異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

中国の戦国時代ドラマ芈月傳 37話あらすじ

中国時代劇 中国時代ドラマ 芈月傳

大晦日です。
日本はもう正月休みですね。中国は今日まで基本出勤日です。
芈月传は乐视网(http://letv.com),腾讯视频(http://v.qq.com/)で見ることができます。
f:id:shan1tian2:20151202103612p:plain

芈月传 37話


魏国の公孙衍は他の五か国を集めて連合で秦を討伐しようと調印をしました。
秦は北に連合、西に义渠人がいます。嬴驷は嬴华と张仪を义渠に派遣します。
义渠王の心にはずっと芈月がいるようです。
新しく来た东鹿公主も芈月に眉が似ていると言います。
义渠の野営地には魏国の使者も来ていました。
义渠王に秦国と対抗するように勧めに来たようです。
魏国の使者は张仪が来たと知りすぐに切りかかろうとしますが、
义渠王はそれを許しません。
嬴华と张仪も結婚の祝いを告げます。
そして张仪は秦と义渠の志は同じだと言います。
义渠王は結局、秦を攻め無い方向のようです。


孟昭氏は宮廷内での地位がなく寵愛も受けていません。
なんと化したおとおもい楚国の家族を頼り、
中行期という人物に助けを求めます。
中行期は機会はすぐに来ると話します。


嬴驷は芈月を見に行きます。
そして芈月に今、楚国の宝物である和氏璧が咸阳にあると話します。


感想

中行期という人物、画面に名前付きで出てきましたが、相当胡散臭そうな人物です。
突然出てきた国宝級の和氏璧というものですが、何なんでしょうね?