどこが開始で終了なのかよくわからなくなってしまいました
詳しくは分かりませんが、露出が多いシーンをカットしたり、編集しなおしたりしたのでしょうね。
未削除版もあるようです。未削除版を見るべきか。。。

5話 郑婉言侍寝守空房


萧蔷が侍女をいじめています。
叩こうとしますが武如意がそれを止めます。
そこに郑婉言が現れ喧嘩を止めます。
萧蔷が引き下がった後
武如意、徐慧と郑婉言はすっかり仲良くなります。
夜になり郑婉言が呼ばれ皇帝の寝室に向かいます。

承庆殿で夜勉強をする武如意、誰かから食事が届けられます。
朝になって甘露殿に戻ってきた皇帝が郑婉言に今日からあなたは婕簱ですと言います。
(いきなり昇格しました)そして郑婉言は皇帝に以前皇后が言った言葉と同じ言葉を言います。
朝廷から帰ってきたら私の眉毛をおめかししてほしいと。。。それを思い出す皇帝。。。

9日間連続で皇帝(李世民)は甘露殿で郑婉言と寝ます。
しかし夜中になると皇帝は承庆殿に行ってしまいます、
しかも皇帝は郑婉言の体に触れてもいません
巡幸に出た皇帝は長孫無忌に郑婉言を知っているか聞きます。
長孫無忌も凄く自分の妹(文紱皇后)に似た婕簱が要るということを聞いている様です。
皇帝は言葉遣いでさえも文紱皇后に似ていると言います
皇帝は「越是刻意模仿漏洞就越多」(わざと似せれば似せるほと穴が出てくる)といい
長孫無忌に彼女が入宫してきた本当の目的を調べるように言います。
皇帝は依然として夜中に承庆殿に行きます。
今回は武如意と徹夜で話をします。二人はますます意気投合します。
朝になりもうすぐ皇帝が朝廷に行かなければならない時間です。
武如意は行こうとする皇帝を遮り承庆殿の外に出て宮廷内の朝の光景を見せます。
朝食を運ぶ最後の一人の女宮は隠れて点心を食べます。
太監の2つの隊は毎朝、撞拐(足をぶつける遊び?)で競い合っている
武如意は皇帝に、毎朝決まった時間に行かなくてもいい、遅れても問題ないと言います。
このように毎日違った暮らしをして、毎日新鮮な事情を発見できると言います。
萧蔷は郑婉言と出くわします。郑婉言は萧蔷の教養のなさを非難します
萧蔷は皇帝が夜中に承庆殿に言っていることを郑婉言にいます。
郑婉言は信じることができません
紱妃の侍女、刘司药が来て武如意には気を付けるように言います。
近頃皇帝はずっと武如意と一緒です。
郑婉言は点心を持って承庆殿の武如意を訪ねます。
武如意は彼女を見てすごく喜びます、
郑婉言は婕簱になったものの武如意の心の中は
いぜんとして郑婉言は好い姉妹だと
地位によって変わったりはしないと。
郑婉言は皇帝は私を指名して寝るが、私の体を触らないと泣きながら訴えます
おとといの夜皇帝は甘露殿から離れてどこに行っているのかと。。。
武如意はびくびくしながら答えます。宮廷内には女性がたくさんいる
全ての人が皇帝に会えるわけではないと言います。
郑婉言は嘘だと分かりました。
彼女も武如意はそんなに単純な人ではないと認識し、紱妃を訪ねます。
そして紱妃に私は武如意を殺したいと言います。
紱妃は鸳鸯壶(御酒を入れるつぼ)を郑婉言に送ります。
子のつぼの上の玉を回せば美酒が毒酒に変わります。
郑婉言は武如意を自分の部屋に誘い食事をします。
武如意にお酒を飲ませますが、なにも起こりません。
しばらくして郑婉言が突然七窍(人の顔にある七つの穴.目・耳・鼻・口の総称)から血を流します。
自ら計略にはまったと言い、武如意に謝りまもなく亡くなってしまいます


郑婉言が亡くなって人が来ますが、当然武如意に疑いが掛かります。
殷紱妃と韦贵妃が現場を見に来ますが、
徐慧たちは濡れ衣だと叫びます。


木魚を叩く殷紱妃、張公公が話しかけます。
(張公公は殷家が手配した公公)
萧蔷を殺した犯人を見つけるべきだという張公公ですが、
殷紱妃は犯人は私だと言います。何でそんなことをしたという張公公ですが、
殷紱妃は兄に言えと、国は滅んだが今は平和になった。
私がこうするのは兄の為だとそして私の子供の為、殷家のためだと言います。
殷紱妃はそういって張公公を帰らせその後また仏様に祈ります。


鎖につながれ、だれの命令だと拷問されるる武如意、
韦贵妃が現れ陈公公には白状したかと聞きますが、
一晩たっても武如意は何も話していないようです。